B5-04_02s-min自然療法の中でも、自分の体の中に潜んでいる「治る力」「治ろうとする力」を引き出してくれるものがあります。レメディと呼ばれる自然薬は、植物などがもっているエネルギーを使ってできています。

そのレメディを使って症状別に使いやすく処方されているのが、マリエン薬局のレメディウムです(詳しくは、「レメディウムって何?まずは使ってみることをおすすめします」をお読みください)。

ショ糖粒に「治る力を引き出すエネルギー」を転写したレメディは、症状や体質にあったものを使うとしっかりと効果を発揮します。マリエン薬局のレメディは専門家のアドバイスが不要な低ポーテンシーなので体質や症状に合わなかったとしても、副作用は起こりません。

ただ、この「合う」かどうかを見極めて使いこなすことが非常にむずかしく、専門家のアドバイスを得たり、自分でたくさん試してみて、そのなかから選ぶという方法が一般的でした。

マリエン薬局では、こうした難しさをなくし、目的・症状別に処方された「レメディウム 」を1957年に作りました。原因が異なっていたとしても、実際にあらわれる症状が同じなら、その症状を改善していく力を体の中から引き出し、また、次に症状が起こらない予防もします。

こうした効果をどうやったら使いこなすことができるでしょうか。マリエン薬局のアドバイザー、モニカ・ミュラー自然療法師が3つのポイントについて教えてくれました。

① レメディウムの選び方
レメディウムは、数種類のシングルレメディから製剤されています。風邪用、のど用などそれぞれ対応する症状が商品名となっていますから、初心者でも簡単に目的別で選ぶことができます。風邪用やのど用はその症状が出た時に、免疫力対策は毎日続けて体質改善に、など目的と症状によって使い分けるのがおすすめです。また、体質改善を目的とした場合は、免疫力対策レメディウムをベースに気になる症状のレメディウムを併用することでより効果を実感しやすくなります。

② レメディウムをより効果的に活用する方法
レメディウムをなめるタイミングは、食前がおすすめです。といってもあまり神経質にならず、可能なタイミングで説明書に書かれている用量をなめてください。穏やかな効き方ですが即効性もあり、さらに症状が起こりにくいようにを体質改善させるためには継続することが大切です。

また、複数のレメディウムを併用したり、ほかの自然療法アイテムと組み合わせることで、相乗効果を期待することができます。たとえば風邪用レメディウムなら風邪対策ブレンドも一緒に飲むなど、マリエン薬局の自然療法アイテムとの組み合わせは相性がよくおすすめします。

③ レメディウムの安全性
伝統の自然薬でありながら、ドイツでは医薬品として扱われており、妊娠中や授乳中のお母さん、赤ちゃんでも安心してお使いいただけます。小さなショ糖粒ですので、乳幼児にも与えやすく、効果も高いと好評です。

マリエン薬局のレメディウムなら、低ポーテンシーのため、たとえ症状に合わずに効果がなかった場合でも、副作用など体への影響はなく、安心してどなたにもお試しいただけます。また、同じ症状に対応する市販薬、処方薬、漢方薬との併用も基本的には可能です。

ショ糖粒だからいつでもどこでも手軽に、薬を飲みたがらない赤ちゃんや小さい子どもにも甘くて受け入れられやすいのがマリエン薬局のレメディウム。暑い季節にメディカルハーブティーが飲みにくいと言う場合にもぴったりです。副作用がないからこそ、組み合わせて試してみてください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!