ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.52 佐藤さん

マリエンユーザーとして9年、乳腺炎に、家族ののどトラブルなどに愛用。美味しく、気軽にできる自然療法アイテムを日本に紹介してくれたショップに『ありがとう』を伝えたくて!

日本古来の民間療法を母が実践していたので、
自然療法は自然な流れでした

– マリエン薬局を知ったきっかけを教えていただけますか?

私の母が日本の民間療法を「しょうが湯」や「日本酒のシップ」などで実践していた影響があるのだと思います。私は小さい時に気管支が弱く、「かりん酒」などを作って治してきたんです。その流れでもあるのですが、結婚して、ごらんのように山奥なので薬局や病院にいくにも車で行かなければならず、自然と私自身も自宅で対応できる民間療法を実践していました。しかし、自分で準備するのが大変だなと思っていました。ハーブティーやお茶が好きなこともあり、一人目の妊娠中に、出産後になにか良いものはないかとインターネットで探したときに、授乳・乳腺炎対策ブレンドを見つけマリエン薬局を初めて知りました。

– ドイツのネットショップということで、不安などありませんでしたか?

私の場合、授乳・乳腺炎対策ブレンドを見つけた後、たまたま、雑誌のインタビュー記事で作家さんだったと思うのですが、マリエン薬局のハーブについて対談された記事を読んだんですよ。そこで、<このあいだ見つけたサイトの商品だ>と思い出しました。雑誌のインタビューにも取り上げられるくらいの商品だから、品質や味が悪いなどの心配はないだろうと思いました。それまでも、日本の商品や輸入代理店で海外のハーブティーも試しましたが、味があわなく気持ち悪くなったことがあるのです。マリエン薬局のハーブティーは、お値段は割と高めですが、ドイツから空輸されてくるものですし、逆に、品質・味に自信があるんだなと思い、試しに一袋購入することを決意しました。

新しいものを購入する際は、化粧品にしてもサンプルをいただいて試してから購入するタイプなのですが、マリエン薬局の場合は、めずらしく、ポンと購入しましたね。波長があったなど、なにか感じるものがあったのでしょうか・・・(笑)気がついたら色々なアイテムが集まって、今では私の生活に無くてはならない存在です。

– 初めてマリエン薬局からハーブが到着し、ご覧になっていかがでしたか?

全然ちがいますね。まず、リーフが色鮮やかで美しいのに驚きました。海外からのハーブも購入したことがあるのですが、色が茶色や黒ずんだようなハーブが多かったのでドライハーブなんてそんなものかと思っていました。しかしマリエン薬局のブレンドを受け取ってそうではないんだと理解しました。リーフの色が鮮やかで美しいので、最初の頃はガラスの容器に移し替えて目でも楽しんでいました。

味もよかったです。それまでのハーブティーは蜂蜜を足して飲んでいましたが、マリエン薬局のブレンドは、逆にそのまま飲んだほうが美味しく感じました。あとは、主人に言われたのですが、私が好きそうな見た目だといっていましたね。お花のデザインがかわいいうえに、新しく、チャック付きになり保存がしやすくなりましたね。このまま利用することも気に入っています。

毎月繰り返す乳腺炎。
ハーブと自己流マッサージで乗り越えました。

– 最初に購入された、授乳・乳腺炎対策ブレンドは佐藤様の母乳育児にお役にたてましたか?

もともと、ハーブティーは好きで良く飲んでいました。特にマリエン薬局のハーブは蜂蜜など何も加えなくてもそのままで飲むのが一番美味しくいただけます。とはいうものの、実はカモミールの香りが得意ではなのです。授乳・乳腺炎対策ブレンドは、カモミールが主でしょうか。香りが気になりましたが、味は美味しくいただけました。

他社の乳腺炎用のハーブティーも2社ほど試したのですが、味が合わず気持ち悪くなり飲めませんでした。日本の商品と、輸入の商品を両方試しました。ハーブの色が悪いですし、なにしろ味がだめでした。味は、重要ですよね、マリエン薬局以外のハーブは効果を実感するまえに飲用を止めていました。その点、マリエンのハーブは味がいいので、ずっと続けられました。

– マリエンのハーブティーの味を気に入っていただけてよかったです。乳腺炎でお困りだったとのことですが、どのような症状があったのですか?

