ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! >  Vol.06 浜田さん ご一家

 

ステロイドを使いたくなくて

– どんなきっかけで、マリエンをお知りになりましたか?

隆の卵アレルギーがきっかけです。

隆が4,5ヶ月の頃から、耳の後ろがじゅくじゅくして、口の周りや首のところも湿疹がでてしまい、またかゆみでかきむしるので、とてもひどい状態になっていました。最初は、よだれかぶれかと思ったのですが、そのうち、もしかしたら何かのアレルギーでないかと思いました。

– アレルギーかもしれないと思ってどうされましたか?

アレルギー関連のサイトを調べているうちに、肌の不調が表れている体の部位によって、何が原因かわかる特集をしているサイトを見つけました。それを見ていたところ、症状が出ている部位から、卵じゃないかと思いあたりました。よく考えると私が卵を食べた後のおっぱいや、離乳食で卵を使ったものはいやがっていました。

アレルギー関連のサイトを調べているうちに、肌の不調が表れている体の部位によって、何が原因かわかる特集をしているサイトを見つけました。それを見ていたところ、症状が出ている部位から、卵じゃないかと思いあたりました。よく考えると私が卵を食べた後のおっぱいや、離乳食で卵を小児科で血液検査をしてもらったのですが、卵アレルギーであるという結果はでませんでした。しかし、お医者さんに「卵を食べたら、症状がでるのです。」と言ったところ、「血液検査は大人用なので、子供の場合、卵アレルギーという結果がでないこともあります。卵を食べて症状がでるなら、そのほうが間違いないです。食べなければ出ないのであれば、卵を避けましょう。」と言われました。

また、「お酒のように、卵を食べていけば慣れて強くなるというものではありません。症状がでるものを避けて、その成分に胃の内面が曝露されない期間が続けば、きれいになっていくし、強くなっていきます。この症状は一生続くものではないです。」と言われてほっとしました。

卵を食べるのをやめて、かなり症状が良くなってきたのですが、まだすっきりときれいに治りきるところまではいきませんでした。今は、どんなものにも卵が入っているので、完全に卵を避けることは難しかったのです。それに、卵の生みの親である鶏の肉や、魚卵にも共通抗原があり、チキンエキスや鶏がらを使ったものも控えた方がよいということも、初めのうちは知りませんでした。

皮膚科にいって、ステロイドの入った塗り薬をもらえばきれいに治るとわかっていましたが、使いたくありませんでした。

– 何故使いたくなかったのでしょうか?

以前、家族のアトピーがひどく、アレルギーの症状が皮膚から気管支にも拡大して喘息になり、吸入薬が日常的に手放せない状態でした。ステロイドの薬は身近にあり、うまく使いこなすには注意が必要なことは知っていましたし、私自身、手荒れに弱いステロイドの塗り薬を使って、使わなくなった途端、リバウンドがひどかったので、こういうものを子供の肌に使いたくありませんでした。

救いのアドバイスをもらった

そんな頃、私が美容院に行き、そこの美容師さんとのなにげない会話の中で、隆の卵アレルギーの話をしました。そうしたところ、その場でマリエンアイテムのパンフを持ってきてくれて、カレンデュラクリームがいいのではと勧めてくれました。

その美容師さんにもお子さんがいて、マリエンのレメディやハーブで家族の健康管理をしているということでした。レメディはショ糖粒なので、子供達も喜んで飲むし、体調が少し悪そうだなと思ったときはレメディで早め早めの対処をするようになったので、子供達をほとんど病院へ連れて行かなくなったという話も聞き、これはいい!と直感的に思いました。

会計のときにも美容師さんがもう一度、「カレンデュラクリームは、いいですよ♪」と後押ししてくださいました。ステロイドのような新薬ではなく、身体にやさしい自然の成分だし、使った人の意見は間違いないと思い、子供達が寝てからパソコンでショップのサイトを検索してみました。

– サイトを見に行ってどう思いましたか?

ハーブもあったので、あれもよさそう、これもよさそうと選ぶのに迷ってしまいました♪使えなかったときに困るので、どう効率よく選ぼうか悩みました。

レメディは初心者だったので、コンビネーションキットとカレンデュラクリーム、蚊よけローションを選びました。

– レメディについてはご存じでしたか?

