ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.34 大原さん

 

仕事はイベント・披露宴の司会やラジオ局のパーソナリティ。
のどのケアは欠かせません

– のどのケアが欠かせないお仕事ですよね?

そうですね。声が枯れたり、出なくなっては、お仕事に差し支えてしまいます。

元々のどが弱くて、子どもの頃は、熱を出してはのどを腫らすことを繰り返していました。しかも小学6年生の頃から、熱が下がっても、のどにしこりが残るようになってしまい、それが発熱のたびに大きくなっていったので、大人になって切除手術を受けているんです。そのせいかわかりませんが、今も疲れがたまったり、風邪をひいたら、まずは声が出にくくなってしまうのですね。そのため、日々のケアは人一倍気を使っています。

朝起きたら「声が出ない!」
全身の毛が逆立ちました

今の仕事をする前は、一般企業に勤めていました。ある日、体調を崩して欠勤しようと上司に電話をしたら、話しているうちにどんどん声がかすれて、まったく出なくなってしまったのです。あのときの恐怖は言葉では表せません。自分の言いたいこと、自分の状態をまったく伝える術を失ってしまったのです。いつ声が出るようになるのだろうかと本当に怖かったことを覚えています。

その後、しばらくそのようなことはなかったのですが、司会のお仕事を始めたばかりの頃、朝起きて、今日は司会のお仕事に行かなければいけない、という日に声が出なくなってしまったのです。全身の毛が逆立ちました。今から3時間後には自宅を出て、会場に行かなくてはならないのに、声が出ない。それを所属事務所にも電話で伝えられないのです。声が出ない恐怖や仕事への責任など様々なことが頭に渦巻きました。回復まで2週間ほどかかったのですが、周囲の方々にご迷惑をお掛けして、本当につらかったですね。

それから毎朝起きると「ああー、今日は大丈夫」というように声を確かめるのが日課になっています。

ヴォイストレーナーの先生から教えてもらった「レメディ」

– レメディをお知りになったきっかけは何だったのでしょう?

3年ほど前からヴォイストレーニングを受け始めたのですが、トレーナーの先生から教えていただきました。

ヴォイストレーニングというと腹式で声を出す方法が多いのですが、それではどうしても、のどを痛めてしまうので、何かいい方法がないかと思っていました。そんなときラジオ局の社員さんに「変わった発声方法を教えてくれるから」とご紹介いただいたのです。自分の身体を楽器のように使い、のどを広げて、声を頭に響かせるようにして出すという、のどに負担を掛けない発声方法です。

ある日のレッスンで、のどのケアの話題になったのですね。「うがい薬を常に持ち歩いていて、うがいしている」と話したら、先生が「それはやめたほうがいい。うがい薬はのどにいる良い菌まで殺してしまい、かえってのどを痛めるから」とおっしゃるのです。のどのためにうがい薬を持ち歩き、何かのたびにうがいをしていたのに、自分のケアがかえってのどを痛めることになっていたなんて「ええっー!?」と驚きました。

「先生はいったいどんなケアをしているのだろう」と伺ってみると、「うがいは塩水や普通の水。不調を感じたときはレメディでケアしている」と言うのです。このときに初めて「レメディ」という言葉を知りました。この日はヴォイストレーニングそっちのけで「のどケア」談義になりました。

早速ヴォイストレーニングの先生から教えていただいたレメディをキーワードにインターネットで検索し、他社のセルフケアキットを購入しました。

ある夜、のどの不調を感じたときに、試しにAconite(アコナイト)を飲んで寝たら、翌朝、良くなったのです。「これは効く!」と思ったのですが、いつも同じレメディというわけはなく、症状が出たら本を見て、どのレメディか考えて・・・というのが大変で。シングルレメディが複合されたような、もっと手軽に使えるものがないかと思い始めました。

– マリエン薬局のレメディをお使いになったきっかけはなんですか?

