A2-13_09急な温度差で体調を崩しがちなのが、季節の変わり目。特に気温が下がっていく季節は、のどが痛くなったり、咳が出たりという症状がまずあらわれてくることがあります。

薬を飲んだり、医師の診察を受けたりするほどではないから、と放っておくと、本格的な風邪症状になって、発熱したりということもありますね。

そんな風邪のごく初期症状があらわれた時に、試してみてほしい方法があります。それは、のどのためにいいハーブを使ったハーブティーを飲むこと。

それでは、どんなハーブが「のどにいい」のでしょうか。マリエン薬局のチーフ・ブレンダー、ブリギッテ・シェレ自然療法師が解説します。

——-
◎リコライス・・・ヨーロッパだけでなく、漢方でも「甘草」という名前で親しまれ、のどにいい薬草の代表格。甘みがあり、のど粘膜を保護します。
◎プランタゴ・ランセオラタ・・・抗菌・抗炎症作用があり、のどの痛みを和らげます。
◎タイム・・・気管支の緊張をやわらげて空咳を防ぎます。
◎アニス・・・痰を切り、外に出す働きがあります。
◎マーシュマロウ・・・のど粘膜を保護します。

こうしたハーブを温かいハーブティーとして飲むことが、薬ではない方法で、のどの痛みや咳をしずめることにつながります。
——

EUやドイツ国家基準で効果が認められた「メディカルハーブ」だからこその効果を持っているのが、マリエン薬局の咳・のど対策ブレンドです。

今、痛いのどや咳を抑えるだけでなく、咳・のど対策ブレンドは、痛くなるまえに予防することも可能です。薬とは根本的に違うのはこの点。メディカルハーブの力で体質をのど風邪や咳に強いものへと変えていくのです。

実際に、こうした効果を実感された方の声も集まっています。

「春や秋の季節の変わり目はのどが痛くなり、咳が止まらなくなることが多くあります。病院に行って薬をもらっても完治はせず、軽い咳が長期間続きます。薬に頼らずになんとかならないかとネットでいろいろ検索していたときに見つけて、マリエン薬局の咳・のど対策ブレンドを買いました。元々ハーブティーは好きで飲んでいましたが、香りも味もよかったです。咳もいつの間にか出なくなりました。これからは咳が出る前から予防として飲んでいこうと思います。」(埼玉県 さや様)

「風邪はのどからのタイプです。のどの違和感があると、すぐに痛くなってひどくなるので、ちょっとおかしいなぁと思った時点で、マリエン薬局の咳・のど対策ブレンドを飲むとびっくりするほど楽になります。夜飲むことが多いです。味もとても好きなので私に合っているようです、美味しいので普段から飲みたいくらいです。冬はこれがあると本当に安心できる、お守りアイテムです。」(岐阜県 Y.O様)

普段の飲み物を、咳・のど対策ブレンドに変えて、季節の変わり目の体調管理を始めませんか?

飲むことで、のどの痛みや咳の対策ができる咳・のど対策ブレンド、詳しくは商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!