P_iStock_000018997193XSmalls毎日、顔のスキンケアはしていても、忙しくてなかなか全身の肌までお手入れが行き届かないということはありませんか?

肌は、常に新陳代謝を繰り返していて、肌の奥から表面に向かって、古くなった肌細胞が押し出されるようにして入れ替わっています。

この時、古くなって肌の表面に浮き出た肌細胞をそのままにしておくと毛穴をふさいでしまったり、新しい肌が生まれ出てくるのを邪魔したりすることになります。

毎日お風呂に入ったりシャワーを浴びて清潔にはしていても、古くなってこびりついている肌細胞の残骸をきれいに取り去ることはなかなかできません。それが肌荒れや湿疹、肌トラブルの原因にもなったりします。

生まれ変わる素肌のために、肌デトックスをしてみませんか? その方法を、マリエン薬局のモニカ自然療法師に教えてもらいました。

「肌デトックスの方法を3つご紹介しましょう。いずれも、ゆったりとくつろいで行ってほしいので、時間を見つけて週1回ほどできるといいですね。

◆塩バス
バスタブに熱めの湯を張り、そこに海塩500gを入れて溶かしたあと、お湯がぬるめ(37℃くらい)になるように調整します。ここに10~20分ほど全身つかります。そのあとはよく塩を洗い流してください。肌に擦り傷などの傷口がある時は、入れる塩の量を少なくしましょう。

◆ソルトピーリング
塩バスのシャワーバージョンです。濡らして絞ったタオルの表面に海塩をつけ、全身にのばすようにして、体を拭きます。そのあとシャワーでよく塩を洗い落としましょう。

◆ブラシマッサージ
体を洗うためのボディブラシを用意します。シャワーや入浴の前に、乾いたボディブラシで全身を強めにこすってマッサージします。そのあと普通に入浴します。皮下組織の新陳代謝を促して、老廃物を外に出させます。

こうして刺激を受けると皮膚細胞への血行がよくなって活性化し、新しい皮膚組織が内側から成長するのを助けます。また、出てきた老廃物もきれいに落ちます。

ただ、塩もブラシも肌への刺激が強いので、肌デトックスが終わったあとは、肌をいたわるスキンケアをしましょう。」

その肌をいたわるスキンケア、マリエン薬局の100%ナチュラルなスキンケアアイテムを使って実現しましょう。

まず、ビオウォッシュを湯に溶いたものでかけ湯をします。背中やおしりの下、わきの下などにも丁寧にかけて、ビオウォッシュのうるおいの膜を張るイメージでかけましょう。

次に水分を拭き取ったら、紫外線ダメージリペアジェルで全身を保湿。高品質のアロエヴェラエキスが肌細胞にしっかり水分補給させましょう。細胞がふっくらしてくるイメージです。ラヴェンダーのさわやかな香りで気分も潤います。

特に乾燥が気になる部分や、肌トラブルがある部分には肌トラブルレスキュークリームを。肌トラブルレスキュークリームのエクストラヴァージンオリーブオイルの働きで、肌細胞が吸い込んだ水分をやさしくオイルでコーティングしてくれます。また、全身に塗り伸ばしたいときは、水で溶いてローション状にして使うこともできます。

長い時間お風呂やシャワーでくつろいだあとは、のども渇きます。肌だけでなく、体の水分補給にはマリエン薬局の美肌ブレンドを飲めば、体の内側からも肌の活性化をすることができます。

半袖や短いボトムスを着る季節には特に、顔だけじゃなく全身のスキンケア、気になりますね。週に1回、くつろぎながら、マリエン薬局の自然療法師おすすめ「肌デトックス」を習慣にしてみてください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!