P_iStock_000012197209Smalls-min「子どものうちは、外で元気よく遊んだほうがいい」と考えるママ・パパは多いでしょう。でも一方で気になるのは紫外線。外で遊ぶことと、日焼けすることとは別のこととして考えてあげたいですね。

具体的にどうしたらいいのか、マリエン薬局のモニカ・ミュラー自然療法師に話を聞きました。

「実は子どもこそ、大人よりも入念に、しっかりと対策をする必要があるんです。学校に送り出す前や遊びに出かける前には、しっかりと紫外線対策を行ってあげるのがいいですね。 なぜなら、成長期の子どもたちの肌が紫外線にさらされるのは、これから育っていく細胞の元を壊していることにつながってしまうからなのです。
子どもたちの体の成長にともない、壊れた細胞がどんどん増えていくことは、大人が紫外線をあびるリスクとは比べ物にならないほど深刻です。

では子どもの日焼け対策はどうしたらいいでしょう。具体的に考えてみましょう。

1日のうちで最も紫外線が降りそそいでいるのは、11時から14時くらいの時間帯です。この時間に外に出る場合は、海や山といった特別に紫外線が強い場所以外でも、万全に対策するようにしましょう。できればこの時間帯の外出は極力避けるくらいのほうがいいのです。でも、そういうわけにもいきません。

また、ピーク前後にあたる通学の時間帯ならいいのかというとそうではありません。1日を通して常に対策しておく必要があります。」

ページ : 1 2

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!