D3-01_15肌がデリケートな方にとって、蚊に刺される季節は憂鬱ですね。
かゆいことはもちろん、蚊に刺されたあとが腫れたりなかなか治らなかったり、かいてしまった場合は跡が残ってしまったり。
どんなに蚊よけ対策しても、刺されてしまったときは、市販のかゆみ止め薬に頼らざるを得ない、ということもあるでしょう。

ただ、一般的なかゆみ止めには、ステロイドや抗ヒスタミン薬が含まれていること、ご存知でしょうか。
ステロイドは、医師が症状に合わせて処方したもので、使い方も守ればこわい薬ではありません。内服薬は別ですが、皮膚に塗る薬を処方を守って使えば、皮膚疾患を治す近道を作ってくれる薬です。しっかり治せばトータルで使う量も最低限にできます。

でも、市販のかゆみ止めに含まれるステロイドは、1回分ずつの量は体に影響のない分量でも、繰り返しずっと使うことによって、効率のいい使い方とはなりません。
また、ステロイドの問題だけではなく、一般的なかゆみ止めは化学合成成分や保存料など、肌への負担となる成分が多く含まれています。

蚊のいる季節は、肌への負担はしかたがない、とあきらめて過ごすしかないでしょうか。
いいえ、対策はあります。天然成分だけでつくられたマリエン薬局の蚊よけ・かゆみ止めローションは、メディカルレベルの精油のパワーで、蚊を寄せつけず、また万が一刺されてしまった場合は、かゆみ止めとして働き、さらには肌を補修する効果のある成分で肌を癒します。
もちろん、保存料をはじめ、肌に負担となる成分は含まれていません。

蚊の多いシーズン、蚊よけ・かゆみ止めローションで肌を守りましょう。
蚊よけ・かゆみ止めローションについて詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.marienremedy.com/archives/i30020/

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!