ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン薬局のアロマオイル > 使い方

オーガニックを超える「医薬品品質」のメディカルハーブティー。世界で最も厳しい基準をクリアした薬効と、飲みやすさにこだわった味・香りを体験してください。

マリエン薬局のアロマオイルの使い方

1. 塗布

マリエン薬局のオリジナルメディカルアロマオイルは肌に直接塗っていただけるよう、適正な濃度の精油(エッセンシャルオイル)ブレンドを肌にやさしいキャリアオイルに溶かしています。そのため、どなたにも手軽に手にとってその作用を楽しんでいただけます。

2. 蒸気吸入

お風呂で使う洗面器に熱いお湯を入れてそこにアロマオイルを数滴(1~3滴程度)たらします。頭からバスタオルをすっぽりかぶって蒸気を鼻やのどから吸い込みます。炎症を緩和し、呼吸を楽にしてくれます。目は閉じて行ってください。
※あまりたくさんの精油を入れますと、逆にむせたり、咳がひどくなる場合がありますので、注意してください。

3. 全身浴

湯船にアロマオイルをたらしてお風呂に入る方法です。マリエン薬局のアロマオイルは質の良いキャリアオイルで希釈されていますので肌についても問題はありませんが、水には溶けません。そのため、全身浴をする場合には、よくかき混ぜて精油をお湯に充分に拡散してから入浴すると効率よく精油を体内に取り入れることができます。

4. 部分浴

お風呂で使う洗面器にお湯をはり、適量のアロマオイル(1~3滴程度)を入れて、よくかき混ぜてから手や足を入れます。リラックス目的に最適です。

5. 湿布

洗面器に入れた冷水、あるいはお湯をはり、そこにアロマオイルを適量(1~2滴)たらします。よくかき混ぜてからタオルをひたし、絞ってから気になる箇所に当てます。

6. 携行してアロマを楽しむ

遮光瓶(できればガラス瓶、なければプラスチックでもOK)を用意し、そこに脱脂綿を入れます。アロマオイルを数滴(3~5滴程度)たらしてしっかりとふたをします。持ち歩いて症状が気になる時に、ふたを開けて香りを吸い込みます。香りが薄くなってきたら取り替えのサインです。

マリエン薬局のアロマオイルを使用時の注意点

肌には極めてやさしく作用するアロマブレンドですが、ごく稀に、含まれる特定の植物油や精油に反応してしまう方がいらっしゃいます。そのため、必ずご使用前にはパッチテストを行い、肌に異常が現れないことを確認していただいた上で使用するようにしてください。

※パッチテストの行い方
腕の内側のやわらかい部分に塗り、数時間から1日程度放置し、かぶれや痒みなどの変化が見られないか確認をします。塗布後、万が一肌に異常が感じられた場合は直ちに水、必要であれば石鹸で洗い流し、かかりつけのお医者様にご相談ください。

使用期限・保管方法について

保管方法

遮光性が高く強度の高い医療品基準のボトルを使用していますが、直射日光を避け、できるだけ冷暗所(気温5~15度)で保管してください。高温になりやすい車内などでの保管はおやめください。開封後は、使用後にしっかりとふたがされていることを確認してください。
※低温で固まりやすいオイルがあります。固まった場合は、手で温めてご使用ください。

開封前の使用期限

それぞれのパッケージに記載されている使用期限をご参照ください。

開封後の使用期限

開封後の使用期限は、パッケージに記載されている使用期限にかかわらず、約3ヶ月となっています。ただ、一度開封すると成分が揮発しやすくなるため、なるべくお早めに使い切ることをおすすめします。毎日使用すると約1ヶ月以内に使い切る量となっています。