G1_02花粉症やPM2.5のせいで、目のかゆみを訴える子どもも多いですね。
子どもは、目がかゆいと、「こすっちゃだめ」と言っても、かいてしまいます。

目や目のまわりをかくと、そこからまた雑菌が入ることもあり、また肌や粘膜の細胞を壊してしまって、さらに悪化してしまうことに。
子どもの目のかゆみ対策、いったいどうしたらいいのでしょう。

子どもの目のかゆみ対策に、目薬を使いたいところですが、実際には何歳から使えるのでしょう。

市販の子ども用目薬の場合、1歳以上ということが多いようです。
それは、それだけ赤ちゃんには使用したくない成分が含まれているからでしょう。
市販の目薬には防腐剤が使われていることがほとんど。小さな子どもほど、不要な成分を蓄積したくはありませんよね。

また、しみるから、あとで変な味がするから、と目薬をさすことをいやがる子どもも少なくありません。

マリエン薬局で取り扱っているドイツWALA社薬用ユーフラシア点眼薬は、防腐剤や添加物を一切使用していない、使いきりの目薬。0歳代から安心して使える目薬です。
しみにくく、また鼻涙管を伝わってのどに落ちても、いやな苦みなどがありません。

子どもが目をかゆがって、手でこすってさらに悪化させないためにも、0歳から安心して使える目薬を試してみてください。

ドイツWALA社ユーフラシア点眼薬について詳しくはホームページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!