TitaniumDioxide-2ノンケミカルやナチュラルコスメの世界では、日焼け止め成分として、紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱材を使うことは、もはや常識かもしれません。

紫外線散乱剤とは、紫外線を鏡のように反射させて、肌に入れないようガードする成分のこと。ごく一般的な紫外線対策成分として、紫外線吸収剤が多く採用されていますが、これは紫外線を熱に変換して肌に入れないというしくみ。一瞬とはいえ熱が発生するため、肌細胞へのダメージがあるのです。

ノンケミカルな日焼け止め成分として知られる、太陽光をはね返す紫外線散乱剤の中にも、いくつかの種類があります。中でも特に肌に負担がかからないのが二酸化チタンですが、表面張力が強くて水と混ざりにくく、非常に扱いづらい性質のため、ほとんど使われていません。

でも、マリエン薬局では、サンケアクリームSPF30や、蚊よけサンケアクリームには、紫外線対策として、あえて、この二酸化チタンを使用しています。

さらに、二酸化チタンの中でも、合成と天然成分があり、もちろんマリエン薬局で採用しているのは天然成分。合成物質でコーティングされた二酸化チタンもありますが、ナチュラルコスメの原料として認められた、天然成分の二酸化チタンだけを使用しています。肌細胞に入り込んで負担をかけるナノ化も行われていません。

この扱いづらい二酸化チタンを、機械は熱を発生させるため、何段階もの緻密な工程を経て、手作業での製造を徹底しています。

肌にいいオイルや水とうまくなじみ合うようにして作られているのが、マリエン薬局のサンケアクリームSPF30や、蚊よけサンケアクリームです。

肌を潤わせ、でも確実に肌を守っていく、その強い意志を感じるマリエン薬局の紫外線対策アイテム、ぜひ夏の肌の番人として、お役立てください。詳しくは商品ホームページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!