unspecified赤ちゃんや子どもの肌は、薄くてとてもデリケート。
蚊などによる虫刺されでは、かゆくなるだけでなく、びっくりするほど腫れ上がることもあります。
そんな時はまず、かゆみを止めることが先決。腫れたところをかいてしまうと、さらにそこから雑菌が入り、化膿して肌の状態が悪くなり、長引くことがあります。

蚊に刺されて大きく腫れた時は、小児科や皮膚科で塗り薬を処方してもらって塗りましょう。この時、処方薬にはかゆみや炎症を抑えるためにステロイドが使われていることがあります。

ステロイドというと「副作用がこわい」と思われがちですが、医師が症状を診断して適切に処方したステロイドは、早く治すために必要なもので、こわいものでは決してありません。むしろ、きちんと使わずに長引く方が、赤ちゃん・子どもにはもっと負担になってしまうことがあります。

ところが、このステロイド、一般的な市販の「かゆみ止め」にも入っていること、ご存知でしょうか。

市販の薬を使う、ということは、医師の診断を受けたものではありません。当然、個々の状態に合わせたものではなく、症状を治すのに適切かどうかはわかりません。

市販薬で重篤な副作用が起こるほどのステロイドが使われていることはありませんが、その場しのぎのかゆみ止めを繰り返し使っていることは、むやみにステロイドを使い続け、しかも症状はよくならなかったり、ぶり返したり。子どもの肌にはとても負担です。

実は、ステロイドを使わないでかゆみや炎症を抑え、肌や体に負担をかける成分を使わないかゆみ止めがあります。

マリエン薬局の蚊よけ・かゆみ止めローションは、メディカルレベルの原料を使用した精油を使用し、蚊よけとかゆみ止め両方に作用するローション。肌を保護する植物性のオイルも配合しているので、炎症でこわれた肌のバリア機能の修復も行い、スキンケアローションとしても使うことができます。

かゆみを素早く止め、しかも体の負担にならない成分の蚊よけ・かゆみ止めローション。
お子さんのためにも備えておきませんか?
蚊よけ・かゆみ止めローションについて詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.marienremedy.com/archives/i30020/

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!