P_iStock_000014236572XSmall生理のお悩みは、さまざまありますね。生理痛が代表的ですが、それだけではありません。

生理が始まる1週間前後から、心身ともにつらいPMS(月経前症候群)。
イライラしたり気分が落ち込んだりといったメンタル面の症状や、腰が痛かったり、ひどくむくんだり、肌荒れしたりといった体の症状があらわれたりなど、様々です。

また、生理周期が整わなかったり、くるはずの生理が妊娠でもないのにこないことがあったりする生理不順もあります。

こうした症状がある場合、痛みがあれば鎮痛剤を飲んだり、またホルモンバランスをコントロールする低用量ピルを使ったり、という方法で解決することが多いようです。
でも、いずれにしてもケミカルな「薬」。長く飲み続けるには抵抗がある、という方も多いかもしれません。

そんな時、ハーブティーを試してみませんか?実はハーブの中には、ホルモン系に働きかけるものが多くあります。一生のうちでもティースプーン1杯分くらいしか出ないといわれる女性ホルモン。

その微量なホルモン分泌をコントロールするためには、強い薬ではなく、薬草のようなハーブティーでナチュラルに働きかけてはどうでしょう。マリエン薬局のウーマンブレンドが味方になります。

ウーマンブレンドを飲んだ、ユーザーの方のお声をご紹介します。

ウーマンブレンドは生理痛に悩むすべての女性に試してほしい!と自信をもって言えるアイテムです。ウーマンブレンドは生理痛にはもちろん、生理の周期も安定し、副作用もないので、とても助かっています。病院で月経困難症と言われ、痛みがひどく動けなくなるほどなので、今までは消炎鎮痛剤を手放すことはできず、加えてウーマンブレンドのおかげでなんとかやりすごせる状態でした。ところが最近、消炎鎮痛剤の副作用が新たに追加され、自分でも3日目ぐらいになると下痢をしたり、生理後に胃腸の調子をくずしてしまったりするようになったのです。
そこで、思い切ってマリエンさんのウーマンブレンドとレメディウムと生理痛用アロマオイルを揃えて、布ナプキンに変えたところ、消炎鎮痛剤を飲む量が今までの3分の1以下に減らすことができました! 生理が終わったあとも体が軽く、とてもいい感じです。(神奈川県 KK様)

ウーマンブレンドは、毎日飲用して、もう何年もお世話になっています。私は月経前症候群がつらく、座っていてもだるくて、眠気におそわれ、仕事にならなかったのですが、ウーマンブレンドを飲むと、症状が軽くなるので、月経開始前は1日に2~3杯飲んでいます。生理不順もなくなり、毎月きちんと始まるので、ホルモンのバランスが保てるおかげか、ウーマンブレンドを飲み始めてから、毎日が楽に過ごせるようになりました。(千葉県 Yh様)

副作用を気にすることなく、毎日が楽になるマリエン薬局のウーマンブレンド。詳しい情報は、商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!