1 自然愛好者の家s-min【スタッフErikoのドイツ通信】
ドイツでは、大人になっても、しっかり誕生日をお祝いする習慣があります。
しかも、家族や友達が「祝ってあげる」というよりは、誕生日を迎える本人が、家族や友人をパーティーに招待するのです。

特に、「50歳」とか「70歳」とか、区切りの誕生日には、大勢の人たちを呼んで、盛大にやるのが一般的。
誕生会の重要度は高く、理由なしに吹っ飛ばすのはNG♪

なので、1年を通して、周囲のどこかで、誰かが、絶えず誕生日を祝っている印象です。
どこかで、誰かが、絶えず誕生日を祝ってるので、パーティーでオリジナリティを出すのは簡単ではありません。

そんな中、先日、いとも素敵な誕生会に行ってきました。
何と、「森のなかの一軒家」でのパーティーです。

主催者の友人は双子で、仲良く50歳を迎えました。
そして、彼らがその記念すべきお祝いの場所に選んだのが、”Naturfreundehaus”これはドイツ語で、「自然愛好者の家」を意味します。

2 昔はシンプルなキャビンでしたs-min3 メンバーがゲットしてきたカップs-min

アウトドア派の人たちが利用する会員制の施設で、キッチンや食堂の設備があるほか、宿泊も可能です。
ハイキングのあと、ここで一晩過ごして休憩したり、今回のように、メンバーの個人的な集まりにも利用されます。
昔は、もっとシンプルなキャビンだったようで、当時の様子を伺わせる写真が、入り口ホールにディスプレーされてました。

また、メンバーの中には、スポーティーな人が多いようで、各種スポーツイベントでみんながゲットしてきたカップも飾られていて、愛好会の歴史を感じさせます。

4 バルーンで道案内s-minこの家は、森のなかにひっそり佇んでいます。
この日は、誕生会のゲストがちゃんとたどり着けるように、バルーンで道案内されてました。

パーティーは夕方にはじまり、真夜中過ぎまで続きました。
お肉屋さんにオーダーしたケイタリングのボリューミーな食事と、ゲストが持ってきたデザートのケーキビュッフェで、食卓は華やかそのもの。

6 誕生日トルテs-minハイライトは、やっぱり、姪御さん製作の、双子の写真付き誕生日トルテですね。

また、ドイツで人気のココナッツスイーツを用いたケーキもナイス・アイディア!
ほかにも、ありとあらゆるケーキが登場して、まるでホテルのケーキビュッフェみたい。

私もみなさんのビタミン補給に貢献すべく、野菜たっぷりサラダと、手作り和風ゴマドレを持参しました。
各テーブルからは、賑やかで楽しそうな話し声・笑い声が絶えずこぼれていました。

5 メインディッシュs-min7 ココナッツスイーツを活用したトルテs-min

8 室内を窓の外から撮影s-min誰かが森に迷い込んで、歩き回っているうち、この家から漏れてくる明かりと、楽しそうな声に気付いたら、知らず知らず引き寄せられそうな、そんなメルヘンチックな雰囲気でした。

これまで、数多くの誕生会に出席しましたが、こんなに自然体で、楽しくて、美味しくて、しかも森のなかでの魅惑的なパーティーは、特別な体験でした。

どうしても、マンネリ化しやすい誕生会ですが、今回は、いつにない演出で、個人的に良いリセットができました~。

パーティーでおいしいものをいただいた後は、体内脂肪対策ブレンドで、胃腸の重たさもリセットしましょう。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!