ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】12/29~1/3・年末年始お休みのお知らせ 国際輸送が大変混雑する時期です。
年内にドイツ出荷をご希望の場合は、【12/26(月)23:59までに】カード決済完了・ご入金の完了をお願いします。

HOME > FAQ > 授乳・乳腺炎対策ブレンド

FAQ ~よくある質問~

授乳・乳腺炎対策ブレンド

出産直後から飲用できます。妊娠中の飲用はお控えください。

母乳不足・母乳過多・つまりやしこり、乳腺炎・断乳や卒乳時にお役立ていただけます。飲用方法は、こちらをご覧ください。

母乳不足を解消するための目安としては、授乳の前後や合間に、ティーカップ一杯分を数杯お飲みになってみてください。最初は薄めにいれて、1日1杯くらいからはじめ、おっぱいの張り具合を見ながら、量を増やしていってみてください。母乳不足が解消されますように!

なお、マリエン薬局のハーブティーは全て、飲む量については制限がありません。特に授乳期は、体内のハーブの消費も早く、必要な分だけしかハーブを身体に取り入れられないので飲みすぎるということはありません。たくさん飲みたいというときは、身体が必要としている成分が含まれていることになりますので、たっぷりお飲みください。必要以上の成分は、身体に吸収されず、尿として排出されますので、飲みすぎることはありません。

母乳育児はお子さまの月齢によって授乳量や頻度も変化してきます。それに伴い、ちょうどよい量や濃さは、その日の気分、体調に合わせて変化しますので、ご自身で調整してみてくださいね。

授乳・乳腺炎対策ブレンドには、「流れを良くする」作用もありますので、一時的に「薄め」に抽出し飲む量を減らしてお飲みいただくのがよいでしょう。

1杯250mlのお湯でティースプーン半分(ハーブ約1g)のハーブを抽出したものを、1日の飲用量として始めてみてください。体の状態をみながら、徐々に元々お飲みいただいていた濃さに戻し、飲用量も増やしていきましょう。ブレンドされている「フェンネル」というハーブが、乳管の通りをよくしますので、不快な張りやつまりなどを解消していきます。

症状が緩和されてきたら、最終的には1日3杯以上を数回にわけ、1杯につき250ml、1日あたり750ml以上を目安にお飲みください。飲用量を減らしても症状がひどくなるようでしたら、飲用を一時的に注して、なるべく頻回授乳されることをおすすめします。その後、痛みや張りが治まったころから、この飲用方法をお試しください。

授乳・乳腺炎対策ブレンドの乳児の飲用に問題はありません。特に、便秘がひどい赤ちゃんに、直接授乳・乳腺炎対策ブレンドを与えるのはおすすめです。

卒乳時や授乳量が減ってきたら、ひとまず飲用量を減らしましょう。授乳・乳腺炎対策ブレンドのもっとも大きな作用は、母乳分泌を増やすことですから、お子さまへの授乳量が次第に減る離乳期に、これまでどおりに頻繁に飲用すると、どうしても母乳の分泌がうながされてしまいます。母乳の出方やお子さまへの授乳量に応じて、飲用量を調節しながら(徐々に減らしながら)、状況によっては、一次的に中止してみてください。
卒乳後は、量を減らしての飲用であれば、むしろ乳腺炎などおっぱいのトラブルを減らすことができますが、お母さまの体質や乳房の状態によって個人差があります。人によっては、離乳時期に非常に胸が張りやすくなりますので、その場合は、特に飲用量を控えてください。また、就寝前にお飲みになると、寝ている間におっぱいが張ることがあります。日中、身体を動かしている時間内であれば、薬効などもスムーズに排泄できますので、できるだけ、昼間に1日1杯ほどを目安にお飲みください。
また、授乳・乳腺炎対策ブレンドが余った場合は、ぜひご家族でお飲みください。消化促進やリラックス効果などが期待できます。

授乳・乳腺炎対策ブレンドがお役に立てると思います。
卒乳後の乳房のしこりや分泌物などのトラブルに、ぜひお試しください。飲み方は、1日1杯を目安にお飲みいただき、あわせて乳首から乳房の外側に向けて、しこりを押し出す感じでマッサージを併せてしていただくと、より乳房ケアによいかと思います。
※再度母乳の分泌が活発にならないように、マッサージは内から外へします。外から乳首のほうへ押すと、母乳の分泌をうながしますからご注意ください。
乳首の白いカスは、取ろうとするとしこりがさらに増えてしまいますので、入浴時に行うごく通常の全身洗浄程度にしてください。

母乳は多くつくられても、すんなり飲める「流れ」ができればトラブルにはつながりません。大切なのは、母乳をたっぷり作り出し、作り出した母乳をスムーズに赤ちゃんが吸いやすい状態で出るようにすること。これが、健やかな母乳育児です。

そのためには、何度も何度も授乳することによって、ママと赤ちゃんの「リズム」が合ってくることがとても大事。多くのママが悩んでいることは母乳過多が原因で起こる”母乳がつまること”であり、”母乳が多く出すぎること”ではないですね。

母乳の自然な需要と供給ができるようサポートするのが、マリエン薬局の「授乳・乳腺炎対策ブレンド」です。

明らかに症状の悪化をお感じになる場合は、すぐに医療機関を受診していただくことをおすすめします。今後のスムーズな母乳育児のために、あわせて授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んでみてください。

前のページに戻る