ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】12/29~1/3・年末年始お休みのお知らせ 国際輸送が大変混雑する時期です。
年内にドイツ出荷をご希望の場合は、【12/26(月)23:59までに】カード決済完了・ご入金の完了をお願いします。

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.46 尾瀬さん

マリエン・ユーザーに聞く!Vol46」 ”フェイシャルケアシリーズで、妊娠中のトラブルが改善!お肌を気にしなくていいって、こんなに楽とは思いませんでした。

きっかけはお友達が貸してくれた本で

– ショップを知ったきっかけを教えていただけますか?

お友達が貸してくれた自然療法の本の中で、マリエン薬局さんのドイツWALA社 妊娠・産後ケアクリームが紹介されているのを見たことがきっかけです。5歳の娘のしもやけに使えたらと思いオーダーしました。しもやけのために購入したものだったのですが、のちに私が妊娠していることが判って、妊娠線対策としてお腹に塗って使っています。伸びが悪く塗りづらいので、手のひらでよく温めてから塗っています。妊娠線は今のところ出来ていません。お腹は乾燥もなく、いつもピカピカに光っています!

しもやけ予防としての効果については、使い始めて初めて冬を迎えるので、どうなるか楽しみです!

– ドイツのショップということで抵抗はありませんでしたか?

日本語のサイトだったので、まったく不安を感じませんでした。日本の通販ショップと同じ感覚で利用しています。関税がかかるケースがあることについても、以前、フェアトレード(※1)の会社に勤めていたため知っていました。こういった課税・非課税の判断って通関士さんによって違ったりするのですよね。

※1フェアトレード ・・・ 「公平な貿易」。現在の国際貿易の仕組みは、経済的にも社会的にも弱い立場の開発途上国の人々にとって、時に「アンフェア」で貧困を拡大させるものだという問題意識から、経済格差を解消する一つの貿易の形のこと。

現在、第2子妊娠中。
マタニティブレンドのおかげか穏やかに過ごしています

– 現在、第2子をご妊娠中とのこと。自然なものと取り入れつつお過ごしのようですが、お1人目のご出産はいかがでしたか?自然療法にこだわってのご出産だったのでしょうか?

それが、こだわる間もなく、あっという間に終わってしまったのです。当時はまだフェアトレードショップで働いており、お店が8時頃に閉まってから、夜11時頃までお店のディスプレイに夢中なったりしていました。私生活では引越しもあり、慌ただしく毎日を過ごしていたのですが、そういう生活が良くなかったみたいですね。ずっとお腹が張っているな、これはマズいな・・・と思っているうちに、胎盤が剥離しかけて、ついに入院、トイレ以外は絶対安静になってしまいました。もちろんパソコンの使用も禁止だったので出産や授乳に関する情報を何も調べることも出来ず、消化不良な出産になってしまいました。

なるべく母乳で、とも思っていたのですが、出産と育児で疲れていたので出も悪かったし、当時はまだマリエン薬局さんも知りませんでした。実家の母にも相談しても、「粉ミルクにしたら?」と言われるような有様でした。

「何かが違う。こうじゃない!」と思うのだけど、どのように立て直していいか分からないし、中途半端にやっても母乳も出ない。助産師さんのところにいけば良かったのかもしれませんが、そういうことも知らないうちに出産となってしまったので、どうしたらいいのか判らない状態でした。

でも今回は色々と調べられる時間があったし、娘が通っている幼稚園がシュタイナー教育を取り入れている園なので、自然療法に詳しい方々も多く、教えていただいたり、教えたりしています。

– 今回のマタニティライフはいかがでしょう?

第1子のときには、初めての妊娠・出産だったせいか、本当に不安で仕方がなく、お腹から早く出したい、早く終わってほしいという気持ちでいっぱいだったのです。でも今回は妊娠が判ってまもなくマタニティブレンドを飲み始めたおかげか、貧血もありませんし、「いくらでもお腹の中にいていいよ~」という感じで、毎日、心地よく過ごしています。ブレンドのお味もさっぱりしていて、飲みやすいですね。妊娠中はマタニティブレンドのように温かい飲み物をたくさん飲んだり、足湯をしたりすることが良いようです。

気持ちよく過ごせているのは、2人目は1人目とはまったく違う気持ちで授かったからかもしれませんね。実は赤ちゃんの心拍の確認が遅く、「4日後に心拍が確認できなかったら諦めましょう」と言われて、「もしかしたら・・・」とか、「せっかく宿ったと思ったのに・・・」と不安に思いながら過ごした期間がありました。

それまで赤ちゃんは授かって当たり前、というような考えを持っていました。「このくらいの時期に出産したいから、この頃に妊娠すればいいかもしれない」と計画的な出産を考えていたりして、生命に対して少し傲慢な考え方を持っていたように思います。でもこのように不安な時期を過ごしたことで、命というのはコントロールができるものではなく、授かるものなのだということを実感しました。「この子が家に来てくれることになったんだ!」という感謝の念でいっぱいなので、穏やかに過ごすことができているのかもしれません。

フェイシャルケアシリーズで
妊娠中の肌荒れや湿疹が解消!