もっと便利なレメディを求めて探しているときに、「レメディっていうのがあるんだって。やってみない?」と近所に住んでいる妹にも声をかけてみました。すると妹は妹で「友達がやっていて、ずっと気になっていたのよ」と言うのです。それで2人で検索を始めました。そして妹が「あったよ!」と見せてくれたホームページがマリエン薬局さんのサイトでした。「のど用がある!風邪用がある!これを買おう!!」と注文したのがきっかけです。

声が出なくなる恐怖が
メディカルハーブやレメディウムで解消されていった

– お使いになってみていかがでしたか

本当に使いやすいです!「ちょっとのどが変だな」と思ったら、のど用レメディウム。「ちょっと疲れたな~」と思ったら、免疫力対策レメディウム。マッチしていないものを飲んでも、副作用などの心配がないということや粒数にはそれほど神経質にならなくても大丈夫ということがサイトに書いてあったので安心でした。たとえば風邪用レメディウムは各回6粒と書いてありますけど、「これくらいかな?」という量をささっと出して、飲んでいますね。最初に使用したシングルレメディのときよりも手軽に使っています。

– 次にメディカルハーブを試したのですね。

レメディウムを飲んで「効いた!」という実感があったので、メディカルハーブも効果があるのでは…と飲み始めました。

– マリエン薬局をどのようにご利用なさっていますか?

現在ではメディカルハーブを継続飲用の会員となり購入しています。継続でお願いしているのはアレルギー対策ブレンドとデトックスブレンドと体内脂肪対策ブレンドの3つです。アレルギー対策ブレンドは妹用です。妹は鼻のアレルギーがあり、3人の子どものうち真ん中の子がアトピーなのです。自分用には、お酒をたくさん飲みますのでデトックスブレンドと、体内脂肪が気になるので体内脂肪対策ブレンドを購入しています。デトックスブレンドも体内脂肪対策ブレンドもどちらもトイレの回数が増えますね。デトックスブレンドは、とくにお酒を飲んだ翌日は、アルコールが解毒されているような感じがして効いている気がします。どちらも体にいいものですし、とても美味しくいただいています。ときどき2つを混ぜて飲んだりもします。

継続飲用プランには含まれてないのが残念なのですが、私にとって必須アイテムと言えるのは咳・のど対策ブレンドと風邪対策ブレンドですね。

– 咳・のど対策ブレンドと風邪対策ブレンドはいかがでしたか?

ある日少しゾクゾクっとしたので、濃い目の風邪対策ブレンドを淹れて飲んで、すぐに就寝したら、翌朝にはまったく何事もなかったかのように目覚めることができました。また、のどがイガイガして、「これは明日の朝、のどが痛くなるかも…」と思った時に咳・のど対策ブレンドを飲んで寝たら、翌朝には良くなっていた・・・こういうことが続いて、手放せないアイテムとなりました。

これまで風邪を引くとすぐのどにきて、声がかすれてしまったり、声が出なくなってしまうことが怖かったのですが、飲みだしてから、そのようなことは一度もありません。

マリエン薬局のアイテムでケアをするようになってから、のどの不調で耳鼻科に駆け込むということが無くなりました。もう1年ほど行っていませんね。風邪も引かないし、熱も出ないし、もちろんインフルエンザにもかかってないんですよ。少々の不調なら自分でケアができるという自信がつきました。

メディカルハーブをお茶代わりに飲んで手軽にケア

– メディカルハーブはどのように飲んでらっしゃいますか?

オフの日、お仕事が控えている日、また体調に合わせて飲み分けています。

朝食時にデトックスブレンドをだいたい2杯くらい飲んでいます。仕事がオフの日は、日中は脂肪対策ブレンドを飲むことが多いですね。ティータイムに1~2杯ほど飲んでいます。以前は紅茶が好きで、朝起きたら、まず紅茶を淹れるのが習慣だったのですが、メディカルハーブを飲むようになり、紅茶はほとんど飲まなくなってしまいましたね。

のどのケアのために咳・のど対策ブレンドや風邪対策ブレンドも体調に合わせて飲みます。この季節はクリスマススペシャルブレンドもあるので、オフの日の夜にはクリスマススペシャルブレンドを楽しんでいます。

– のどのケアはどのようになさっていますか?お勧めのケア方法は?

