B5-02_29子どもが頭痛だなんて、よっぽどの高熱がある時や、なにか病気がある場合以外、考えられなかったものですが、現代社会の中では増えています。その数や頻度だけでなく、低年齢化も進んでいるのが現状です。

「頭が痛い」と症状をうまくうったえられなくて、ただぐずっているように見えたのが、実は頭痛がしていたからだった、ということもあるかもしれません。

では、子どもの頭痛の原因と解消方法はどんなことがあるのでしょうか。大人とは少し理由が違うようです。いくつか考えられることをあげてみましょう。

    ★ きついヘアバンドや帽子、髪を結ぶゴムひも、水泳用のゴーグルといったもので頭をしめつけているケース。これは物理的に単純なことなので、すぐに対処できますね。
    ★ 部屋の換気や室温の問題。暑すぎても、寒すぎても頭痛が起こる原因に。また、気密性の高いマンションなどでは、換気を意識してしないと頭痛になります。
    ★ 一時期、テレビのアニメーションの見過ぎで、子どもたちの頭痛や吐き気などの症状が出ることに対しての注意が高まりましたが、チカチカと強く光るものを見つめたり、また直射日光を長い時間浴び続けることもよくありません。
    ★ 芳香剤の強いにおいを、長時間嗅ぎ続けることも、脳への刺激が強すぎて頭痛を起こす引き金になることも。
    ★ 不規則な生活リズム。睡眠時間が極端に短くても、また長すぎても、脳の働きに影響して、頭痛が起こることが。それにともなって食事のタイミングも不規則になり、体内リズムそのものがおかしくなってしまうと頭痛を引き起こします。

こうしたことのほかに、もう一つ、見直したいことがあります。

幼児教育やスポーツ教室などの習い事で、普段の生活が過密スケジュールになっていませんか?休憩をはさむようにスケジュールを組んであげたり、お友だちと思い切り遊ぶ時間を作れるようにしてあげてはどうでしょう。

これは、子ども自身に任せるのではなく、大人が意識してスケジュールを組み立ててあげる必要がありそうです。子ども自身に意欲があったとしても、やはり忙しすぎることはストレスにつながっていきます。

こうした生活習慣などの見直しは頭痛対策の大事な柱ですが、それと同時に直接的に頭痛にアプローチしていくことも必要です。でも、鎮痛薬では根本的な解消方法にはならないし、そもそも成長期の子どもに、薬を使うことが心配なお母さんも多いですよね。

そんな時に役立つのが、マリエン薬局の[IRIS]頭痛対策セット。天然由来の成分で、体の内側からと皮膚の上からと、両方からアプローチして頭痛の解消に働きかけるセットです。

子どもの頭痛にも安心して使えます。マリエン薬局の[IRIS]頭痛対策セットについて詳しくは商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!