– マリエン薬局のフェイシャルケアシリーズを使い始めたきっかけは何ですか?

それまで別の会社の自然派のスキンケアを使っていて調子が良かったのですが、妊娠後、肌はわーっと荒れて、急に使えなくなってしまいました。肌が乾燥し、湿疹とかゆみが出て、顔を掻くようになったのです。

– 自然派のスキンケアをお使いだったということは、お肌が弱ったのですか?

私自身が自然に関心を持つようになってから、市販のスキンケアの過剰な香りや添加物が気になるようになりました。グリセリンなどで手作りをした化粧水を使っていた時期もありました。余分なものはつけてないけど、何かが足らなかったのでしょうね。エッセンシャルオイルを加える工夫をしてみたのですが上手くいきませんでした。ファンデーションを塗っても、浮いてしまって。今から考えると、乾燥していたのかもしれません。素人だから限界があるのかな・・・と思い、自然派のスキンケアを探し始めました。

それから試行錯誤の連続でした。
乾燥肌だから、化粧落としと石鹸で洗うダブル洗顔が乾燥をさらに進めるのではないかと思い、ダブル洗顔が不要でしかも保湿の効果が高いクリームタイプの化粧落としに替えたのですが、肌の乾燥は改善されたものの、今度は匂いが苦手で、添加物を洗い流さないことに不安を感じるようになりました。

メイクも、ダブル洗顔しなくても落ちる程度に、日焼け止めにパウダーをはたく程度の薄化粧に切り替えたのですが、 頬などがかゆくなるし、乾燥で肌が荒れているので吹き出物も出来やすく、治りにくい状態でした。ある会社の自然派のスキンケアを見つけ、それでしばらくは調子が良かったのですが、妊娠後、肌が荒れるばかりではなく、無香料を謳ったものだったのですが、原材料の匂いがどうしても受け付けなくなってしまい、使えなくなってしまったのです。

それでマリエン薬局のフェイシャルケアシリーズはどうかな…と検討し始めたのですが、ドイツ製ということで、日本の気候や湿度でも使えるものなのかどうか不安でした。以前滞在したオランダで、湿気が少ないせいか、それまで以上に肌の乾燥を感じたことを思い出し、ヨーロッパのような湿度の低い気候にあわせたフェイシャルケアを日本で使うとベタベタになってしまうのかな・・・と思ったり、お値段が高かったので、これから出産で入用だし・・・と購入を迷いました。
でもかゆくてたまらないし、鏡で自分の顔を見るたびに落ち込むので、これが解決されるなら、と、思い切って試してみようと思いました。

 
尾瀬さんがお使いのアイテム

– 自然派の化粧品でいろいろと試行錯誤されたのですね。マリエン薬局のフェイシャルケアシリーズを使ってみていかがでしたか?

とてもよかったです。使い始めた次の日にはかゆみも治まって、お肌が柔らかくなり、ほわっとしてきました。お肌がほわっとすると、気分もほわっとしてくるのですね。お肌を気にしなくていいって、こんなに楽なことなのだと思いませんでした。お肌は毎日のように触るものですし、鏡を見たりするものだから当然と言えばそうなのですが、これほどまでに精神に与える影響が大きいものだと思いませんでした。私にとって、どのアイテムも欠かせないものですし、香りも大好きです。今ではお風呂から上がって、お肌のお手入れをしている時間が本当に心癒されるひとときとなりました。

– あえていうなら「これがお気に入り」というアイテムはありますか?

シリーズのⅠのクレンジングです。しっとりした洗いあがりがお気に入りです。妊娠中、大きなお腹を抱えていると、洗顔の姿勢は意外と辛いものですが、いちいち石鹸を泡立てなくていいし、洗顔自体が短時間ですむのでよかったです。

(ご出産後のメールで、シリーズIのクレンジングについて以下のようなコメントもいただきました。「シリーズIのクレンジングは入院中もとても便利でした。乾燥した院内でもお肌えお「しっとり」を保つことができました」とのことです。)

また何か疑問があったら、メールで気軽に問い合わせができるのがいいですね。デパートのコスメコーナーでは、スキンケアを試したり、色々質問をしたくても「売りつけられるんじゃないかしら?」と躊躇してしまいますが、マリエン薬局はもちろんそんなことはありませんし、ドイツのショップながら、質問をしても思ったよりも早くお答えが貰えるので、日本とドイツという距離を感じません。安心して使えます。

娘に薦められるフェイシャルケアができました

– マリエンのフェイシャルケアシリーズを使用されて、現在のお肌の調子はいかがですか?

現在、使い始めて3か月ほどですが、かゆみが落ち着いてからは、湿疹が出なくなった上に、以前からなんとなく出ていた赤みが消えました。

以前から食生活が乱れたり、夜更かしすると、吹き出物がてきめんに出るという感じだったんです。吹き出物が出来ると、「ああこれで1週間ほど、おつきあいか・・・」と思っていたのですが、今ですと出ても、その日の夜にケアをすれば、翌日には治まり、悪化しなくなりました。その日のトラブルはその日に解決できるようになったのです。また吹き出物の出る数も減ったし、治りも早くなったので、気にならなくなりました。

メイクも日中はマリエン薬局のサンケアクリームを使って、パウダーをはたくだけで肌が順調だし、何よりも肌が軽くて気持ちよく過ごせるようになりました。

 
尾瀬様のご愛用のコスメボックス

– お嬢様のケアにもフェイシャルケアシリーズをお使いとのことですね。

少々贅沢かと思いますが、娘のお肌が乾燥したようなときに、少量つけてあげます。弱い肌には使わないほうが・・・と躊躇してしまうものが入っていないので安心です。子どもも、大人と同じものが使えることがうれしいようで喜びます。子どもって親が使っている化粧品やスキンケアに憧れをもつというか、使ってみたいものなんですよね。

「空になったものは頂戴ね!」と言われているのです。こんなコスメボックスをつくっているのですよ。ボトルに香りが残っているみたいで、「いい匂い!」なんて香りを嗅いでいます。

 
ブルーの扉がついた
5歳のお嬢様用のコスメボックス

 
扉を開けると・・・
内側にはマリエン薬局のラベルが。

昔、中学生の頃、吹き出物ができたときに、母親が使っているスキンケアを塗ったことがあったのですが、きっと油分が多すぎたのでしょうね。悪化してしまったりしたことがありました。私が中学生の頃にこんなのがあったらよかったのに・・・と思いました。

娘が大きくなって、化粧に興味をもつ年齢になったら、マリエン薬局のフェイシャルケアシリーズだったら勧められます。娘に勧めてあげられるフェイシャルケアができたというのは本当にうれしく思います。

セルフケアに
マリエン薬局のアロマオイルも取り入れています

– 他に使われているマリエン薬局のアイテムはありますか?

アロマオイルを使っています。夜寝る前に、ストレス用アロマオイルを手首に落としてつけています。娘に絵本を読みながら手首から香ってくるのが丁度いい感じで、リラックスできる気がします。

(またご出産後にいただいたメールで、「入院中にも使いました。夜、授乳で何度も起きるので、仕方なく、昼間の明るい時間に仮眠をとるのですが、その時にアイマスクに少し垂らして、目を閉じ眠りに就くと、ストレスから解放されるのか、自分の時間を取り戻せたように思いました」とのことでした。)

– これから使ってみたいアイテムがありますか?

最近のど用アロマオイルを購入しました。ここ1~2年、体調を崩すとすぐ喉に来るようになってしまったのですが、これを喉に塗ると不思議と治まっているような気がします。まだ使い始めたばかりなので、今後、使用感などお伝えできればと思っています。

自然療法への関心の入り口は「雑貨」だった

– マリエンの自然療法を活用してくださっていますが、自然療法に関心をもたれるようになったきっかけをお聞かせいただけますか?

