iStock_91622765_LARGEs-min思春期は、人生の中でもっとも皮脂分泌が多い時期。ホルモンバランスの急激な変化で起こることです。だから、ニキビにもなりやすい時期なのです。でも、ニキビができやすい人とできにくい人がいるのはなぜでしょう。

ニキビは、分泌した皮脂が毛穴に詰まるのが原因。また皮脂についた汚れがそのままにされるとそこから雑菌感染を起こすことがあり、こうなると赤く腫れたり、うんでしまうことも起こります。

そこで「皮脂こそニキビの敵」とばかりに、できるだけ皮脂を取り去る洗顔をしたくなるわけですが、実はこれは逆効果なのです。

本来、皮脂は肌を守るバリアとなって働きます。皮膚細胞は水分を蓄えていることで細胞間に隙間がなくなり、ほこりや汚れ、雑菌やウイルスなどが侵入しないように体を守っています。この水分が蒸発してしまうと肌のバリア機能が落ちることになりますが、蒸発しないように守ってくれるのが皮脂なのです。

だから、皮脂をすべて取り去ってしまうのは、かえって肌をトラブルから守れなくなってしまう状態を作り出すのです。余分な皮脂だけを取り去って、必要な皮脂だけを残すのが、ニキビ予防につながる洗顔の方法です。

泡で洗顔すると必要な皮脂まで落とすことになり、水だけでは汚れのからまった不要な皮脂を落とすことができません。そこでマリエン薬局のビオウォッシュなら、潤いを守る膜となる皮脂を残し、汚れはサッパリ落とす洗顔ができます。

界面活性剤を使わないジェルが肌を守り、ラベンダーなどの消毒効果のある精油の働きで肌を清潔にします。洗い上がりに肌がつっぱる感じがしないのは、それだけ肌が守られている証拠。

さらに保湿剤などの吸収も助けてくれて、健康的な肌になり、ニキビができにくい肌状態になっていきます。

10代のニキビの解決方法として洗顔方法を変えるのと同時に、メディカルハーブの力で肌の内側から肌環境をととのる提案もしてみましょう。マリエン薬局のティーンブレンドは、ホルモンバランスの安定を助けます。

また肌の調子をととのえる美肌ブレンドは、飲むのと同時に、冷まして化粧水代わりに使うこともできます。

マリエン薬局のアイテムで元気な肌作りをすることで、10代のニキビを減らしていきませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!