ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】12/29~1/3・年末年始お休みのお知らせ 国際輸送が大変混雑する時期です。
年内にドイツ出荷をご希望の場合は、【12/26(月)23:59までに】カード決済完了・ご入金の完了をお願いします。

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! >  Vol.18 櫻井薫さん

 

仕事は開業助産師。
悩めるお母さんの悩みは様々

– 以前は看護師さん、そして今は開業助産師さんとお伺いしましたが、具体的にどんなお仕事をされていらっしゃるのですか?

現在の仕事は、メインとして保健所や保健センターでおっぱいケアの指導をしたり、育児相談にのったりしています。

「乳腺炎で辛い」、「母乳不足のような気がする」、「子どもの体重が増えないのは母乳量が少ないから?」等、お母さん達は藁にもすがる思いでご相談に来られます。

お母さん達の抱えるトラブルや悩みはいろいろですが、それぞれ切実で、ストレスは相当なものです。 それで思わず自分が持っているマリエンアイテムをプレゼントしてしまうこともあるんですよ。

– そうなんですね。 どんなものをプレゼントされるのですか?

それぞれの悩みに応じて、ですが、出産後のお母さんには、「乳腺炎が改善されますよ」とか、「母乳不足が解消しますよ」といって、授乳・乳腺炎対策ブレンドを差し上げることもあります。

妊娠中の方ですと薬が飲めないですから、アレルギーのある方にはアレルギー対策ブレンド、つわりや気分の落ち込み、マタニティーブルーの方には、マタニティブレンドのことも。 実は私自身、長女の出産後、乳腺炎に悩まされました。肩が凝って重く、本当に疲れやすくて、とても辛かった経験があるので、お母さん達の「辛い」というお気持ちがよくわかるのです。

もちろん、「これ効くから買ってみて!」なんていうことはできません。だから結局自分の手持ちのものからプレゼントして、「試してみてね」ということになっちゃうんですよね。でもそのあと、皆さん、「もっとハーブを飲みたい!」と、その後はご自身で購入されているようです。その他お友達に頼まれて、共同で購入することもありますね。

最初は、『まゆつばもの』
傍らでそんな風に見ていました

– 櫻井さん自身も小さなお子さんを二人(1歳と3歳の女の子)、子育て中とお聞きしました。ハーブやレメディはどのようにしてご興味をもたれたのでしょうか。

レメディに関しては、仕事柄、開業助産師さんたちと接する事が多く、皆さんたいてい、レメディを取り入れていらっしゃいました。それでずっと以前から存在については知っていました。

でも実のところ、最初は傍らでみていて、「まゆつばものだ」、「気休めだろう」くらいにしか思っていなかった、というのが本音です。

ハーブに関しては、別のお店のものを飲んでいたことがあって、効果も感じていましたので、昔から信頼がありました。でもそのお店が移転してしまって買えなくなったので、インターネットで検索して、マリエン薬局さんを発見。ハーブを購入することにしたんです。その時にレメディのこともみつけて、試してみようかな、と思ったのが始まりだったかな、と記憶しています。もうずっと昔のことで、よく覚えていないのですけど。

レメディは実際に使っている現場を目にしていたので、自分が使うことに不安や迷いはなかったです。ただ、ハーブと違って効果については完全には信じてはいませんでしたね。

「仕事は休めない・・・」 まずは自分から。
そして今では家族のお守り的存在に。

– 購入されたレメディはお子様用に?それともご自身用に?

最初は自分用でした。私は一人目を出産した時、子どもを保育園に預けながら看護師として仕事を続けていました。 お仕事のある方は皆さんそうだと思うのですが、「子どもは大切、でも、仕事だって休めない!」と、いつも体調には気を使っていました。

子どもはもちろんですが、その前に「とにかくまずは自分が身体を壊すわけにはいかない!」と思っていました。 自分が健康でなければ、子どもを守ることはできないし、仕事だってできません。 でも、不調だからといって薬ばかりに頼っているわけにもいかないですよね。 副作用が心配ですし、たくさんの薬を飲むことには抵抗があります。それで自然で身体にやさしいレメディを使ってみようと思ったのです。

もうはっきりとは覚えていないくらいずっと前なんですけど、レメディに関してはプチセットを購入したのが最初だったと思います。 何を購入していいかわからなかったのですが、ホームページで、「使われる頻度が高いレメディがセットになっている」と記載があって、それなら初心者の私でも気軽に始められるかな、と思って・・・。

「体調を崩しそう・・・」そんな気がした時など、新薬とは違って副作用の心配がないので気軽に飲んでいました。予防薬として飲むことが多いので何か劇的に回復した!という実感はありませんでしたが、その後、悪化することもなく、元気に仕事ができたのはレメディのおかげだと思っています。 実のところ、今でも気休めかな・・と思ったりすることがありますが、これがある、と思うと心強いんです。かなりお守り的な存在になっています。実際の効果も感じていますが、精神的な支えにもなっていますね。

そのうち子どもにも一緒に飲ませるようになりました。「これが新薬だったら大変!」というくらい手当たり次第に飲ませることもあります。でもどれだけ使っても副作用の心配が全くないので安心して飲ませられるのです。症状にマッチすれば病気は改善される、でも、たとえ飲ませたレメディが間違っていても「小さな砂糖粒を飲ませたくらいで、何も悪影響がない」だから本当に頼りになります。

もちろん、どのレメディが効きそうか、あらかじめ検討はつけていますが、単品レメディとレメディウム、たいてい数種類を組み合わせています。だからどれが症状にマッチしているのか正直なところ、わからないことも多いのです。

でも何かがマッチしているんでしょうね。結局、自分も子どもも体調不良に悩まされることなく元気にしているんです。子どもは元気に保育園へ、そして私は仕事へ。病気も長引かないですね。ありがたいです。

– お仕事があると忙しくて、本をじっくり読んでレメディを選択している余裕もないですよね。

そうなんです。本は何冊か持っていて参考にしています。1種類ですぐに症状とマッチすればいいのですが、実際はそうでないことも多くて・・・。「仕事が休めない・・・すぐに良くなってくれなきゃ困るのに・・・。」こういう時は焦ります。

対策として、いつでも飲めるように出番の多い何種類かのレメディやレメディウムを適量ずつ1回分の小分けにしています。体調が優れない時、自分で飲んだり、家族みんなに飲ませたりしています。 レメディウムとレメディでオリジナルなブレンドレメディを作っています。免疫力対策レメディウム+風邪対策レメディウム+症状に合いそうな単品レメディ数種類。こんな感じでしょうか・・・。 レメディウムも単品レメディもその時によって違うものを混ぜたりしています。

そういえば、レメディやレメディウムを始めて間もない頃、上の子が風邪をこじらせて肺炎になってしまったことがありました。病院では、長期化するタイプの肺炎だと診断され、何週間か毎日続けて抗生物質を飲ませなければならないことになったんです。

でも新薬をそんなに長い間飲ませることに抵抗があって・・・それで、本を頼りに、娘の症状に合いそうなレメディをいくつか注文しました。病院から処方された薬と併用しながらレメディウムや単品レメディをいろいろ試してみたのです。

この時、レメディを飲ませるとひどい咳込みは不思議と治まりました。 咳がひどくてかわいそうだったので本当に助かりましたよ。肺炎自体が劇的にケロリと治ってしまった、ということはありませんでしたが、病院で処方された薬が途中で不要になるくらい回復したんです。

何もしていなくて病院の薬だけを飲ませていたら、きっともっと長引いていたような気がします。薬ももっとたくさん飲ませなければならなかったと思いますね。

何のレメディがマッチしていたのか・・残念ながらいろいろ試していたので分からないというのが正直なところです。でも、病院で診断されていたより早くに回復したのは本当によかったです。レメディのおかげだと思います。

「ねんざは仮病だった?」「乾燥性の湿疹対策」
「マスクなしでお花見に♪」 たくさんの欠かせないアイテムたち

– 何か特別にご愛用されているマリエンアイテムはありますか?

アーニカクリームかな。下の子は6ケ月のころから保育園に通っていいて、ずっとレメディを飲ませているおかげか、体調を崩して休むことがほとんどありません。すごく元気なのですが、代わりにケガが多いんです。なのでやっぱりアーニカクリームは外せないですね。クリームも、それからアーニカのレメディにもとても助けられています。

これは自分のことになってしまうのですが、子どもが二人ともまだ小さいので、家の中でも私が抱っこして階段を上り下りすることが多いのです。それである時に足を踏み外してねんざしてしまって・・・。 朝、保育園に子どもたちを送って行った時にも、痛くてまともに歩くことができない状態でした。そんな私の様子に先生達がすごくびっくりされて、骨でも折ったのか、とすごく心配していただいたんです。ところがそのあと家でアーニカクリームを塗っておいたら次の日には痛みがすっかり治まってしまって、普通に歩けるようになったのです。

翌日保育園にも前日とは全く違う様子で普通に歩いて登園したので、まるで「昨日の私は仮病でした」みたいな感じで・・。 ものすごく恥ずかしかったです。ホントに痛かったんですけどねぇ・・・アーニカクリームのおかげで一晩で痛みが消えてしまったみたい。だからこのクリームは自分用にも、子ども用にも手放せないですね。

ただ、二人の子どもをそれぞれ片手で一度に抱っこすることが多いので、私は「腱鞘炎」にも悩まされているのですが、これに関しては、原因を取り除くことができないので、完治はしていませんけどね。

カレンデュラクリームも重宝しています。下の子が特に、皮膚が弱くてかさかさで、乾燥性の湿疹ができてしまうんです。症状も重くて、一時は首までも炎症が広がっていたのですが、カレンデュラクリームと皮膚疾患用レメディウムを併用してだいぶきれいになってきました。ステロイドはやっぱり使いたくないので、この調子で完全に良くなることを願って根気強く続けていきます。

– その他にもたくさんのアイテムを試されていらっしゃいますね。ほぼ全商品を試されているようです。

ホントに。 最初は「まゆつばもの」なんて疑っていたのですが、実際使ってみたら「これはなかなかいいかも・・・」と、あれよあれよ、という間にいつのまにかどっぷりつかっていたという感じです。たとえ間違って服用したとしても、副作用の心配がないのが何よりも、本当に心強いです。

産後の抜け毛には育毛用レメディウムを使いました。それから子どもが保育園で胃腸炎をもらってくるので、私もよくうつされてしまうのですが、その時には親子共々胃腸用レメディウムで乗り切っています。

あと、出産後のしみ対策に美白ブレンドで作成した化粧水も愛用しています。使い心地はやはり市販の化粧水に負けますが、効果は高いです。こちらも最初は信じていませんでしたが、効果を実感したので今度はマリエン・セルフケア 美白レシピにのっていた美肌ブレンドと美白ブレンドの併用で作れる化粧品なんかも試そうと思っています。

さらに、今年の春は花粉症対策のマスクなしでお花見に行くこともできました。これは毎年症状がひどい私にとって、本当にすごいことです。アレルギー対策ブレンドは毎年飲んでいましたが、今年は花粉症ケアセットも購入してみたのです。この中のガルフィミアが症状にあっていたのか、鼻がむずむず、鼻水がでてきたな?という時に口に含むと、すぐにラクになるのが感じられました。

– 現在何かお悩みの症状はありますか?

そうですね、身体が冷えているせいかむくみが気になります。冷やさないように、と思っても、仕事はあるし、子どもはいるし、致命的でない悩みは後回しになってしまうことも多くて。どうしても身体が冷える傾向にあるみたいです。

対策としてハーブティーをいろいろ飲んでいます。クリスマススペシャルブレンドなんかも飲んでいました。去年の夏はサマースペシャルブレンドもよく飲んでいましたね。利尿作用があるものはやっぱりいいです。その中でもアレルギー対策ブレンドが一番むくみ解消に効果があるような気がします。身体を温めるということで、冷え性対策ブレンドも飲んだりしたのですが、寝る前にゆっくり温かくして飲む、ということがなかなかできず・・・。

なので、むくみが気になるときには、なんとなく気軽に飲める?という点と、すぐにスッキリとした効果が感じられる、という点から、今ではアレルギー対策ブレンドを飲んでいます。利尿効果があるからすぐにトイレに行きたくなります。すっきりとしてむくみが改善されるのが感じられるのです。

もっと、もっと知識を深めたい。

– レメディを使おうか、迷っていらっしゃる方への一言アドバイスをお願いします。

「自然療法を始めたいけど・・実際はどうなの?」そんな風に思っていらっしゃる方がいたら、私のように少しずつ試して、効果を実感してみる、というのはいかがでしょうか。それでよかったら続けてみる。それでいいと思います。

むやみに「薬」に頼りたくない、そんな私には、副作用のない自然療法はとても心強い味方です。 自分、そして家族の体調不良を察知したら、とにかく使ってみます。手当たり次第になることもあります。でも副作用がないから本当に安心。 そして困ったときにはこれがある、と思えることが何にも代え難く、精神的に助けられます。もっと本格的に勉強して、いまよりももっと知識を深めたいです。

 
小さなプラスチックカップや湯飲み茶碗にオリジナルブレンドのレメディ類が。
家族が困ったときにささっと服用できるよう常に準備。
忙しいお母さんならではのアイデアですね。

<編集後記>
お忙しいところ本当にありがとうございました!
美白レシピのおかげ? ピカピカのお肌でゆったりとほほ笑む櫻井さんは、仕事と育児を両立中。そんな超多忙な毎日を送っているようには思えないほど、落着きがあって穏やか。 でもお話からはご自身のお仕事に対する考え、そしてご家族の健康を管理するという、しっかりとした意思が感じられるとても素敵な方でした。 この日、インタビュー後もお仕事を予定されていたとのこと。 お忙しい中本当にありがとうございました!

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら