60120_Rescue_Oil-2s-min (1)日本でも、精油を取り入れたセルフケアが人気です。香りが持つ作用を使ったアロマセラピーは、芳香浴だけでなくマッサージで肌に直接塗り込むケアも、よく知られるようになりました。

でも、精油を使ったマッサージは、小さな赤ちゃんや妊婦さんなどに使ってはいけないものや使い方の制限があったりと、難しいのも事実です。本来は一番、薬を使わずに自然なものでケアしたい人ほど、専門知識が必要になってしまうのです。

マリエン薬局のメディカルアロマオイルシリーズは、アロマセラピーの専門家が、誠意をこめて調合した、肌に直接塗ることができるアロマオイルです。

精油をキャリアオイルで適正な濃度に希釈してあり、それも肌に浸透されやすく効果を十分に発揮できる適正濃度になっています。

一般的に売られている「精油」と書かれているものの中には、人工の香料でつくられたものが実は含まれている場合があります。本来、精油の原料となる植物はそもそも希少な上に、大量の原料からほんの数滴しか生成できないこともあり、非常に高価なものとなります。

仮に、いいにおいをかぐだけでいいなら、人工の香料でもいいのかもしれません。でも、精油によるケアは、香りが持つ成分によって沈静、消炎、抗菌といった効果が、経験的に認められているからこそできるもの。信頼できる原料を使っている精油を選びたいものです。

だからこそ、マリエン薬局のメディカルアロマオイルは、精油もキャリアオイルも品質に自信があるものだけを原料として選んでいます。精油は、ドイツ薬局方の基準をクリアしたメディカルレベルの品質。キャリアオイルは、原料から厳しくチェックして選び抜かれた高品質の植物オイルです。

無添加で天然原料100%、ワイルド(最高ランク)とオーガニック(高ランク)とランク付けされた精油のみを厳選して使用しています。精油が持つ本来の力をしっかり引き出して、しかも簡単に使えるのがマリエン薬局のメディカルアロマオイルの最大の特徴です。

なかでも、マリエン薬局のランキング常に上位のレスキューアロマオイルは、風邪、インフルエンザの初期症状、肩こりなどに肌に塗って直接皮膚から、香りで嗅覚からしっかり働きかけます。

風邪のひき始めはもちろん頭痛、肩こり、筋肉痛などにも使えるレスキューアロマオイルは、0歳の赤ちゃんから大人まで、妊娠中も授乳中も安心して使えるので、ご家庭にまず1本あると安心なメディカルアロマオイル。みなさん、実際にはどのように使っているのでしょうか。

「今、妊娠中で風邪薬が飲めないため、マリエン薬局のレスキューアロマオイルを試しました。ホントに風邪の症状がサッと引きました! ビックリ! あれ? 風邪ひいたかな?っていう時にすぐ使用するのがオススメですね」(大阪府  ぴぴ様)

「 マリエン薬局のレスキューアロマオイルは本当に万能で頭痛や肩凝りのひどい時に1日に何度かこめかみや首筋に塗るととても楽になりました。子どもにも使えて香りもよく、我が家の薬箱になくてはならない存在です!(高知県  りー様)

「アレルギーのため、予防接種ができなかった下の子が残念ながらインフルエンザにかかってしまいました。家族にうつらないよう、胸や背中にレスキューアロマオイルを塗るようにしたら、家族は無事でした! その後、また別の型のインフルエンザがまた大流行でしたが、我が家はみんな元気に過ごせました」(埼玉県  Miki様)

「2歳男児の風邪による発熱時、自分自身の発熱時にレスキューアロマオイルを使いました。子どもは夜に39℃の熱が数時間で下がり、驚きました。 私自身も翌朝には治まりました。リピートします」(大阪府  Y.F様)

マリエン薬局のメディカルアロマオイルは、レスキューアロマオイル以外にも、さまざまな症状別ケアができるアロマオイルがそろっています。

◆鼻水、くしゃみ、鼻のムズムズに … 鼻用アロマオイル
◆のどの痛み、イガイガする時に … のど用アロマオイル
◆胃もたれ、吐き気、下痢・便秘におなかに塗って … 胃腸用アロマオイル
◆ドキドキ緊張するシーンや、眠れない時にも … 不安・緊張用アロマオイル
(上記4つのアロマオイルの塗布は3歳以上がおすすめ、芳香浴は全年齢で使用できます。)

緊張する試験や面接シーン、花粉症、胃腸の調子がすぐれない時など、さまざまな場面で活用できます。

1本あるといろいろ使えて安心なレスキューアロマオイルをはじめ、マリエン薬局のメディカルアロマオイルで早期ケア。安心して使えるメディカルアロマオイルで症状別にそろえてくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!