Pflegegel-15s-min汗ばむシーズンになると気になるのが、肌の毛穴汚れ。特に小鼻の周りがメイクするたびに気になる、ということはありませんか?ではなぜ、蒸し暑くなると特に毛穴汚れが目立つようになるのでしょうか。

暑くなると、皮脂が多く分泌されるようになります。皮脂そのものは、肌が乾燥しないように覆うバリアとなるもので、健康な肌には必要なものです。ただ、皮脂分泌量が必要量よりも多くなり、不要な皮脂を取り除かないでおくと、やがて汚れがたまり酸化してしまいます。

夏に気になる過剰な皮脂、毛穴汚れ。その原因、実は洗いすぎ?

こうなると、汚れによって毛穴は黒ずんで見えるし、毛穴がふさがれると新たに分泌される皮脂が出られなくなり、ニキビ・吹き出物の原因となってしまいます。毛穴のそばに汗腺もあるため、汗もべたつくことになるというわけです。

この毛穴汚れを取り除くために、さまざまな方法があり、グッズやアイテムも販売されています。毛穴パックや毛穴の汚れを取る洗顔料などもあります。でも、これらの方法は、肌を傷めることにもつながります。

毛穴は一時的にきれいになってサッパリしても、肌が乾燥しすぎて荒れてしまったり、汚れを取り去ったあとの毛穴がかえって広がってしまって、次に汚れがたまると、かえって目立つようになったり。「きれいになりたい」と思ってしていることなのに、これでは本末転倒です。

なぜ、こんなことになってしまうかというと、毛穴に詰まった汚れた皮脂だけを取り除ければいいのですが、健康な肌の部分を覆っている必要な皮脂まで取り去ってしまうからなのです。

過剰に皮脂を取り去らずに、うるおいを残す画期的な洗顔アイテム

だったら、肌のバリアとして必要な皮脂を残して、汚れた古い皮脂だけを取り除く洗顔方法を試してみましょう。皮脂を構成する油分やたんぱく質は、油分をなじませることで落とすことができます。ワイルドローズオイルを配合したビオウォッシュなら、汚れを落とすと同時に、適正なオイル分で肌を保護しつつ保湿ができるのです。

肌の炎症を抑えて清潔に保つ作用を持つメディカルハーブの精油と、天然成分のみで構成されるジェルで、クルクルとマッサージするように使い、さっと洗い流せば完了。泡立てる手間もいらず、毛穴汚れがすっきりするのに、洗い上がりの肌はしっとりもちもちに保湿されます。まるで美容液で洗ったみたい、という感想も届く使い心地です。

夏こそ、肌の正しい保湿が難しい時。毛穴汚れとさよならできる保湿洗顔、ビオウォッシュでスタートしてみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!