ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.28 さとしさん・ちえさん

 

全身に広がった湿疹。ステロイドの副作用。
何とかしなければとインターネット検索

– 代替療法を試してみようと思ったきっかけは何でしょうか?

(ちえさん)元々、皮膚が弱く、手荒れや化粧かぶれがありました。その頃、医師に処方された副腎皮質ホルモン、ステロイドを使っていました。
当時通っていた皮膚科はステロイドの使い方や副作用について注意するようなところではありませんでした。ハンドクリームのように気軽に処方され、私も湿疹が悪くなったら塗って、きれいになるから、また塗って…というように恐怖心もなく使っていたのです。それがある日、突然、眼が開けられないくらい顔が腫れてしまって…。のちにステロイドの副作用でムーンフェイスという症状だと知りました。

そして、いつしか症状は落着きましたが、妊娠初期の頃、また再び手から湿疹が出はじめ、それが全身に広がってしまったのです。

(さとしさん)当時はステロイドの副作用で爪もボロボロだったんですよ。でもステロイドを塗らないと痒いし、湿疹が広がるという悪循環に陥ってしまって。今回は、ステロイドを使わず、なんとかしなければと、インターネットで検索を始めました。

さまざまな代替療法を試して、
一時的には肌がきれいに

– どんなものを試されましたか?

(ちえさん)いろいろです。ヒーリングの先生に見ていただいたこともあります。食事も添加物やアレルギー物質を食べないよう気をつけました。例えば、小麦粉などは輸入物だと農薬の残留が多いので、国産の小麦粉に切り替えたりしました。

漢方薬も取り入れ、毎日、飲みました。試した中では、漢方薬がいちばん効果を感じました。その後、早産気味で1か月ほど入院してしまったのですが、その間、食事も病院食で規則正しいものになりましたし、水にも触らなかったせいか、何が効いたのか分からないですが、妊娠後期には肌がきれいになりました。

湿疹の再発に「これではダメだ」と
レメディを徹底的に検索

– レメディを知ったのはいつですか?

(ちえさん)妊娠中に遊びに行った友人が、レメディを使っていて勧められました。 赤ちゃんを持つママですが、薬も飲ませなければ、予防接種も受けさせない・・・というように徹底的に取り組んでいました。その様子から、もしやるなら相当の覚悟をもって取り組まねば・・・という思いはありました。

(さとしさん)「ああいうのもひとつの考え方だね」と話し合ったのを覚えています。もし、生まれてくる子供がアレルギーなどを持っていたら取り組むことも考えました。

– レメディを取り入れようと思ったきっかけは?

(ちえさん)出産直後は肌の調子が良かったのですが、しばらくしてまた湿疹が再発、赤ちゃんも生後1か月ぐらいでアトピー気味になってしまって。遺伝なのか・・・と暗澹たる思いがありました。病院に行くと、処方されるのはやはりステロイド。「これはダメだ」と何かいいものはないかと検索を始めました。大人は漢方薬を飲めますが、赤ちゃんは飲めないし、放っておくと肌は荒れてくるので何か安心できるものを、と思ったのです。

(さとしさん)この機会にレメディを試してみようということになったのですが、ステロイドが科学的な療法だとしたら、レメディはその対極にある自然療法です。ぶつかりあう方法論だし、本当に何がいいのだろうと2人で話し合いました。妻は子育てで身動きが取れなかったので、僕がとりあえずレメディの説明会を聴きにいきました。

– そこではレメディは購入なさったのですか?

(さとしさん)説明会の会場でレメディの即売会もあったのですが、そこでは購入しませんでした。インターネットで調べて、レメディを販売しているサイトが数多く存在していることや、さまざまな会社が出していることも知っていました。「ほしければ購入して帰るけど、レメディも製造している会社が違えば、成分も異なるし、量も違う。どうせ買うのだったら納得したものを買ったほうが良いと思う」と、妻に電話で話して、一旦、家に帰って調べることにしたんです。

(ちえさん)主人の英会話の先生がレメディを使うことに背中を押してくれました。インドでは普通に使っているそうです。イギリスでもドラッグストアにレメディが売っているというのも聞いていましたので。

ドイツの薬事法のクリアしたレメディだから
安心して使えました

– ネット上に数ある自然療法ショップ。そのなかでマリエン薬局を選んだ理由は?

