K1-04_14発熱などの症状もなく、ただのどがかゆかったり、痛みまでいかないけど、なんとなく引っかかる違和感があったり、イガイガしたり。
花粉が飛散したり、黄砂が吹く時期は特に、のどに違和感、かゆみなどのアレルギー症状が出る人が多いようです。

マスクをしていても、防ぎきれない違和感では、すぐに薬を飲むということはないかもしれません。
でも、そのままでは症状は悪化するかもしれないし、なによりつらいし気になりますね。

薬を安易に使わずに、メディカルハーブを用いた自然療法アイテムを使ってのケア、してみませんか?
メディカルハーブ、体への効果がドイツの基準で認められていて、さらに体に不要な成分が蓄積することもありません。

あなたののどのために活躍するメディカルハーブのアイテムはさまざまな形状があります。

のどを潤し、体の内側から改善していくなら、マリエン薬局の咳のど対策ブレンド。抗菌・抗炎症作用を持つプランタゴ・ランセオラタ、気管支の緊張を緩和するタイム、痰を出す働きと抗菌性のあるアニスや、のど粘膜を保護するリコライス、マーシュマロウといったメディカルハーブをブレンドしているハーブティーです。

咳のど対策ブレンドに近い成分をぎゅっと濃縮して、外出中などお湯が手に入らない場所でも手軽に使えるのが、咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップ
砂糖不使用なので、歯磨きあとでも安心して使えます。だから、寝る直前に「のどが痛い」と感じた時にも安心してなめることができます。

のどが痛いとき、首元に塗るだけののど用アロマオイルは、のどの緊張をゆるめて香りの成分からものどをなだめます。
なめて服用する小さなショ糖粒ののど用レメディウムは、のど粘膜の回復力を体の内側から高めてくれます。
甘いので小さなお子さんにも使いやすく、体の内側から回復力を高める力を持っています。

体の内側から取り入れる方法と、体の外側から患部を直接ケアする方法で、敏感になっているのど、どうぞいたわってください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!