「癒す心、治る力」という本を以前読んだことがあり、その中で、レメディという言葉が出てきたので、言葉としては知っていました。同種療法って不思議だなと思っていました。また、子供達2人とも助産院にお世話になったのですが、梨佳の出産のとき、産後ケアの教室で、助産師さんからレメディの話もきいたことがありました。その助産師さんも勉強を始めたばかりのようで、アトピーにも使えるらしいとおっしゃっていたのですが、長女の梨佳のときは、卵アレルギーはでなかったので、レメディを使ってみようという気はおきませんでした。

– 実際、お使いになってみていかがでしたか?

カレンデュラクリームを隆に塗ったところ、数日で肌がきれいになっていくのがわかりました。家族全員、虫刺されやあせもで使ってみましたが、ぶり返すかゆみがなくて、本当によく効くので感動しました。隆は寝るときやお風呂など、体があたたまったときにかゆくなって、見ていてつらかったので、このかゆみを取ってやれると思うとものすごくありがたかったです。

隆もかゆみがなくなるのがわかるようで、かゆみがでてくると、「ミ!ミ!」と言ってカレンデュラクリームをリクエストするのです。なぜ、「ミ」と言うかといいますと、カレンデュラクリームのパッケージが緑色だから「ミ」なのです♪今は、もう少し言葉がでるようになったので、「ミ 塗って!」と言ってきます。虫刺されにも、日焼けにも、湿疹にも使えるので、カレンデュラクリームは手放せません。

 

– コンビネーションキットと蚊よけローションのほうはいかがでしたか?

夫は風邪をひくとよくひどい咳に悩まされます。夜中に急にひどい咳が出始めたため、寝ていられなくなり、いつも使っている漢方の咳止めを飲んだのですが、なかかなか治まりません。ちょうど、コンビネーションキットが届いた頃だったので、のど用と免疫力対策レメディウムを飲ませてみました。すると、数分で咳が治まり、布団に戻った途端、ぐっすり眠ってしまいました。いつもは、何日も咳が続き、ひどいと2~3週間咳が残ることもあるのに、翌日には何事もなかったかのようにすっきりして出勤していきました。

漢方の咳止めは、飲めば効果があるのですが、長期で飲み続けると夫の腰の周りにじんましんのようなものがでてしまいますし、夫は、仕事があるので病院へもなかなか行けません。

レメディウムを使う前は、半信半疑だった夫ものど用レメディウムの効き目には驚き、今では愛用しています。

梨佳も風邪をひくと咳がひどくなるタイプです。以前、咳・のど対策ブレンドを飲ませたら、「味が嫌い」といわれたので、飲ませていなかったのですが、あるとき、もう一度試してみたら、今度は、「おいしい」と飲みました。そうしたら、夜、咳に悩まされずによく寝ました。以前は、咳が始まると吐きそうになるくらいだったのですが、今では、今日あたり危ないなと思ったときは、咳・のど対策ブレンドを飲ませるとひどくならずにすみます。

梨佳は、薬嫌いで困っていたのですが、レメディは喜んで飲んでくれます。ちょっと体調が悪くなりかけたときに、つぶつぶ飲もうか、と言うと、「元気が出るつぶつぶ(免疫力対策レメディウム)もね。」とリクエストしてきます。

以前、蚊よけローションを自分で作っていたのですが、効果が持続しなくて困っていました。我が家のまわりは、緑の多い環境なので、庭には蚊がたくさんいるのですが、マリエンの蚊よけローションを外に出る前に一度塗っておけば刺されません。効果は抜群です。子供達もいい香りがするのでいやがりません。

身体の冷えが母乳にも影響

隆が6~7ヶ月のころ、乳腺炎になりかけて、母乳マッサージ専門の助産師さんのところに行きました。自分では自覚がなかったのですが、

「体がものすごく冷えている!冷えているおっぱいがおいしいわけない!」
「風邪でもないのに子供の鼻水が止まらないのがその証拠」

と言われて、落ち込んでしまいました。

– 母乳改善のためなにか試してみましたか?