普通のお水でうがいをこまめにしています。のどを乾燥させないように、お茶代わりに風邪対策ブレンドや咳・のど対策ブレンドを飲むようにしています。忙しいときには、まとめて作って置くと便利ですね。

夜はその日の自分の体調に向き合って、翌朝、仕事が入っている時にはのどのケアのために咳・のど対策ブレンド、風邪っぽいと感じた時には風邪対策ブレンドを選んで飲んで飲むようにしています。

ゾクっときても濃い目の咳・のど対策ブレンドや風邪対策ブレンドを作って、ごくごく飲んで、お風呂で汗をかいて、のどに違和感があれば、のど用レメディウムも飲んでおけば、翌日には治っていますね。

そのほか冬場はとくに乾燥しますので、加湿器は欠かせません。洗濯物も室内で干すようにしています。飛行機などの乗り物を利用するときは、空気が乾燥していてのどには良くないので、マスクをしています。とにかくポイントは「のどを乾燥させない」ということす。

 
これはデトックスブレンド。
ハーブが少なくなると、すぐに取り出せるよう、
どんどん袋をハサミで切って使っているとのこと。
気楽にケアをしている様子が分かります。

のどのためというか体のためにやっていることは、外食が多くなるので、家で食べるときは野菜を中心に摂るようにしています。また玄米とか黒砂糖とか精製されていない黒い食べ物を食べるように心がけています。本当は和食がいいのだと思うのですが、パンが大好きなんです。神戸には美味しいパン屋さんもたくさんありますからね。でもパンを食べるときでも黒パンやドイツパンにするようにしています。

– 妹さんはお子さまにどのようなケアをしていらっしゃいますか?

やはりうがいをして、メディカルハーブを飲んでケアしています。のどはすぐ乾燥してしまいます。でも子どもは自分ののどが乾燥しているかどうか分からないんですね。のどを痛める限界まで大声を張り上げますし、のどの渇きを我慢して遊んだりしています。

咳・のど対策ブレンドや風邪対策ブレンドを作り置きして、少しづつ飲ませてあげるといいと思います。カップに作っておいて、冷めてもいいので、こまめに飲ませるだけで、ずいぶんと潤います。そして気がついたときにうがいをさせれば、十分にケアできると思います。

妹の子どもたちは、まだ小さいので熱を出すことはあるのですが、日頃からメディカルハーブやレメディウムを飲んでいるので悪くはならないですね。

このあいだ妹のいちばん上の小学校1年生の男の子が、38度の熱を出したのです。周囲の子どもたちは新型のインフルエンザだったのですが、妹の子どもたちには普段から咳肺用ブレンドや風邪対策ブレンドを飲ませていましたし、その晩もブレンドを飲ませて、風邪用レメディウムを飲ませたら、翌日には治りました。おそらく新型インフルエンザだったと思うのですが、大事に至らず、他の兄弟に感染しませんでした。下の子どもたちも普段からメディカルハーブを飲んで、風邪対策レメディウムや免疫力対策レメディウムも使っているからだと思います。子どもにいちばん効き目が現れているような気がします。

ハーブは薄めに淹れているようですよ。咳・のど対策ブレンドや風邪対策ブレンドは少し甘みがあり、子どもにも飲みやすいのですが、アレルギー対策ブレンドは子どもにとって少し飲みにくいようです。でも「これ飲んだら風邪を引かないからね~」と言うと、頑張って飲むようになったそうです。必ず毎日飲んでいますよ。

幼稚園や小学校くらいの男の子たちは、風邪を引いたら自分がしんどいと分かっています。 「幼稚園や学校に行けなくなって、お友達と遊べなくなる!」というのが、この年代の男の子たちにとってつらい状況ですなんですね。「幼稚園や学校に行けなくなるのは嫌だ、じゃあ飲もう」ということになるようです。

 
大原淳子さんがお使いのマリエン薬局のアイテム。
のど用レメディウムは必需品なのか使い込まれている感じがします。
韓国・ソウルでのお仕事もあるとか。
出張するときも必ずメディカルハーブとレメディウムを持っていくそうです。

マリエン薬局を利用した感想について

– ドイツのサイトにご注文することには抵抗はなかったですか?

ドイツのサイトといっても日本語でちゃんと書かれていますし、利用者の声もたくさん載っていて、アイテムごとに詳しい説明があったので信用できると思いました。まったく抵抗はなかったです。

– 他に試してみたいアイテムはありますか?

先日、モイスチャージェルを手に使ってみたのですが、とても香りがよく、すごく潤うのですね。ついお湯で洗い物をしてしまうので、夏場でも冬場でも手が乾燥してしまうのでクリームなどでのケアが欠かせなかったのですが、ハンドクリームもあるようなので、このモイスチャージェルと一緒に使ってみたいと思っています。モイスチャージェルと一緒に使えるフェイシャルケアシリーズにも興味があります。

– 何かマリエン薬局にご要望がありますか?

咳・のど対策ブレンドと風邪対策ブレンドが継続飲用プランに入ってくれるとうれしいですね。私はやはりのどをケアするアイテムが気になるので、のど用アロマオイルが新発売されると知ったときはうれしかったです。もっとほかには、たとえば手軽に持ち歩けて、のどが気になったときにいつでもシュッとスプレーできるマリエン薬局特製「のど用スプレー」などあればいいですね。

※このインタビューの直前、のどに効果の高い新アイテム「のど用アロマオイル」を発売しました

– のど用アロマオイルはお使いいただきましたか?

早速、使っています。のどを使い過ぎて違和感があるときに使ったり、のどが乾燥して何となく不調だという時や翌日仕事が控えている夜などに、のどの辺りにすり込んでいます。アロマの香りに癒される感じがあります。使い心地はいいです。レメディウムやメディカルハーブでのどのケアは充分できているので、さらにアロマオイルの効果というと実感としてよく分かりませんが、相乗効果できっと働きかけてくれていると思います。

どちらかというとレスキューアロマオイルのほうが好みの香りですね。でも妹が体調を崩したときにのど用アロマオイルを使った感想では、風邪によるのどの痛みには、レスキューアロマオイルよりのど用アロマオイルの「スーッ」とした香りに効果を感じたということでした。

後はホメオパスの手を借りながら、
セルフケアも続けていきたい

レメディウムやメディカルハーブのおかげで、日常ののどの不調はケアできるようになりました。 しかし過去に経験した「声が完全に出なくなってしまう」という症状は、風邪などの体の不調によるものだけでなく、精神的な原因もあったような気がしてならないんですね。そういった部分をホメオパスさんのコンサルテーションを受けて解決していき、セルフケアと併用していければと思っています。

最後にこれからマリエンを試す方へのメッセージ

「買ってみて合わなかったら安いものではないし困るわ」と思う方もいらっしゃると思います。「お客様の声もいいことばかりをピックアップしているのではないの?」と思うかもしれません。実は私も「本当かな~?」と思っていたのですが、使ってみて「本当だったんだ!」と実感できました。

メディカルハーブをまずは普通のお茶として気軽に飲んでみるといいのではないでしょうか。一度、試せば良さも分かるのではないかと思います。今の時期に始めやすいのは咳・のど対策ブレンドや風邪対策ブレンドですね。クリスマススペシャルブレンドもお勧めだと思います。今年のブレンドは果実が多く、色がより鮮やかになり、さらに美味しくなりました。ビタミンCがたっぷり補給でき、風邪に効果があるのではないかと思います。

メディカルハーブはお薬ではないので即効性があるわけではないのですが、長い時間をかけて体を改善していく、そういうスタンスを持って付き合っていくと、「病院いらず」になれると私は信じています。まず1つのアイテムから始めてみられたらいかがでしょうか。

 

<編集後記>
大原淳子さんは開局13年を数えるコミュニティー放送局「FMみき」(http://www.fm-miki.jp/)の朝の生番組で「おはよう!みっきぃ」の月曜日と火曜日をご担当されて10年目を迎えるそうです。とても柔らかい声の方で、実際にお会いしても素敵な方でした。番組はインターネットでも放送されています。是非いちど聞いてみてくださいね!(宍戸)

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら