P_iStock_000015424718XSmalls生理痛もつらいものですが、体よりもメンタル面で不安定になることが多いPMS(生理前症候群)もつらいもの。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。

女性ホルモンは生理周期の中で、数種類が多くなったり少なくなったりという期間を繰り返しています。排卵が終わったあと、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなり、子宮内膜を準備したあと、生理の1週間~4日前ごろから分泌量は減ってきます。女性ホルモンの分泌量は非常に少ない量ですが、だからこそ、ちょっとした環境変化でこのバランスが変わってくるということもあります。

ホルモン分泌の変化によって起こるメンタル症状としては、ちょっとしたことで涙が出る、やる気が出ない、ぼんやりしがちなどいろいろありますが、自分の中だけでおさまらない困った症状がイライラ。

ふだんだったら、そんなに気にならないことにこだわったり、つっかかったりしてイライラが起こり、なかなか気持ちが切り替わらないこともありますね。そんな時、つい、八つ当たりしやすいのが家族。夫や子どもに、大きな声で怒鳴ってしまったり、時にはひどい夫婦げんかになってしまったり。翌日になって生理がきたりすると、「どうしてあんなことを…」と激しく後悔する場合もあるようです。

ほんとうは、こんな風になりたくない、こんな自分を見たくないし見せたくない、そう思った時に、婦人科ではホルモン療法としてピルを処方されることも。ただ、ピルは体に合わないと副作用を起こすことが多いもの。つわりのような吐き気や、つらいむくみなども起こります。

ピル以外に、解決方法はないのでしょうか。

「40歳を過ぎた辺りから生理前のイライラがひどくなり何かと主人や子どもにあたっては、後で落ち込むという日々が続いていました。なんとかならないかとサプリや漢方を探していたところマリエン薬局のウーマンブレンドを見つけました。飲んで見たところ、なんと生理前のあの意味もなく感じるイライラ感が全くなく心穏やかに過ごすことができたのです。飲み始めてかれこれ2年、今では習慣になっています。」(海外在住  R.M様)

「生理前になると、必要以上にイライラしてしまい家族にも迷惑をかけてしまうことが多くて悩んでいました。薬を使うのは副作用の心配や常用することに抵抗があり、また授乳中なので、安心して飲めるハーブティーを探していました。今はマリエン薬局のウーマンブレンドを飲む時間が私にとってリラックスタイムになっていて、毎日の楽しみが増えました。」(神奈川県  S.N様)

「生理前の10日前くらいからイライラしてよく子どもを感情任せにイライラをぶつけていて、何か良いものがないだろうか…とネットで探してマリエン薬局のウーマンブレンドと出会いました。飲んだ後にぽかぽかした感じがありしばらく続けていくと、味にも慣れておいしく感じられるようになりました。そして気づいたらいつの間にかイライラしてない自分に変わっていました。今ではなくてはならないもので、子どもにも八つ当たりせずにすんでいます。」(福岡県  ミントブルー様)

マリエン薬局のウーマンブレンドに配合されているレディースマントルは、女性を守るマントという意味も持つ、女性のためのハーブとして古くから用いられてきました。

ほかにも子宮の健康を守るシルバーウィード、ホルモンバランスをととのえるアグヌスカストス、リラックスできるハーブをブレンド。すべて、ドイツの薬局方の厳しい基準をクリアしたメディカルハーブを使用しています。こうしたメディカルハーブの力が、イライラを沈静してくれるのです。

メディカルではあるけれど、自然の恵みを利用した女性のためのブレンドです。イライラしない自分に戻るためのお守りとしても、ウーマンブレンドを試してみてください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!