【スタッフErikoのドイツ通信】

南ドイツは、今まさに、太陽と新緑の季節。
ぽかぽか日差しと、かぐわしい緑に誘われて、つい戸外へと足が向きます。

1 森のなかの緑の草地s2 ベンチでぼぉっとしたりs

自宅近くの、私のお気に入りの森の散歩コースにも、
穏やかで優しい春があふれていました。

どこからともなく人々がやってきて、
ベンチでぼぉっとしたり、
自転車を立てかけて本を読んだり、
ピクニックしたり。

みんな思い思いのやり方で、
やっとやってきてくれた春を満喫しています。

うれしいのは、人間だけじゃないようで、
アヒルたちもすっかり解放モード。
ゆったりと流れる穏やかな時間を楽しんでいるようです。

3 草地・木々・くつろぐ人々s4 アヒルs

「春眠」というのは確かにあるようで、
会う人みんななんとなく、話し方までどこかしらのんびりしています。
とげとげしない、のは心地よいです。

日の入りの時刻になっても、吹く風は暖かく、
まだもう少し、もう少しと、
息づく森の片隅にそっととどまっていたい気持ちになります。

5 日の入りs

これから夏に向けて、
みんなの活動レベルがUPしていきます。
人々が、町が、元気に、賑やかになります。

今は、そのまえの、言わば充電期間、
すがすがしく、
瞑想的で、
平和な時期です。

心身がほぐれる温かい日差しと、
みずみずしい新緑、
自然が毎年届けてくれる、
かけがえのない贈り物です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!