ひどい生理痛を和らげるには?「生理痛には鎮痛剤」それでは根本的な解決にはなりません。生理痛がつらい時、おそらく多くの人がとる行動は「鎮痛剤を飲む」でしょう。
そしてそれは、ただ痛みの神経伝達をブロックしているだけで、生理痛そのものを治しているわけではないことまではわかると思います。
毎月毎月、鎮痛薬を使うことは、ただケミカルな物質に頼っているというだけでなく、最終的に自分の体をいためつけていることにもつながってしまう、ということ、お気づきですか?

生理の時のおなかの痛み、腰痛、生理の経血量が多すぎるといった症状をまとめて「月経困難症」とも言います。
ただ単に鎮痛薬を飲むだけではおさまらないケースもあります。
こうした場合、もしかしたら、子宮内膜症や子宮筋腫という病気が隠れているかもしれません。

こうした病気を、とりあえず体に感じる「痛み」という症状だけを、鎮痛薬でごまかし続けるとどうなるでしょうか。
赤ちゃんを妊娠しづらくなったり、ひどい貧血になったり、先の話かもしれませんが、更年期症状が重くなるということにもつながってしまうのです。

気になったら一度、婦人科で検診を受けてみるといいでしょう。
日本では、子宮筋腫は小さなものまで含めると4人に1人、子宮内膜症も10人に1人という割合であるそうです。
もし、なんともなければホッとできますが、それでもやっぱり生理痛がつらい時は、子宮の働きをよくしていくセルフケアをしましょう。

ウーマンブレンドは、体の芯から温めて、ホルモンバランスにも作用するメディカルハーブをブレンド。月経周期そのものも整える働きがあります。
生理痛用アロマオイルは、そのまま下腹部に数的塗り込むようにしてマッサージ。血行をよくします。
体の内側からと外側からと、両方からケアできるのも自然療法のいいところ。

どちらもケミカル成分は一切使用していませんし、副作用もありません。だから、いつスタートしても大丈夫。
次の生理で「あ、楽になった」を実感してみてくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!