ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.32 くるみこさん

 

度重なる高熱に悩まされて・・・

– ショップを知ったきっかけを教えてください

長女が3歳を過ぎた頃から、風邪をひいて高熱が頻繁に出るようになったんです。生まれてからずっと体が弱かったというわけではないのですが、一度熱が出てからは発熱を繰り返し、病院に行っても大量の薬をもらうだけでどんどん体が弱くなっていくような感じで、根本的には何も変わらない状態をもどかしく感じていました。マヌカハニーやプロポリスなど体にいいと言われているものを色々試していたのですが、なかなか体調の変化はみられませんでした。

そんな時、長女が通っている幼稚園の園長先生から評判の鍼を薦められてたことがきっかけで、鍼に通っていた友人と自然療法について話すようになったんです。その友人から鍼とレメディを併用していることを聞いて、レメディに関する本を貸してもらいました。本ではいくつかのショップが紹介されていて、そこでマリエン薬局のことを知りました。

それと同時にネットでも自分でレメディに関連するサイトを探してみました。宗教などとは関係ないとは聞いていたものの、最初は少々疑い気味でした。また、調べる中でレメディにも色々な流派があることを知り、複雑だなぁと感じました。

マリエン薬局のサイトはわかりやすく、ユーザーの方の感想が載っていてとても参考になりました。また、今のライフスタイルに自然な形で取り入れられそうと思ったことと、説明書がついていたことも購入のきっかけです。

こどもの体調不良を自宅でケアできるうれしさ

– 実際にお使いになってみていかがでしたか?

最初に初心者でも使いやすいという「プチセット」を購入してみました。ドイツでは薬として使われているものということを聞いていたので、まずは私が試して効果を体感してからこどもに使ってあげようと思っていました。

そのうち、また長女が熱を出したので、結局先にこどもが使うことになりました。 低ポーテンシーのレメディは副作用の心配がないとわかっていても、もし何かあったらどうしようという不安があって、最初は量も少なめにしたり恐る恐る使ったのを覚えています。

普段は微熱からすぐに40度くらいまであがるのに、初めてアコナイトを使ったときは微熱のまますぐに回復したので、これは普段と全然違うなとびっくりしました。心配していた副作用なども全くなく、それからは安心して使えるようになりました。

また、私自身の体験ですが、ズキンズキンとひどい頭痛で目も開けられず、動けずにいる時にアコナイトを飲んだところ、数秒で目が開けられるようになり、ベッドまで移動ができました。あとは朝までゆっくりと眠ったところスッキリ!と治りました。

それで次に単品レメディよりも手軽に使えそうなコンビネーションキットを購入することにしました。少量サイズですが、色んなレメディウムを試せるのがいいですね。使用してみて、特に気に入ったアイテムをレギュラーサイズやお徳用サイズで揃えるようになりました。

レメディやレメディウムだけでなく、ハーブティーも効果が期待できると思って、初めて試したのが風邪対策ブレンドでした。就寝前に長女に飲ませたところ、就寝直後の発汗量がすごく、とても驚きました。私は大人なので生姜湯などで体を温めることができますが、小さなこどもにとっては難しいのでこれは良い!と思いました。

また、こどもが室内で転倒し、頬を強打して激しく泣いていた時にアコナイトとアーニカを飲ませたところ、2回目で泣き叫ぶのが収まり、「もう痛くないよ。」と言ったのにはびっくりしました。その後、アーニカクリームを併用して、アザにはなったものの、腫れあがることはありませんでした。

– 他に何か変化はありましたか?

最初の頃は自然療法と並行して小児鍼を2年ほど試していましたが、今はレメディやハーブティーを使っています。ゆっくりとですが体が強くなっている事を実感しています。

たとえば咳の症状と言っても、鼻からきている場合や気管支からなど何種類もの原因があります。それなのに、病院では医師に症状を詳しく伝えてもきちんと聞いてもらえず、いつも同じ薬が処方されることが続いていたんです。悪化しないようにと思って早めに病院に行っても、「症状が強く出てからまたきてね!」と言われて、結局何度も通院することもありました。

その点、レメディやレメディウムは原因や症状によって自分でレメディを選ぶので、こどもの症状をより観察するようになりました。今では、風邪かな?と、体調がいつもと違うなと感じた時は、レメディを飲ませた後に早く休ませています。自宅でケアが出来るようになり、かなり通院の機会も減りました。

こどものお気に入り!
アロマオイルで親子のスキンシップ

– お気に入りのアイテムはありますか?

長女は免疫力対策レメディウムを飲むようになってから高熱が出ることが以前より少なくなって、熱が出ても回復がとても早いのを実感していて、今では手放せない存在です。ただ、レメディウムの容器の口が大きいのでたくさんこぼしてしまったことも・・・。そのときはちょっとショックでした。ぜひ容器の改良を願っています。

免疫力対策レメディウムの他には、風邪用レメディウム・のど用レメディウムを中心に使っていて、こどもが3人いるので誰かひとりでも症状が出たら予防の意味で3人全員に飲ませるようにしています。先日も長女と長男が通っている幼稚園で風邪が流行ったのですが、毎日免疫力対策レメディウムを飲んでいるおかげか長引かずにすみました。日頃からのケアが大切ですね。

咳・のど対策ブレンドは、茶葉のきれいな色に驚いて友人に写メールを送ったほどです。長女は気管支が弱いので、のど用レメディウムと併用して使っています。咳が辛くて苦しい時に、咳・のど対策ブレンドを飲ませたところゴクゴク飲んで、その後は眠ることができました。

こどもに必要なブレンド、特に風邪対策ブレンドと咳・のど対策ブレンドは手元にないと心配なので、いつも常備するようにしています。

病院で処方される甘い薬を嫌がって飲んでくれなかったこどもが、ハーブティーやレメディウムは喜んで飲んでくれるし、「これは何のレメディウム?」「今日はお咳のハーブティー?」などと興味を持って聞いてくることも多いんですよ。

また、以前キャンペーンで「冬用アロマ」(※現レスキューアロマオイル)を試してから、親子でとても気に入りました。香りがとても良くてべたつかず、アロマ初心者の私でも使いやすかったです。それを機会にこども達に毎晩マッサージをする習慣がついて、順番を決めるのにケンカになることも・・・。みんなマッサージが大好きです。

美白ブレンドは抽出後、お茶パックに残ったハーブを使って化粧水のようにパッティングして、「ツルツル~♪」なんて楽しんでいます。

また、つい最近なのですが、私が高温の油で火傷をしてしまいました。冷やしていないとたまらないほど痛くて、場所が皮膚の薄い爪の付け根部分だったため、 「きっと皮がむけるんだろう」と覚悟していました。冷やした後にカレンデュラクリームを乗せるようにたっぷりとつけた瞬間ものすごく痛かったのですが、翌朝起きてみるとほのかに黒くなっていましたが、火傷したことを忘れるほど痛みもなく、水ぶくれなどもありませんでした。

e-ラーニングで時間を忘れるくらい夢中に!

– ハーブやレメディの勉強をなさっているそうですね。

以前に友人から「低価格のインターネット講座がある」と聞いていたのですが、その時は余裕が無かったのでそのままになっていました。次男が1歳半を過ぎて余裕ができた頃、マリエンからの郵送物に入っていたドイツ・ナチュラル・セルフケア協会の広告をみて「ドイツ自然療法 セルフケア講座」を受講してみようと思いました。

それまでは自然療法関連の書籍をみるだけで、特に勉強会などにも参加したことはなかったのですが、子連れでは参加できないセミナーも多い中で、インターネットさえ繋がれば自宅で好きな時にできるので私には合っていると感じました。

実際始めてみたらとても楽しくて、時間を忘れるくらい集中して受講できました。今では受講した内容を参考に単品レメディを選んだり、近所で購入した単品ハーブをブレンドしたりと楽しんでいます。ただ、ドイツの薬事法をクリアしているマリエンのメディカルハーブとは効果の差を感じることもありますが・・・。寝ている時に長男と次男の咳が出始めたので、e-ラーニングで学んだ単品ハーブを入れて蒸気を吸わせたところ、二人とも咳がなくなったこともあります。

ドイツでは、メリディアン(鍼による治療法)が行われていることも受講を通じて知ることができ、ますます興味がわいて、自然療法を多く試したいと思うようになりました。中村裕恵先生のところに相談に行ったこともあるんですよ。

自然に広がった自然療法の輪

– お知り合いの方にもマリエンユーザーがいらっしゃるそうですね。

私自身、あまり人に勧める方ではないのですが、何かの話で役立てそうなときは、「とにかくマリエンのサイトを見て」と伝えています。自分で確認するほうが納得してもらえると思うので。

ただ、私と同じようにお子さんの体調で悩んでいた方には、免疫力対策レメディウムを使ってみて良かったことを話したんです。長女と同じ誕生月の子で、やはり3歳を過ぎたころから熱が長期間続くことが多かったそうです。その話をした後、すぐに購入されてとても役立ったそうで、「ありがとう!!」と言われたときは本当にうれしかったですね。最近は、病院の薬と併用しながら使っていて、熱が出ることも少なくなったと聞きました。

外出時には、ハーブティーをボトルに作って持って行くと興味を持たれることもありますし、同じ幼稚園に通うお友達が風邪気味のときは、手持ちのブレンドをわけてあげることも。レメディやレメディウムよりもハーブティーのほうが身近なので、気軽に伝えやすいですね。

逆に花粉症対策にアレルギー対策ブレンドを愛飲しているご夫婦からハーブティーをわけてもらったのですが、実際飲んでみてその利尿作用に驚きました。

そうこうしている内に、友人を通じて話しかけてくれる方がいたりして少しずつ自然に広がっていきました。

勉強家の友人が多く、私より後に自然療法を取り入れた方達は、病院とセルフケアをうまく使い分けています。とびひや水いぼなどを自宅でケアしたり、通院する場合の見極めなどについても相談できるので私自身とても心強く感じています。

– 今後試してみたいアイテムはありますか?

試したかったのは、赤ちゃんや妊娠中・授乳中に使えるアイテムです。私がマリエンを知ったのは3人目の次男を出産してからしばらく経ってからだったので、試す機会がなかったのがとても残念です。友人が授乳・乳腺炎対策ブレンドをリピート購入しているので、美味しくてすごく効果も高いんだろうなぁと気になっています。

カレンデュラ製品も気に入っていて、敏感肌や乾燥肌にはWELEDA社の薬用カレンデュラクリームを、夏場には、あせもや消毒液として、マリエンオリジナルのカレンデュラチンキを希釈し、スプレーに入れて使っていましたが、今後はマリエンオリジナルのカレンデュラ・カモミールクリームもぜひ試してみたいと思っています。

 
ご愛用中のマリエンアイテム。
外出の際にハーブティーをいれて持って行くボトルや
e-ラーニング講座の学習ノートなども見せていただきました。

サイトのオススメは「お客さまの声」

– ショップへのご要望はありますか?

個人輸入でドイツからの発送なので、到着までに時間がかかることでしょうか。欲しいときにすぐ手に入る距離ではないのがもどかしいのですが、欠かせないアイテムは特に、早めに注文するように心がけています。

私はマリエンだけでなく中村先生や他社のレメディも使っているのですが、使い方も様々で1回1粒というところもあります。マリエンのレメディ・レメディウムは種類によって用法・用量が異なるので少し大変に感じることもありますが、説明書にきっちりと用法・用量が書いてあるので、安心して使用できます。

あとはお値段が高いというところですね。欲しいアイテムはたくさんあるのに予算が限られているので、あれもこれもというわけにはいきませんし・・・。なので、お徳用のアイテムを購入して友人達とシェアすることもあります。

ハーブティーは、カモミールのように、単品で購入できるハーブが増えたらうれしいです。

– 最後に、ユーザーの方へのメッセージをお願いします

私にとってレメディウムやハーブティーは、生活の一部になっていると言っていいほど手放せないものになっています。自己管理することによって自分自身やこどもの事をよく知ることができるようになったので、その点でもオススメです。

まだまだ初心者でシングルレメディ選びに迷うこともありますが、そんな時はレメディウムに頼っています。きょうだいでも体質が様々で個人差があるので、もし私のようにこどもの体調不良で悩んでいる方にはぜひ使ってみていただきたいです。

また、サイトの「お客さまの声」には、実際に使った方の、良かった悪かったなどの感想がそのまま載っているのでとても参考になっています。ぜひ見てみてください!

お忙しい中、ご協力ありがとうございました!

 

<編集後記>
この時期、ご自宅のお庭で採れるぶどうはお子さん達の楽しみ。 インタビュー中も賑やかなお子さん達の声が響くアットホームなお宅でした。(福永)

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら