L1-01_004水銀や鉛など、重金属の中には、体に蓄積してさまざまな困った症状を引き起こすものがあるのをご存知ですか?

症状の多くは、慢性的で免疫力のバランスが崩れた時に起こりやすく、調べても原因が特定されず、特効薬もありません。解決策の糸口としては、重金属を体に入れないこと、そして少しでも蓄積したものを体の外に出すことが挙げられます。

まずは有害重金属について知ることが先決です。あまり知られていない重金属のこと、ポイントをまとめてご紹介しましょう。

1.どんなものが有害重金属?
有害重金属の代表的なものに鉛と水銀があります。水銀は、魚介類(中でも大きい魚)、金属製の歯の詰め物、乾電池からの土壌汚染などを経由して取り込まれます。鉛は、鉛の水道管から溶け出した鉛入りの水の摂取や、鉛を溶かす作用のあるフッ素の仲介によって取り込まれます。

2.体に取り入れられる入り口は?
有害重金属は、以下の3つの入り口から体に入って蓄積します。

口から
重金属を含む食品や食品添加物、水、歯の詰め物、デンタルケア剤、オーラルケア剤、重金属仕様の調理器具(コーティング・アルミニウム製の調理器具、陶磁器用の釉薬)やコップ、缶詰の保存食品を口から摂取することで入る。

皮膚から
重金属使用の染料で人工着色された衣類や靴、化粧品、ヘアカラーリング剤が、皮膚や粘膜を通して体内に入る。

肺から
細かいほこり、乗り物・ごみ焼却・産業廃棄物などによる排気ガスや煙・タバコの副流煙を吸い込むことで体内に入る。

3.蓄積するとどんな症状が起こる?
有害重金属によって引き起こされる症状は、まさに現代の生活習慣病のほとんどすべて。水銀と鉛は以下のような慢性的症状を引き起こします

水銀
アレルギー、情緒不安定、不安症、異常興奮、手の震え、抜け毛、無気力、極度な疲労感、めまい、頭痛、記憶障害、体重減少、歯肉炎など。


イライラ、リウマチ症状、食欲不振、元気が出ない、頭痛、伸筋力低下、運動神経障害、貧血、関節痛、筋力低下、腎臓機能低下、不妊など。

4.重金属をデトックスできる食生活って?
玉ねぎ、ニンニク、キャベツ豆類などは、硫黄類を豊富に含み、重金属の吸着及び排出に適しているのでおすすめです。果物や野菜をたっぷり摂り、全粒製品、穀物、植物性たんぱく質の食物を摂取しましょう。

防腐剤などの添加物を避け、できるだけ自分で調理するなど、健康な食生活の実践が有害重金属のデトックスを助けます。

ただ、私たちの体には、有害重金属を排出できるような機能が備わっていません。重金属を吸着させて、体外に出す、という方法が必須です。

そのためにマリエン薬局が開発したアイテムが、重金属デトックスパウダー

含有成分のゼオライトとベントナイトが腸管で有害重金属を吸着し排出してくれます。解決されにくい慢性症状で困っていたら、重金属をデトックスすることから始めてみましょう。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!