A2-18_04手足の先が冷えやすいということから感じることが多い冷え性。でも、冷えているところだけ靴下などで覆ってみても改善しないのは、単に外気温が低いから冷えるという単純なものではないからです。

体の末端が冷えるのは、実は体の芯が冷えていることが原因。体の芯が冷えていると、体を循環している血液そのものが冷たくなり、手足の先に血液が届く時には、さらに冷たい血液になってしまうのです。

体の芯が冷えて冷え性になると、さまざまな症状が起こりやすくなります。風邪をひきやすいことはもちろんですが、だるい、疲れやすいのによく眠れない、下痢をしやすい、といった症状もあります。さらに、生理痛や月経前症候群(PMS)といった女性特有の症状も起こりがち。こうした症状は冷え性を改善することでよくなることが多いのです。

では、体の芯を温めて、末端まで温かい血液がめぐるようにするためには、どうしたらいいでしょう。適度な運動や、温かいものを食べることも大切です。

もう一つ、メディカルハーブティーで温まりやすい体づくりをする方法があります。実際にこんなお声も集まっています。

「毎月、生理前後10日間位、心身ともにたくさんのネガティブな諸症状に悩まされていました。頭重、吐き気、関節の痛み、倦怠感、イライラ、不安感、集中力の低下など…始まれば生理痛、終われば生理疲れなのか、ぐったり。寝込む事が多く、とてもつらい期間でした。が、マリエン薬局の冷え性対策ブレンドを飲み始めたところ、すぐに効果が現れて、びっくりするほど楽になりました。しんどい症状が8割くらいなくなった感じです。 生理痛もなくなりました。ありがたいです。今までのつらさは何だったんだろう?と疑問に思うくらいです。」(福岡県  よもぎ様)

「夏でも手足の冷えを感じるほど重度の冷え性で、幼いころからの悩みでした。特に冬は、体の冷えで何度も目覚めてしまい、睡眠に影響が出るほどで、毎日のカイロも手放せませんでした。 友人の紹介でマリエン薬局の冷え性対策ブレンドを飲み始めましたが、驚いたことにカイロを使わなくても大丈夫になりました。 夜寝る前にも少量を飲んでいますが、そのせいか身がぽかぽかとして途中で目覚めることもなくなりました。 おかげで深い睡眠をとれるようになっています。今後も続けていきたいです。」(兵庫県  ako様)

「数年来の内臓冷え症で、手足はむしろ熱いくらいに温かいのに、お腹周りはいつも冷たくて、トイレに行く度に手で温めたり、腹部にカイロを貼ったりしていました。マリエン薬局の冷え性対策ブレンドウーマンブレンドを交互に飲み始めて、約二週間でお腹がいつもポカポカしていることに気がつきました!こんなに早く効果が現れるとは思っていなかったのでとてもうれしいです。初潮時からの生理不順も解決できたらと思います。」(千葉県  まゆ様)

マリエン薬局の冷え性対策ブレンドには、発汗性のあるエルダーフラワーや、鼻風邪や咳をケアするリンデンフラワーやエルダベリー、免疫力を助け抗酸化作用があるローズヒップ、そして血行をよくして体をぽかぽか温めるジンジャーなど、たくさんのメディカルハーブが配合されています。

単に温かいお茶を飲むからおなかが温まるといったこと以上の効能があります。マリエン薬局の冷え性対策ブレンドについては商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!