(さとしさん)臨床に基づいたドイツの薬事法をクリアしているのがマリエン薬局だけでした。日本で販売しているものだと砂糖だと言われれば、それまで。何の保障もありません。ちゃんと認証されているところで買ったほうがいいのではないかということになりました。

(ちえさん)「お客様の声」に湿疹や赤ちゃんのアトピーが改善したという投稿も多く、評判が良かったので、Weleda社のカレンデュラクリームを購入してみようと思いました。

(さとしさん)レメディを探していたのに、「クリームをオーダーした」と聞いて驚きましたけどね。

カレンデュラクリームとハーブで
湿疹の改善を実感しています

– Weleda社のカレンデュラクリームを使ってみていかがでした?

(ちえさん)まずしみなかったことが感動しました。それに保湿力もありました。市販のハンドクリームを含め、しみないものはステロイド以外ありませんでした。病院で処方された保湿剤はしみないけれど 保湿力がなく、かえってひび割れてきたり、付け心地が良くありませんでした。でもカレンデュラクリームは手が守られている感じがあったし、赤ちゃんが舐めても大丈夫ということで安心でした。塗ると私の湿疹も治まってきて、徐々に調子が上がる感じがしたので、使い続けました。

なによりも驚いたのは、子どものオムツかぶれはあっという間に治ってしまったことです。それを見て、「これは効く」と確信しました。赤ちゃんや子供に比べて、大人は回復が遅いかもしれないけど、きっと私の湿疹も改善していくに違いないと思いました。

アトピー気味だった赤ちゃんの肌はどんどん良くなっていきました。Weleda社のカレンデュラクリームから、マリエン薬局オリジナルのスキンケアシリーズにシフトしていき、赤ちゃんの肌半年ぐらいでツルツルになりました。

– 新しいマリエン薬局のスキンケアシリーズはいかがですか?

とても使いやすくていいですね。エアレス容器はプッシュできて、最後まで使いきれるのがいいです。ブッシュする加減によって量を調整できるのもいいですね。今はWeleda社のカレンデュラクリームとともにモイスチャージェルとボディローションの重ね塗りして使っています。使い心地もやわらかくてとても気入っています。

ジェルは保湿力も高いのに、さっぱりした使い心地なので汗ばむ季節にはとても良さそうですね。 とにかく安心して使えるということは、本当にありがたいです。

– カレンデュラクリームの次にレメディウムを試されたんのですね。

(ちえさん)クリームでドイツの自然療法の効果を実感して、それで次にレメディウムも試そうと思いました。小さいサイズを買って試して良かったので、すぐにお徳用サイズを買いました。今では皮膚疾患用レメディウムと免疫力対策レメディウムそして風邪用レメディウムを併用して使っています。赤ちゃんにはレメディウムを水で溶かし、スポイドで飲ませています。嫌がらずに飲んでくれます。体調が悪くなったというときには、すぐに病院に行けないこともあるので、役に立っています。

(さとしさん)大人も赤ちゃんも安心して飲むことができるので便利ですね。効いてくれればラッキーといったように気楽な気持ちで試しています。

– 飲んでみていかがでしたか?

(ちえさん)皮膚疾患用レメディウムで私の湿疹も随分と落ち着いてきましたし、赤ちゃんの肌もきれいになっていきました。悪化することはないので、効いているのだと思います。

免疫力対策レメディウムに出会う前は、年中風邪を引いていたのですが、このレメディを飲み始めてから風邪を引かなくなりました。また調子が悪くても軽く済むようになりました。

風邪用レメディウムはとても役に立っています。私は仕事をしており、赤ちゃんが発熱すると保育園に預けられないので、本当に困ります。まだ赤ちゃんなので現代医療の薬を飲ませるのに抵抗があったのですが、軽い発熱だったらレメディウムだけで対応できます。少々のことだったら、小児科に連れて行ったり、抗生剤に頼ることなく熱も下げることができるのが嬉しいですね。

(さとしさん)僕はアレルギーということではないのですが、ハウスダストに反応することがあって鼻用レメディウムを飲むことがあります。劇的に効くというより、症状があったことを忘れてしまうということはあります。

– 次にメディカルハーブを試したのですね。

(ちえさん)漢方を再開してもよかったのですが、何か違うものを試したいと思ったのです。現在では、アレルギー対策ブレンドとデトックスブレンドを継続飲用しています。

「お肌に効いている!」という実感がありますね。元々コーヒーとかを飲まず、会社にいるときはお水を飲むようにしていたのですが、いまはポットを持参し、お湯を継ぎ足しながらハーブを飲んでいます。メディカルハーブのためにミルも購入しました。やはり細かくすると、抽出の濃さが全然違いますね。薬効成分を飲みつくしている感じです。

– それぞれのブレンドの効果を実感しましたか?

(ちえさん)とても。元々汗かきでしたが、デトックスブレンドでさらに代謝が良くなる気がします。チョコレートを食べた翌日など、しっかりデトックスされて吹き出物として出ます。とにかく体から悪いものを出せということなのでしょうね。湿疹のほうも良くなってきているので、効いていると思います。 アレルギー対策ブレンドで印象的だったのは、毎年、春になるとくしゃみをしたり、鼻がグスグスして花粉症デビューしてしまうかも・・・という状態だったのが、今年はまったく平気でした。 この間から風邪対策ブレンドも飲み始めたのですが、母乳を通して成分を吸収しているからか、赤ちゃんが最近ほとんど病気をしなくなりました。

メディカルハーブはずっと続けたいと思っています。 産後2ヶ月で職場復帰できたのは、こういったさまざまな自然療法を試して、きちんと取り入れていったことが大きかったと思っています。今から考えると、自分でも「よく頑張ったな」と思っているんですよ。

– 漢方にも効果を感じていらっしゃったとお話されていましたが、メディカルハーブと漢方とどちらがいいですか?

(ちえさん)メディカルハーブですね。漢方薬も効いたのですが、メディカルハーブの方が効果を早く感じましたね。それに漢方薬は1日に飲む量が決まっていたり、漢方薬だけでなく食事療法を一緒に実行していかなければなかなかったり・・・と、守らなければならないことが多いのですが、メディカルハーブは自由に飲めるところもいいと思います。味もメディカルハーブのほうが美味しくいただけます。

 
ちえさんがお使いのマリエン薬局のアイテム。
レメディウムのふたにマジックで書かれているのは、1回に飲む粒の数。
右下のガラス瓶にはミルで挽いたメディカルハーブが入っています。

マリエン薬局を利用した感想について

– 海外のショップですが利用してみていかがしたか?不安はありませんでしたか?

商品を選ぶ際には「お客様の声」が参考になってよかったです。またマリエン薬局のロイター薬局長さんや薬剤師のモニカさんのページがあるのも安心できました。

海外のネットショップですが、『個人輸入扱い』だということを、しっかり説明がなされているのでよかったです。大事なことですからね。荷物もひとつひとつ手作業で梱包されている感じで素敵です。

– 他に試してみたいアイテムはありますか?

肩凝りや打ち身にはアーニカクリームとても効くらしいですね。使ってみたいと思っています。

マリエン薬局の自然療法について、
もっと情報発信をしていってください

– 何かショップに要望があれば教えてください

(ちえさん)もっともっと自然療法が広がったらいいと思っていて、ブログで紹介しているんですよ。読んでくださった方から「是非使ってみます」とメッセージをいただいたりしました。自然療法は多くのなかのひとつの療法だということが、もう少し日本に浸透すればいいなと思っています。現代医療では何でもステロイド!ですが、こんなに良いものがあることを、多くの医療従事者の方々にお伝えできないかと、思うことがしばしばあります。

(さとしさん)日本は予防医学が遅れています。しかし昨今、政府や企業でもかさむ医療費が問題になっていますから、そういう背景から自然療法を含めたセルフケアが注目されていくかもしれませんね。今がチャンスかもしれません。でも予防接射も受けさせないのが自然療法というように誤解されてしまうと、日本で認められるにはハードルも高くなると思います。「自然療法とは関わらない」という人も出てくるかもしれません。 実際レメディを使ってみると、怪しげなものでもなければ、危ないものでもない。現代医療と自然療法を敵対させるのではなく、その場その場でベターな選択をしていけばと思っています。マリエン薬局は臨床に基づいたドイツの薬事法の認証を取っているわけですし、ドイツの自然療法について、ショップとしてどんどん情報発信していってほしいですね。

 

<編集後記>
とてもお洒落で綺麗なちえさん。8ヶ月の赤ちゃんのママととても思えません。さとしさんも知的で優しい方。インタビューは奥様が明るく話すのを、さとしさんがスマートにフォローするという形で進みました。とても素敵なご夫婦でした。(宍戸)

ご紹介したアイテム

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら