A2-04_07夏から秋の季節の変わり目は、急に気温が下がったりすることもあって、風邪がはやります。鼻水やくしゃみが出るのは、ウイルス性の風邪というよりも、体が冷えて抵抗力が落ちることで起こる風邪症状が多いようです。

でも、この時期、風邪とよく似た症状があって、風邪薬で対処しようと思っても、なかなかよくならないということも。もしかしたら、それは秋の花粉症かもしれません。

春のスギ花粉アレルギーは、あまりに一般的すぎて、春先にくしゃみが出ない人の方がめずらしい、というほどになっています。でも、秋にも花粉アレルギーはあるのです。

ブタクサやヨモギなどのキク科は、夏の終わりから秋にかけてが花粉のピークになります。また、イネ科の植物も秋にピークを迎えるものがあります。これが、春のスギ花粉と同じように、アレルギーを持っている人の体内に入ると、くしゃみや鼻水と言った症状が現れます。

アレルギーの鼻炎薬や点鼻薬も手軽に手に入るようになりましたが、花粉症は3日で治るといったものではなく、長い期間続くもの。しかも、毎年やってきます。さらに、市販されている点鼻薬を使いつづけることで、「あれ?薬の効きが悪くなってきたかも」というお声も耳にします。

いま出ている鼻水・くしゃみを止めたい!時に役立つのが、マリエン薬局の [ IRIS1・2 ] 花粉症・鼻炎用ナチュラル点鼻スプレー

配合成分のムコールバリアンスエキスが鼻粘膜の細胞に直接働きかけ、炎症を抑えます。ほぼ無味無臭で刺激は一切なく、一般的な点鼻薬のように口の中が乾きすぎるといった副作用もないので、長期的に使い続けることができます。

また、もう1つの配合成分であるペニシリウム・グラブラムが、アレルギーの引き金となる伝達物質の分泌を抑えることで、免疫細胞が正しく働くように作用。花粉症が始まる4週間以前から使用を開始することで、症状の予防をします。

秋、風邪のような症状が長引くと思ったら、花粉症の予防・症状の改善の両方がかなう、マリエン薬局の [ IRIS1・2 ] 花粉症・鼻炎用ナチュラル点鼻スプレーをお試しください。

毎年同じ時期に薬に頼るよりも、アレルギーに負けないような体質に整えていきませんか?詳しくは各商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!