P_iStock_000016318358XSmall暑い夏が終わり、ホッとする分、秋への季節の変わり目は、なんとなくさびしい気分になることも。実は女性の場合、ただ「気分」の問題だけではなく、秋の始まりはホルモンバランスにも影響があるようなのです。

6月の夏至をピークに、日の長さはだんだん短くなっていきます。日照時間に影響されやすい女性ホルモンのバランスは、秋に向けて崩れやすくなる、というデータがあります。生理痛や、生理前症候群(PMS)、また生理周期が不順になったりといったことも起こりやすくなります。これらのすべて、季節が原因ではありませんが、少なからず関係があります。

季節のせいだからといって、何もしないで過ごしていては、つらさが増してしまうだけ。自分でできる改善方法で、生理痛や生理不順など、生理にまつわる症状をよくしていきたいものですね。

一般的な方法としては、下記のようなことが挙げられます。

  • 適度な運動をする…定期的な運動を心がけることで、血行がよくなり、生理の悩みを緩和します。
  • 体を温め、リラックスを心がける…気温がどんどん下がっていく季節。体がこわばらないようにすると同時に、心もリラックスが必要です。
  • 食生活を見直す…規則正しい食生活で体をリラックスさせましょう。水分や野菜を多く摂り、チョコレートや糖分、コーヒーなどの刺激物を控えるようにしてみましょう。
  • アロマテラピーやハーブの力を借りる…アロマオイルでのマッサージで体をほぐし、ハーブティーで体をあたたためましょう。

 

薬などに頼らず、自然の力で生理痛や生理不順、PMSなど生理の悩みを改善したいと思ったら、女性特有の悩みに特化したメディカルハーブを取り入れてみてはどうでしょうか。

ヨーロッパでは女性のためのハーブとして古くから用いられているレディースマントル、月経障害の緩和に使われるアンゼリカ、女性ホルモンのバランスを整えるアグヌス・カストスなど、まさに女性のために調合された、マリエン薬局のウーマンブレンドがおすすめです。

また、子宮を皮膚の上からやさしくマッサージして症状をやわらげるアロマオイルによるケアもできます。生理痛がつらい時や、なんとなくおなかが重かったり、だるいときには生理痛用アロマオイル、生理周期が整わない、PMSがつらいといった症状には、生理不順・PMS用アロマオイルを。

どちらもメディカル品質の精油の働きで、体へ働きかけるだけでなく、イライラしたり落ち込んだりしやすいメンタルも、さわやかで甘い香りで癒します。

この季節だからしかたない、とあきらめるまえに、自分で自分にやさしくケアする改善方法、試してみてくださいね。

ウーマンブレンド生理痛用アロマオイル生理不順・PMS用アロマオイルについて、詳しくは商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!