ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】12/29~1/3・年末年始お休みのお知らせ 国際輸送が大変混雑する時期です。
年内にドイツ出荷をご希望の場合は、【12/26(月)23:59までに】カード決済完了・ご入金の完了をお願いします。

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! >  Vol.19 池田清美さん

 

子どもの足裏にできた赤い点。
いつの間にか大きくなっていて。

– お子さんのウィルス性のイボにカレンデュラクリームが効いたとお伺いしました。

そうなんです。ホントにびっくりしたお話なのですが、カレンデュラクリームを根気強く塗り続けていたら治ってしまったのです。
私にはもうすぐ3歳と6歳になる娘がいるのですが、夏休みのある日、上の子の足の裏に赤い点のような物ができているのを見つけました。最初は虫刺されかな~、なんて思っていたのですが、そのうちにどんどん大きくなり、膨らんできて、 直径1cmくらいになってしまいました。

子どもの1cmって大きいですよね。それで気になって皮膚科に連れて行ったところ、「ウィルス性のイボ」と診断されました。
お医者さんにはウィルス性のものだから他の場所や人にも移るかもしれないよ、と注意事項を教えていただきました。治療方法としては、「冷却処理を何度かして取る」という方法で、その治療は「少し痛みを伴う」ということでした。

何か不快な症状があるとか、すぐに治さないといけない状態であれば、お医者さんでの治療が一番だと思いました。でも子どもに聞いても、このイボは痛くもかゆくもない、と言うのです。それならわざわざ痛い思いをさせるより、のんびり治してみようか・・・そんな風に考えたのです。これまでカレンデュラクリームで傷が治った経験がたくさんあったので、もしかしたらイボにも効くかも・・・やってみようかと。

そしてその日から私の実験が始まりました。

痛くないからのんびり治療。
イボは姿や形を変えて!?

– マタニティブレンドは飲んでみて、いかがでしたか?

1日1回、クリームの成分がよく浸透するように、お風呂上がりで肌がまだ水分を含んでいる、なるべくやわらかい状態の時に塗るようにしていました。足の裏だったので、すぐにクリームが取れてしまうことも考えて、上からばんそうこうを貼って保護したり。そんな風にしばらく続けていたら、だんだんとイボに変化が出始めたのです。生々しいお話で恐縮ですが・・・

最初は固い皮の塊みたいだったイボがだんだんと柔らかくなり、ふやけていきました。その後、イボがいそぎんちゃくみたいな・・・繊維状の小さな塊になったのです。

細かな繊維が縦方向に固まっているような。ちょうどイソギンチャクが口を閉じているような状態とでもいうのでしょうか・・・。 触ると、細かな繊維がパラパラと口を開きそうな状態・・・。

それでもさらにクリームを塗り続けていたら、だんだんその塊が、ケガをした後のかさぶたのような状態に変化していきました。そしてどんどん小さくなり、最後にまっ平になってしまいました。 そして端が少しめくれてきたのでその薄いかさぶたをピラリとはがしてみると、なんと下にきれいなピンク色の、まさに生まれたての赤ちゃんのようなつるつるのお肌が出てきました!! そう、イボがきれいに取れたのです!!!子どもも私も大喜びで大興奮でした。

その後、「写真を撮っておけばよかった・・・」、と後悔しました。いろんな姿に形を変えて、その変化がとても面白かったですよ。私は子どもの病気やけがの記録を日記に付けているのですが、それをみると大体1ヶ月弱で完治したようです。

完治して2年以上経ちますが、足の裏を探しても、どこにイボがあったのかもうわかりません。こんなにきれいに治って本当に感謝しています。

– すごいですね!ウィルス性のイボは、小さなお子さんによくできる皮膚疾患だそうです。通常、皮膚科ではレーザーで焼いたりしてとるのが一般的のようですが、痛みがあることも。今回は痛みもなく自然にとることができてよかったですね。

本当に。私もびっくりしたと同時に、植物の力ってすごい!!と改めて感心しました。それだけクリームの成分が子どもの皮膚に浸透した、ということですよね。やっぱり 身体につけるものは気をつけなくては!と再確認した出来事でもありました。

下の子は便秘がち。
ある日お尻をみたら!!

– ハマメリスクリームでも劇的な発見があったとか。

今度は下の子の話です。1歳過ぎごろからひどく便秘がちになってしまって。

もともと、2日に1回くらいしか便が出ない子だったのですが、そういうサイクルでも問題なくスルリと出ていたので、この子はこういうリズムの子、と考えていました。
ところが、1歳を過ぎたころからだんだんその2日に1回のウンチの時に痛がるようになったのです・・・。出血もして、そうなると「痛いからウンチをしたくない」なんて言うようになりますよね。 
傍で見ているだけでは状況がわからなくて、どうしてあげたらいいものか・・・と悩んでいました。でも、2歳になる前のある時、ちょうど便をするところを見ていたら、肛門の中が裂けるように切れているのを発見したのです。 それが原因でウンチをするたびに切れて、そこから出血していたのですね。 肛門の入口が切れて出血しているのかと思っていたらそうではなかったのです。 実は私も産後に経験があったので、それがどれだけ辛くて痛いかよく分かっていました。 まだ2歳にもならない子が・・・こんなに小さな子が、トイレのたびに痛がっている、そうと思うととてもかわいそうで・・・

そして、マリエンさんで「ハマメリスクリーム」があるのを見つけて早速試してみたのです。

– 使ってみていかがでしたか?

すぐに効果を実感できました。ウンチをするときに中の傷口が大きく開いて出血するので、便がでる直前に指にクリームをつけて、さっと塗るようにしました。そうすると傷口が保護されて、痛みが軽減されたようです。さらにクリームの油分のせいか、スルリと出るようになったのです。

便が出た後にももう一度傷口に塗りました。傷口はすぐにふさがって治りましたが、完治した後も、塗ってあげるだけで娘が安心するので、しばらくの間は便をする前後に塗ってあげていました。小さいながら精神的な部分でもこのクリームを頼りにしていたようです。

つらそうにしている娘を前にして1年近くも悩んでいたことでしたが、ハマメリスクリームのおかげであっという間に治癒しました。うれしかったですね~。娘も今では大きくなり運動量も増えたせいか、順調に便通があって、すっかり便秘も解消されました。
その後、娘と同じ症状で辛い思いをしていたお子さんのお母さんにも、さっそくハマメリスクリームをすすめてみました。すると「すぐに治った!」と、うれしい報告を受けました。

このクリームの即効性、すごさを実感したので本当はもっとたくさんの方にお伝えしたいのです。 でも「痔」なんて、普段はあまり話題になるような話ではないですよね・・・。だから、子どものことでたまたまそんな話が出た時には紹介したりもしますが、それ以外では難しいので残念だな、って思っています。

常備しているアイテムはたくさん。
やっぱり「安心」に尽きるから。

– その他にもクリームやジェル、チンキ等、たくさん使っていらっしゃいますね。

そうですね。最初に購入したのはもう5年ほど前になるかと思います。上の子が0歳で歩き始めたころで、転んだり、ぶつかったり、ケガも増えてきた頃でした。

最初に購入したのは育児サークルの友人から紹介してもらったカレンデュラクリームでした。子どもがなめても安心な成分のみでできている、ということを聞いて注文してみたのです。

手に触れたものを何でも舐めてしまう時期、成分が良くわからない市販の塗り薬を使うのはためらわれました。やはり肌に優しい天然成分の物は安心して気軽に使うことができましたね。最初は何か特定の目的で、というわけではなく、カレンデュラクリームを注文し、ケガ、虫刺され、何でも普通の塗り薬の代わりに使っていました。 

皮膚に浸透・吸収するものですからやっぱり小さな子どものことになると心配で・・・塗布する量も気にせず、素人判断でつけ過ぎてしまうことがあっても、長期使用しても大丈夫、というのは大きな安心でした。

そのうち、用途に合わせていろいろ試すようになったのです。うちの子たちは、幸い、アトピー等のアレルギー症状はないのですが、蚊に刺されやすいというか、幼稚園でもよく蚊に刺されて帰ってきました。 もちろん、まずは蚊に刺されないよう対策をするのですが、どうしても避けきれないこともあります。蚊に刺された後は、大きく真っ赤に腫れあがって、痒みが強く、掻くと傷になってじゅくじゅくになり、最後にはとびひのような状態になってしまうのです。

それで病院に連れていくと、決まって虫刺されによる「ストロフルス」だと診断されます。蚊に刺されるたびにそんな状態になって、いつもステロイドを処方されるのです。

先ほどお話ししましたが、やっぱり肌につけるものは安全なものを使いたいと思っていました。ステロイドの安易な使用には抵抗がありますからね。
そんな理由で、手持ちのクリーム類を状況に応じでいろいろと使い分けたりと、試行錯誤するようになりました。まずカレンデュラチンキは消毒用として、スプーン1杯のお水にチンキを1滴たらして作り、虫刺されを見つけたらその部位につけるようにします。
大きな水ぶくれになったら今度はアーニカクリームを塗ってみたり、つぶれてじゅくじゅくの状態になったらカレンデュラクリーム、まずは、病院に連れていく前にいろいろ試してみるのです。 やっぱり何もしないより回復はずっと早いですね。

その他、外で遊んでいて、ケガをした時などにももちろん使っています。薄めたカレンデュラチンキは鼻の調子が悪い時に綿棒で鼻の内側(粘膜)に塗るとスッキリしますね。

たくさんのクリームやジェルを持っていますが、今でも、この時はカレンデュラクリームがいいかな、あるいはアーニカクリームがいいのかな、なんて、迷いながら使っていますよ。どれが一番効くのか、日々研究ですね。

肺炎の一歩手前。
ハーブでは咳肺ブレンドにも助けられました。

– その他、咳・のど対策ブレンドでも効果があったとか?

はい。下の子がまだ0歳のころの話です。気管支が弱いらしく、冬に呼吸器系の風邪になってしまい、それがとてもひどくて、肺炎の1歩手前くらいまで行ってしまったのです。呼吸がヒューヒューしていて、咳が苦しそうで、かわいそうでした。 
まだ0歳ですからその時には母乳しか飲ませていなかったのですが、不思議ですね。母乳以外は受け付けない子が、なぜかぬるめに淹れた咳・のど対策ブレンドだけはごくごく飲んでくれたのです。まるで自分が必要としているものを本能的に感じとっているかのようでした。

効果はてきめんでした。ひどい咳もおさまり、本当に助かりました。翌年も同じように肺炎の一歩手前までのひどい風邪を引きましたが、早めに咳・のど対策ブレンドを飲ませて乗り切ることができました。このブレンドは少し甘味があり、ちょっとトロッとした感じの飲み心地ですよね。

私自身は、乳腺炎だったかな・・・ちょっと忘れてしまいましたが、母乳育児中、辛かった時に、授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んで良く効きました。

でも実はカモミールがちょっと苦手で、初めて飲んだ時、「うわ、これは飲めないかも~」って思ってしまったのです。 「でもたくさん余っているし、もったいないな~、なんとか飲めないかな・・・」と、いれ方をいろいろ工夫しました。 そして試しに水出しにしてみたところ、とても飲みやすくなったのです。カモミール独特の匂いがしなくなってすこし甘みが増したように感じられました。 水出しでもトラブルが改善できたのでよかったですね。

家族のため、
自分のためにこれから試してみたいこと。

– 今後試してみたいアイテムなどはありますか?

ハーブティーですね。美肌ブレンドとか美白ブレンドとか、興味はすごくあります。でも味が心配でなかなか踏み出せずにいます。以前購入した、授乳・乳腺炎対策ブレンドのように、買ってから「あ、これ苦手・・・」と思ってしまうことが怖くてなかなか踏み出せずにいるので、まず注文の前に味がわかるといいな、と思っています。

– 確かに味は重要ですよね。マリエン薬局がサンプルを出していない理由として、やはりある一定期間、継続して確かな効果を実感してほしい、という思いがあるのです。ほんの1杯~数杯ご飲用されて、やっぱり効果がない、そんな風に思われてしまうと本当に残念なのです。

そうですよね~。分かります。効果があるんだろうな、効くんだろうな、飲んでみたい、そんな風に思っています。でもどんなに効果のあるものだとしても、万が一、味が苦手だと続けるのが大変だろうな、と思うと、そこで足踏みしてしまいます。それで本当はすごく興味があるのですが、ついつい敬遠してしまいます。

味についての説明をもう少しホームページ等にご紹介していただけると、イメージしやすいと思います。個人差もあると思いますが、苦いとか、甘いとか・・・。

娘も私も冷え症なんですね。だから冷え性対策ブレンドも試してみたいし、主人は視力が悪くて目にトラブルを抱えてしまうことも多いので、疲れ目対策ブレンドとか、本当はハーブティーもたくさん試してみたいです。

– 確かにそうですね。たとえば冷え性対策ブレンドは、果実が入っていてハーブティー、というより甘酸っぱくてフルーツティーのようです。疲れ目対策ブレンドは、花びら等がはいっていて見た目にもきれいです。味は、少し説明しづらいのですが、苦味のないハーブのお茶、という感じで、強い香りでもなくすっと入ってくるので飲みやすいです。ホームページでもご案内していますが、眼の直接洗浄もできるので外側からも内側からもケアができる優れ物です。

そそうですか~。よく分かりました。そういう説明でいいのです。味の感じ方には個人差があると思いますが、少しでもイメージができたら、「これなら大丈夫そう、飲んでみようかな・・・」という気持ちになりますね。

– 少しでも味のイメージが、ということなんですね。マリエン薬局のこれからの検討課題にさせていただきたいと思います。

是非お願いしたいです。どこか分かりやすい場所に案内があるとうれしいです。その他では、レメディももっと使えるようになりたいです。いくつか持っているのですが、なかなか使いこなせていなくて…

– 確かにレメディは症状にマッチしないと改善が感じられなかったりするので選択が難しいですよね。レメディの本などをご参考になると選びやすくなりますよ。

(メモを取りながら)そういうものがあるのですね。早速探してみようと思います。 なかなか難しくて、いまは持っているだけということが多いのですが、これから活用したいと思います。 うちは、子どもが生まれてから自然療法を家族で実践しています。子どもが生まれる前と後では、生活が180度変わってしまった、と言ってもいいくらい。 健康に気を配れるようになったのは子どものおかげ、といっても過言ではないです。これからも家族みんながずっと健康な毎日を送れるよう、なるべく薬に頼らず、自然の力を借りていろいろと研究していきたいと思っています。

 

<編集後記>
お忙しいところ本当にありがとうございました!
かわいらしいポーチの中には小分けにしたクリームや、ジェル、チンキ類、そしてレメディがどっさりと入っていました。 その他にもいざ、という時にすぐに対応できるようにと、整体を基本とした手当法を習いに行くなど、ご家族の健康を第一に考えた自然療法を、毎日の生活に取り入れ実践している池田さん、優しい口調と笑顔が印象的で、とても幸せなご家族の様子が浮かんでくるようでした。(田中)

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら