精油というと、香りによるなんとなくの効果というイメージがありませんか?でも、メディカルレベルのパワーを持つ精油には、いい香りという以上の実力があります。その中でネロリという精油は、 「肌を改善する働き」を持つ精油としてスキンケアアイテムに調合されています。では、その力はどのようにして培われているのでしょうか。

ネロリはどんな植物から採れる精油?

Neroli-1s-minネロリ精油の原料となるのは、ネロリという名前の植物ではなく、ビターオレンジの花のこと。ビターオレンジは、エジプトをはじめとする北アフリカや、シチリア島などで多く栽培されています。

ビターオレンジの木からは、香りが異なる3種類の精油が得られます。外果皮から得られる精油はビターオレンジオイル、さわやかな柑橘系の香水の香りのベースなど使われます。葉や枝、熟していない緑の果実から得られる精油はプチグレン、こちらもオーデコロンのベースになります。

そして、花から得られるネロリ精油は、この3種の中でも特に貴重で、花を水蒸気蒸留することによって得られるため、約1000kgもの花からやっと1ℓ、重量にして原料の100分の1ほどしか採れません。その貴重性から特に高価な精油の一つとして知られています。

肌にも心身にも、女性にうれしいネロリの効果

ネロリが持つ成分のうち、ネロリドールはホルモン分泌に作用し、女性特有の症状緩和にも用いられ、また血行をよくするとされています。肌に対する作用としては、皮膚の血液循環を促進し、炎症を起こしにくくし、古くなった細胞を取り除くため、新しい細胞の成長を促します。このため、ナチュラルスキンケアでは肌トラブルに有効とされるのです。肌の炎症をしずめ、毛細血管の修復をすることで、肌のたるみやくすみの改善に役立ちます。

このネロリの効果は、マリエン薬局のスキンケアアイテムにも活用されています。まずビオウォッシュでは肌を守って洗う際に、古くなった細胞を取り除く働きを活かしています。紫外線ダメージリペアジェルでは、肌の炎症をしずめる働き。フェイシャルケアシリーズのコンディショニングウォーターでは潤いをしっかり肌に浸透させる皮膚の血液循環を促す作用が活かされています。

ネロリは、さらにメンタル面でも良薬となります。不安やショック状態をやわらげ、前向きにな気持ちにさせるため、ナチュラルな抗うつ剤とも言われます。長時間の緊張によって、体が硬くなっているような場合には、筋肉をゆるめる働きも。疲れている時には、肌の新陳代謝も落ちます。そんな時に、このオレンジのさわやかな香りがリフレッシュ効果となり、メンタル面の影響を受けやすい肌を、いい状態にもっていくことができるのです。

マリエンが使用しているネロリ精油は、デメター認証*を受けた精油、またはBIO品質**の精油のうち、その時に入手できる最高品質にこだわります。夏の肌を、ネロリのパワーで癒してみてください。マリエン薬局のビオウォッシュ紫外線ダメージリペアジェルフェイシャルケアシリーズ、それぞれ詳しくは商品ページをご覧ください。

*デメター認証…ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナー博士が提唱したビオダイナミック農法によって生産された農作物やその製品に与えられる、世界で最も基準が厳しいといわれる認証の一つ。ビオダイナミック農法とは、自然と調和して、農作物の生命力を最大限に生かすことを意識した農法。

**BIO品質…ドイツ連邦政府が認定するオーガニック認証の統一規格。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!