unspecifiedお子さんが、春先にくしゃみをしていたり、鼻水が増えて鼻炎症状があったりしたとき、風邪の引きはじめ?と思われるでしょう。寒かったり暖かかったり、体調管理も難しい季節です。

でも、さらには目をかゆがったりした場合、もしかしたら、花粉症かもしれません。

日本では、学校に上がるまえの小さなお子さんでも、花粉症の症状が出るケースは年々増えているそう。小学生、中学生となるともっと人数は増えます。

もしかしたら、その症状は花粉症かもしれません。
実際に、花粉症かどうかについては、小児科か耳鼻科でアレルギー検査をするとわかります。

ただ、花粉症といっても、まだそんなにはっきりした症状がないという場合や、花粉症と診断された場合でも、症状をやわらげるための薬は、小さな体に負担がかかることを考えると、抵抗があるかもしれません。

そんな時、メディカルハーブティーでのケアはいかがでしょうか。
EUおよびドイツ保健省の基準をクリアしたメディカルレベルのハーブは、一般的な食用ハーブとは一線を画し、薬効成分をもっています。

ですが、一般的な薬のように副作用の心配もほとんどなく、不要な成分は代謝されて体に残らないので、安心して飲ませることができるでしょう。

薬ではなく、「お茶」の感覚で飲めるところも、気が楽ですね。
ハーブティーが飲みにくいお子さんの場合なら、冷ましてハーブの香りをやわらげたり、薄めに淹れたり、はちみつ(1歳以上のお子様の場合)などで甘みをプラスしてあげましょう。

アレルギー対策ブレンドは、血液浄化作用と利尿作用で、花粉症の原因となる体内環境を改善することで、花粉による鼻炎やくしゃみといった症状をやわらげます。

アレルギー症状に対して即効力も持っていますが、体質を改善していく力も持っているので、長く飲むことで、お子さんが自然と元気になり、症状を改善していく力を引き出します。

お子さんのくしゃみ、鼻水、鼻炎症状、「花粉症かも」と思ったら、ぜひ一度、アレルギー対策ブレンドをお試しください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!