お産の時の「会陰切開」で「泣かない」ための別れ道は、会陰マッサージにあり!「会陰切開」について初めて聞いた時、「こわいと思った!」という妊婦さんは90%!
そんなデータが、今月発売の「プレモ2015秋冬号」の『会陰切開で泣く人・泣かない人の別れ道』企画に掲載されています。

プレモ2015秋冬号お産の時、ママは陣痛で呼吸が苦しくなるほどの経験をしますが、同じ時、へその緒を通じて呼吸している赤ちゃんもまた、苦しい思いをしていることがあります。
その時間を少しでも短くするため、おなかの赤ちゃんが無事に生まれてくるために必要な医療行為が、会陰切開なのです。

とはいえ、女性にとって、デリケートゾーンを切るなんて、それはもちろん「こわい」こと。
少しでも、切開の可能性を低くして、もし切開しても回復をぐんとよくするための方法、それが「会陰マッサージ」です。

マリエンのモニカ自然療法師がおすすめする、会陰マッサージのやり方はコチラです。
会陰マッサージは、皮膚への浸透力に優れたオイルを使うとより効果的。
もちろん、デリケートゾーンに使用するものだから、安心できるもので、しかもメディカル品質のオイルを使いたいですよね。

体の出産準備、今日から妊娠トラブルレスキューオイルでスタートしてみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!