少し変わっているかもしれませんが、「雑貨」から、いろいろな経験を経て、自然療法に入ったような感じです。

雑貨が好きでショップ巡りをしていたのですが、あるとき東京でフェアトレードのショップを見つけました。手作りで作られた雑貨も素敵でしたが、そこで働くスタッフの人たちは人間的な魅力に溢れた方々だったのですね。「こんな人になりたい・・・。こういう仕事がしたい」と思い始めていて、ショップの人にいろいろとお話を伺いました。

イギリスでは慈善活動として普及していて、年配の方が買うものだけど、オランダでは若い人が「この雑貨、かわいい!」と購入するのがフェアトレードなのよ、とアドバイスをもらい、思い切って当時、勤めていた会社を休んで、オランダのフェアトレードの団体にコンタクトを取って、スタッフの方のご自宅に、1か月間、滞在させていただきました。

滞在させてくださったスタッフの方は、とても人間的に素晴らしい人で、子育てなどお忙しいにも関わらず、スーパーに連れて行って「今日はフェアトレードスパゲティを作りましょう!」と一緒にお料理をしたり、「これは~産の器よ」と見せてくれたりして、本当に親切にしていただきました。

日本に帰国後、パーマカルチャー(※2)にも興味を持って、神奈川県の藤野町まで通い講座を受けました。そこでは均一な環境よりも、エッジといって、土と水の際のようなところが、生態系が変化に富んでおり、豊かだということを学びました。人間もそうだなと思うようになりました。パーマカルチャーということで集まった人々ですが、多種多様な趣味や特技を持っていて、そういう人達との交流から、色々なものが生まれるような気がしました。そうしているうちに、私も「自分の持ち味はこれ!」と言えるような個性を持った人間になりたいと思うようになりました。農業には進みませんでしたが、やりたいことをしなければという思いが強くなり、京都にあるフェアトレードショップに転職しました。

※2パーマカルチャー ・・・ パーマネント(永久な)とアグリカルチャ-(農業)あるいはカルチャー(文化)を組み合わせた言葉。人間にとっての恒久的持続可能な環境をつくり出すためのデザイン体系。

フェアトレードショップでネパールに出張して現地の人と会ったり、そこで勤めている人やお店にいらっしゃるお客様は、自然療法に関心が高かったので、そういう方々に刺激を受けました。
私自身も物づくりが大好きで、流木を使って作品を作っていました。そこから自分の生活にも自然なものを取り入れてみたらどうだろう・・・、自然な出産ってどうだろう?と、自然なスキンケアって?・・・いうように興味が向いていき、少しずつ生活に自然療法を取り入れるようになっていきました。

◆ 海岸で拾った流木で作られた数々の小物たち

 
フォトフレーム

 
かわいらしい顔をしたアート。
アロマオイルを染み込ませ使ってらっしゃるとのこと。

– 今後、どのように自然療法を取り入れていきたいとお考えですか?

そうですね。「自分にとって心地良い」と思えるものを少しずつ取り入れていきたいと思っています。

あるとき整体を受けたときのことなのですが、「脚を気持ちの良いほうに倒してください」と言われたのですが、自分の身体なのに、どちらが心地良いのか分からなかったということがあったんですね。「自分のことなのに分からないなんて・・・」、驚くとともにショックを受けたことを覚えています。
それが様々な経験をして、自分の興味のあるものを追求していったら、感覚が研ぎ澄まされるというか、自分にとって何が快くて、何が不快なのかということが分かるようになってきた気がします。
自然療法とか食事などが変わってきただけでなく、旅行などの仕方も変わってきているようで、以前は旅行にいっても、まず雑貨を買う!ということが目的だったのですが、その土地を満喫するというように変わってきました。

ですので、そういう「自分の感覚」を大切にしながら、自分にとって心地良いと思えるもの、自分にとって自然だと思えるものを生活を取り入れていければと思っています。

– 最後にショップへの要望があれば教えてください。

毎回、フェイシャルケアシリーズのコンディショニングウォーターにポンプを同梱してくださっているのですが、環境のことを考えるともったいないなと思っています。初回購入以降は必要の方だけチェックを入れるようなシステムができればと思います。

 
帽子ホルダー
いつもは左に大人の帽子、右にお嬢様の帽子をかぶせてあるとのことです

<編集後記>
こだわって探したという趣のある日本家屋にお住まいの尾瀬様、あちこちに流木で作られたアートが飾られていて、まるでアーティストのお家のよう。 その後、里帰り出産のためご実家に帰省されたとのことですが、お母様に「肌がきれいになったねえ」と言われたとのことです。 ご出産後のお忙しい時期にも、このインタビューのために、ご出産前後に感じられたことをメールでお寄せくださるなど、ご協力をいただきました。 雑貨から様々な経験を経て自然療法へ関心が向いていったお話はとても興味深いもので、とても楽しんでお話を伺うことができました。本当にありがとうございました。(宍戸)

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら