A4_107ハーブティーについて、どんなイメージがありますか?

よく聞かれるのが、「ノンカフェインで体によさそう、でも、おいしくない…」という声。ハーブティーの原料は、いわゆるお茶に適した葉や花びらだけでなく、茎や根、実なども使われています。このせいもあって、一般的には「枯れ草みたい」という印象もあるようです。

特に体にいいお茶となると、それこそ「良薬は口に苦し」という言葉もあるくらいで、おいしいイメージからはどんどん遠のいてしまいそう。おいしくなくても、体にいいものだから飲むとなると、それは飲むことがつらいものになってしまうし、そもそもストレスがあって続かなくては体にいいものにはなりません。

では、ハーブティーには「おいしくて体にいい」ものはないのでしょうか?そんなことはありません。ハーブティーは本来、おいしいもの。だからこそ、ヨーロッパの人々の暮らしに根づいてきたのです。そして、体にいいものだからこそ、おいしいと感じられるということもあります。

誰が飲んでもおいしいと感じる味と香りになるようにブレンドし、体への効能も考えつくされているのが、マリエン薬局のメディカルハーブティー、ライフサポートブレンドです。まずは実際に飲んだ方からの、味に対する感想を見てみましょう。

「最近、仕事で徹夜が続き、とうとう耳鳴りや目眩にも悩ませられている夫のために買ってみました。以前、自分が飲んでみておいしかったマリエン薬局のライフサポートブレンドをすすめてみました。ハーブティーの味に抵抗のあった夫ですが、『これはおいしい』と言って職場にも持参して飲んでいます。少しでも今の症状が改善されることを期待しています。また、他のブレンドも試してみたいと思っています。」(評価: ★★★★☆ 千葉県  セイラママ様)

「マリエン薬局のライフサポートブレンドは、クセがなくおいしいのでハーブティーに慣れていない人にも飲みやすいと思います。リラックスできるので、子どもが元気のない時など、ハーブティーを淹れて話を聞くこともあります。日常にいつも置いておきたいブレンドです。」(評価: ★★★★★ 東京都  AB様)

このように、おいしいと感じることでも心と体をほっとほぐしてくれるのが、マリエン薬局のライフサポートブレンドの味と香りの魅力です。さらに、心を体をほぐすのは気分だけではありません。

メディカルハーブティー、ライフサポートブレンドには、自律神経の働きを整えるメリッサ、不安で落ち着かない・イライラするといったメンタルの不調を改善するセントジョーンズワート、肺の動きを助けるフェンネル、デトックス効果を持つネトルといった、血行をよくしたり、気分を前向きにする成分がいっぱいです。

「もともと心配性な方で、気分が落ち込むこともありました。マリエン薬局のライフサポートブレンドを飲もうと思ったのはセントジョーンズワートが配合されているからでした。風邪などとは違い、効果がはっきり分かるものではないと思いますが、お守り代わりに飲んでいます。朝の寝起きがスッキリすると思います。」(評価: ★★★★★ 大阪府 Y.K様)

毎日飲めるということは、実はとても大事なこと。体に必要なものはおいしいと感じるようになっているとも言われます。

「一年前頃、頭痛が頻繁に起き、鎮痛剤を服用していました。何かもっと自然なもので治せないかと考えていた時に、知人の紹介でマリエン薬局のライフサポートブレンドを知りました。味は、体にしみるというか本当に自然とおいしくて、おいしいからこそ飲むといった日々が続いています。頭痛は、まだたまにおきますが頻度はかなり減りました。」(愛知県  mimimi様 評価: ★★★★☆)

おいしいからこそ、毎日続くメディカルハーブティー。ライフサポートブレンドをきっかけに、マリエン薬局のメディカルハーブティー、トライしてみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!