1 乾燥アロニア果実の商品レベル例s【スタッフErikoのドイツ通信】

「アロニア」という植物をご存じですか?

英語では、「チョークベリー」とも呼ばれ、
北アメリカ東部原産、
ロシアでも広く栽培されているバラ科の植物です。

このアロニア、
実は最近うちの家族内で話題のアイテムなのです。

資料によれば、
アロニアの果実には、身体に良い成分が、ずっしり、ぎっしり、含まれているとのこと。
例えば、フラボノイド・葉酸・ビタミン類などが豊富に含まれており、
ほかの優等生の植物と比較しても、含有量の高さはぬきんでています。

2 乾燥アロニア果実のパッケージs

ドイツでも、ボトル入りの果汁や、
レーズンのように干した果実を購入することができます。

味は甘酸っぱいなかに渋みがあり、
食べたあとこの渋みが後味として口中に残ります。

生食も可能らしいですが、
生の果実はドイツでは出回ってないようです。

果汁はかなり濃厚、
なのでごくごくたくさん飲むと言うより、
ショットグラスに1杯くらいを大切に飲んだり、
ほかのフルーツジュースなどとミックスすることが多いです。

3 乾燥アロニア果実はこんな見た目sドライ果実は、そのままミューズリーに混ぜて朝食にしたり、
オレンジやレモンピールのようにスイーツに用いたり、
ほかの材料と攪拌してスムージーを作るなど、
多用な使い方ができます。

私は、最近になるまでアロニアなんて名前も聞いたことがなかったのですが、健康情報に詳しい義父母が情報をゲット。
私たちにも伝授してくれたことで、その存在を知りました。

4 甘酸っぱいなかに渋みのあるアロニア果汁s私も果汁をトライしてみたのですが、
日本にもあるグミ(フルーツ味のお菓子じゃなくて、本物の果物のほう)
によく似た味わいでした。
甘み+酸味+渋みが合体、
どこか懐かしいテーストでしたよ。

義父母はボトル入りの果汁を購入して、
定期的に飲んでるのですが、
飲み始めてから健康状態に違いを感じているそうで、
義母がひどい風邪でダウンしたあとも、回復のプロセスがスムーズだったのは、
このアロニアのおかげもあるに違いないと話してくれました。

なるほど、
アロニアがロシアでは「薬効植物」に位置付けられているのも頷ける気がします。

小さな果実にふんだんに含まれている健康の素、
アロニア果実は、正に「健康の福袋」みたいです。

マリエン薬局のメディカルハーブティーには、アロニアは配合されていませんが、
ベリー系で近いのはエルダーベリーなどが配合されてフルーティーな味わいの冷え性対策ブレンドですね。
クーラーの効いた部屋での冷え性対策にどうぞ!

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!