-2WsBtjOp4CljEflXR3x6ioSYCU1Bu8cuoCbaanPzW0s春になると、肩こりで悩む方が増えるというのをご存知ですか?

それは、入学・入園、新学期、引越しなど、新生活が始ま始まることで、緊張したりストレスが知らず知らずにたまるから。交感神経が優位になることが、体をギュッとこり固まらせることにつながってしまうのです。

さらに、毎日の気温差も激しいため、血行が悪くなりがち。体の末端まで血が巡りにくくなるために、肩こりがひどくなってしまうんです。

肩こりをほぐすためのアイテムは、たくさんの種類が販売されていますが、マリエン薬局のIRIS2肩こり・腰痛用ローションは何が違うのでしょうか。

一般的に販売されている湿布やスプレー、ジェルタイプなど様々な種類がある外用鎮痛消炎薬には、サリチル酸メチルやインドメタシンなどが、有効成分として配合されていることが多いです。

これらの成分は、少量の使用なら問題ないといわれていますが、肌が敏感な人は、湿疹やかぶれ、かゆみなど肌荒れを起こしてしまうことがあるようです。また、「連続して2週間以上は使用しないでください」と説明書に書かれているものも。「そんなに危険な成分なの?」と心配になってしまいますよね。

マリエン薬局のIRIS2肩こり・腰痛用ローションは、天然成分100%のローション。湿布や外用鎮痛消炎薬に配合されているサリチル酸メチルやインドメタシンをはじめとした化学合成成分は不使用です。

IRIS2肩こり・腰痛用ローションの有効成分「ムコールバリアンスエキス」が、筋肉の細胞に浸透して働きかけ血流を良くすることで、肩こりだけでなく首の痛みや腰痛・手足の末端の冷えを改善します。

ほとんど香りがないので、市販の湿布や外用鎮痛消炎薬の強い香りが苦手な方、赤ちゃんを抱っこするお母さんにも安心です。

このムコール・バリアンスエキスは、ドイツ政府の承認をうけている微生物細胞培養のリソースセンターから調達した微生物の一種を、物理的方法によって精製し、濃縮した天然の有効成分です。味噌やお酒のように無害で有益なもので、微生物そのものやその残骸は含まれていません。だから、万が一赤ちゃんがなめてしまっても心配いりません。

もちろん、妊娠中や授乳中、小さなお子さまにも安心して、マリエン薬局のIRIS2肩こり・腰痛用ローションをお使いいただけます。

スポーツをしているお子さんの筋肉痛や打撲、運動会シーズンのお母さん・お父さんの筋肉痛にも効果を発揮するので、肩こりだけでなくオールシーズン準備しておくと便利ということも、人気の秘密かもしれません。

マリエン薬局のIRIS2肩こり・腰痛用ローションについて、詳しくはサイトをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!