長女のときに助産院で勧められて、出産後の母乳を出やすく、またお産を軽くするために、ラズベリーリーフ単品のハーブを産前から産後しばらく飲んでいましたが、おいしくなかったですし、おっぱいへの効果はあまり実感できなかったので、また飲もうとは思いませんでした。

母乳育児を勧めるサイトを探していたら、たんぽぽコーヒーがよいということだったので、一年ほど飲みました。美味しかったですが、効果はなく、水分補給程度でした。

また、助産師さんからは、肉・牛乳など動物食をやめるようにいわれました。動物食をやめたら、隆の脂漏性湿疹は治りました。また、体の冷えを取るために、助産師さんのところで、羅漢果のエキスを買いました。お湯やたんぽぽコーヒーで薄めて飲むもので、3ヶ月ほどそれを続けて、初めのうちは体が温まるのが実感できていたのに、毎回「まだ体の芯が冷えている!」と助産師さんに言われてつらかったです。「もうこれ以上は、自分でなんとかしなさい」と突き放され、また羅漢果エキスは高額でしたので、もうその助産師さんのところに行くのは、やめようと思いました。

どうしようと困っていたところ、マリエンのハーブを思い出し、コンビネーションキットとカレンデュラクリームなどの効果を実感していたので、冷え性対策ブレンドを試してみることにしました。

冷え性対策ブレンドはとてもおいしくて、幸せな気持になれました。そして、飲み始めてから、子供の鼻水がぴたりと止まりました!

今は、授乳ブレンドも飲んでいて、飲み始めてからおっぱいトラブルもなく順調に母乳育児をしています。

日々の健康管理にマリエンアイテムは、
大活躍です♪

– マリエンアイテムを使ってのエピソードを教えてください。

★ 子供の怪我に使ってます。

1ヶ月前くらいに隆が家具に目の上をぶつけて、傷をつくってしまい、かなり出血しました。プチセットも購入していたので、アーニカのレメディを飲ませて、カレンデュラクリームをべたべたぬったガーゼで保護しました。

わりとすぐ泣きやみ、傷跡も半日くらいじゅくじゅくしていたのですが、落ち着き、治りかたも早いようです。

あと、隆が鼻の上をひどく打ちつけて青あざをつくったときに、アーニカクリームを塗ったら、半日くらいで青あざがうすくなって、翌日には何事もなかったかのように、青あざは消えていました。

隆は鼻が弱いようで、それほど寒くなくても気圧が低くなると鼻水がでるのです。鼻水が出ているなと思って気圧計を見ると、かなり気圧が下がっているんです。子供の身体は敏感ですね。鼻水には、鼻用レメディウムを使ってます。

 

★ 花粉症の鼻づまりや目のかゆみに

朝はアレルギーブレンドをたくさんつくってポットにいれておき、一日かけて子供と一緒に飲んでいます。食事やおやつのときの飲み物もアレルギーブレンドです。私は、花粉の時期に鼻がむずむずしたので、意識してアレルギーブレンドをこまめに飲みました。するとすっきりするので、外出が楽でした。

また、目もかゆかったので、ユーフラシアの目薬も使ってみました。皆さんが手放せないとおっしゃるのがよくわかります。かゆみがとまるし、さし心地が柔らかく、刺激がないのです。あと、疲れ目対策ブレンドの蒸気だけで、目がすっきりして感動しました。

バイタリティブレンドもとっておきの一杯です。リバイタルのおかげで、バテそうなときでもすっきり元気が出て、穏やかなのに確実な効き目は魔法のようです。昨秋の娘の運動会には、リバイタルに蜂蜜とちょうど手元にあったすだちを絞ってポットにたっぷり入れて持参し、雲ひとつない青空の暑い一日を不思議なくらい元気に乗り切ることができました。

今後の要望などありましたら

レメディの出し方やお徳用からレギュラーサイズへの入れ替え方を教えてほしいですね。あと、レメディを一粒づつ出しやすいような容器にしてほしいですね。他は、今の状態で満足しています。マリエンなしではいられません♪サイトもどんどん変わっているので、今後が楽しみです。

レメディやハーブを使うようになってから、子供の様子を以前よりももっとよく観察するようになったと思います。早いタイミングで、体調の不調に対処できるようになったことがよかったです。おかげで、病院へいくことも減りました。

どうか、もっとたくさんの人がこの心地よさを味わえるようにファンを増やしてくださいね!

<編集後記>
お忙しいところありがとうございました!
お家を改築されてから3年経っているそうですが、木のいい香りがまだしていて、森の中にいるようなくつろぎを感じました。お手製のリンゴ煮がとてもおいしかったです。隆くんもいっぱいお代わりしていました。(佐々木)

 

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら