10 噴水s-min【スタッフErikoのドイツ通信】
日本では春分の日を過ぎて、いよいよ「春遠からじ」ですね。

ここ南ドイツでも、日に日に春が近づいてきています。
まだまだ日陰では風が冷たく、山沿いでは雪が降ったりもしてますが、戸外の空気はすっかり春の香、子どもたちもまた外で遊び始めました。

先日、マリエンの仲良し同僚たちと一緒に、ミュンヘンへ日本食を食べに行きました。

日本へ発送するお仕事に日々関わっていることもあって、マリエンスタッフには日本に特別な興味・関心を持っている人が多いです。
中でも日本食の人気は高く、私も親しい同僚たちと一緒に、ときどき懐かしい日本食を食べに出かけます。

今回目指したお店は、ミュンヘン市の中心部にありました。
それで、みんなでわいわい楽しく日本食を満喫したあと、腹ごなしを兼ねて、ヴィクトアーリエンマルクトを散策しました。

ヴィクトアーリエンマルクトは、ミュンヘン市内では代表的な市場で、メインの観光スポットの1つでもあります。
季節の野菜や果物など、地元の人たちの食材御用達はもちろんのこと、豊富なチーズのセレクションや一流ワインのスタンド、珍しいリキュールや各種ジャム、世界各地の唐辛子が入手できるなど、「グルメなマーケット」としても有名です。

1 野菜のスタンドs-min2 野菜のスタンドs-min3 唐辛子あれこれs-min

4 パルムケッツヒェン(バッコヤナギ)ss-min「ヴィクトアーリエンマルクトにない食材はない」と称されるほどです。
そして、季節を先取りしたヴィクトアーリエンマルクトでは、パルムケッツヒェン(バッコヤナギ)がすでに登場していました。

これは、ドイツでは春を象徴する植物で、イースター(復活祭)の時期に飾られます。
これがあると、季節が一気に春へと進む感じがします。

ヴィクトアーリエンマルクトの魅力は、食べ物・飲み物だけではありません。

春が来ると、戸外での活動がまた楽しくなりますよね。
ガーデニングもその1つで、マーケットにも数々のガーデニング用のデコレーションアイテムが出ていました。

5 ガーデニング用デコレーション ウサギ&ハートs-min6ガーデニング用デコレーション ガチョウs-min

スタンドの人たちはみんな気さくでフレンドリー。
チーズの試食をしながら、ひとしきり世間話もなかなか楽しいです。

7 チーズs-min8 チーズスタンドs-min

9 ビアガーデンs-minこの日は、気温16度の晴天日。
週末のビアガーデンは早くも多くの人でにぎわい、ぽかぽかお日様の下、みんな思い思いに戸外でのひと時を楽しんでいました。

私たちは、たらふく日本食を食べたあとだったんですが、おなかも気持ちも元気なドイツ人の同僚たちはアイスクリームのスタンドに直行、気の早い夏のデザートを楽しんでました。

11 赤いハートのデコレーションs-min厳しい冬の寒さと、穏やかな春の日差しが少しずつ入れ替わる時期、南ドイツの3月は、わくわくがいっぱいです~。

わくわくする春、日本では環境が変わることが多く、ドキドキも入り混じる季節ですね。
そんな時にも、ライフサポートブレンドで、でリラックスして、元気に新しい環境を楽しめますように!

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!