月に1回ほど、38~39度の熱がでて乳腺炎になっていましたが、病院にはいかず、授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んで、乗りきってきました。決まった乳腺がつまりやすいのと、食事制限が苦手でして、好きな時に好きな物を食べるのが好きなのです。(笑)ハーブティーを飲んでいても食べ物に寄っては、詰まりを起こし熱が出ました。特に洋菓子はすぐに詰まりましたね。子どもが小さいうちは手作りする時間もなく市販のものを買って食べていました。ケーキなどを食べるとテキメンでしたね。そんな時は、授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲み、わきの下のリンパ腺を冷やしながら搾乳をしていました。(後に搾乳はあまり良くないとも伺いましたが。)子どもも、おっぱいが美味しくないと怒って、おっぱいを噛むんですよね。「ごめんね、ごめんね」と言いながら授乳していました。

毎月熱をだすので、家族も心配して、病院に行くことを勧められました。友人が、「母乳マッサージで泣くほど痛かった。」というのを聞いて、「そんな痛い思いをするなら自分で頑張る」と授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んで乗り切ろうと思いました。

詰まる時はポンと熱が上がってきます。たいてい1~2日位で38度以下に下がってくると体は楽になってきます。授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲むと詰まっても、詰まったまま動かないではなく、少しずつ詰まりが動く感じがあったんですね。授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲み、自己流ですがマッサージをやったりして徐々に楽になっていくのを実感できました。

長男の時にブレンドと自己流マッサージでのりきれたので、二人目の時も病院に行かなくても乗りきれると自信がもてました。上の二人は1歳違いの<としご>なんですね。ですので、その頃の授乳中のことは覚えていないくらい本当に忙しかったです。最初は、きちんと乳鉢でハーブをすりつぶしていましたが、そのうち、お茶パックにハーブをいれて手でトントンと叩いてからお湯をそそいで淹れて飲んでいたんですよ(笑)

薬による蕁麻疹の経験から。子ども達の自然治癒力を信じて、
ハーブやレメディウムにサポートしてもらっています。

– 辛い乳腺炎を、授乳・乳腺炎対策ブレンドの飲用とマッサージなどの自然療法で乗り切ったとのことですが、もともと自然療法に興味がおありだったのですか?

私の母が、日本の民間療法を実践して育ててくれました。ですので、自然に私も、子どもたちになるべく自然療法で対応することを選んでいます。また、私は、アレルギーがあり、以前飲み薬で蕁麻疹がでた経験があります。そのため、なるべくお薬を使わずに自然療法を使ったセルフケアで対応してあげたいと思っています。

長男は気管支が弱いのですが、夜間の咳込みで病院に行きますと、気管支拡張剤のシールをだされます。そうすると肌が弱いので、シールを張ったところが真っ赤に腫れあがってなってしまうんです。息子には咳・のど対策ブレンドを通常の半分程度の薄さに薄めて”おちょこ”で一杯程度飲ませることと、コンビネーションキットの、のど用レメディウムがとても良かったのです。このレメディウムで咳がすぐに治まったので、のど用レメディウム15gを購入して今は利用しています。すぐに咳が治まりスコンと眠れるようですので息子には合っていたみたいです。

– お子様はハーブの味や香りなどいかがでしたか?

咳・のど対策ブレンドはリコリスの甘みでとても飲みやすい味でした。でも、息子は好んで飲むといった感じではありませんでしたね。大人が飲む濃さよりもリーフ半分程度に薄めたものを、”おちょこ”一杯程度飲むくらいでしたが、効果は感じました。幼稚園の頃までは、結構飲んでくれていたのですが成長とともに味の好みが出るようで、今小学校3年生になりますが、最近はあまり飲んでくれないですね。本当は、ハーブティーを飲ませてあげたいですね。子どもが好んでゴクゴク飲める味のハーブティーがあるといいなと思っています。でも、小さい時にハーブを飲ませていたので、大人になって、また味の好みも変わって、ハーブティーなどの自然療法を自ら選んでくれるといいなと思っています。

仕事と、家庭、育児の両立に前向きに向き合っています

私は、子育て真っ最中ですので、今は忙しい時だけ、旅館の手伝いをしています。私は夏になると体重が2~3キロ落ちてしまうのです。そこで、昨年よりサマースペシャルブレンドを飲み始めました。そのおかげか今年は体調を崩すまでいかなかったですね。サマースペシャルブレンドは水だしで飲んでいるのですが、<水だし>というのがすごく新鮮で、飲みやすかったです。

– 昨年の夏に体調を崩された時はどのような状態だったのでしょうか?

昨年は片頭痛と蕁麻疹がでたので、皮膚科に行きましたが特に原因はなくストレスだといわれました。鎮痛薬を用いて仕事にでていました。やはり頭痛で痛みがあるとつらい顔になりますので、家族や、他のスタッフに心配をかけてしまいます。つらい顔はしたくないですね。ただでさえ子どもが3人いるのを周りは知っているので、いろいろ気を使ってくれるのです。その上、体調が悪いなんていうと、よけい心配をかけてしまいますし、できるだけ心配かけたくないと思っています。

サマースペシャルブレンドを飲用するようになり、状況は改善したものの、今年の夏前には、筋緊張性頭痛と診断されてしまいました。朝昼晩と鎮痛剤をのまないと動けないほどの状態でした。そこでレスキューアロマオイルでマッサージすることで症状が和らぎました。それでも痛みがとりきれないときは鎮痛剤をのみました。また、夜も眠れないほどの痛みのときは不眠用アロマオイルに助けられ、なんとか、この夏を乗り切れました。 マリエン薬局のアロマオイルには効果を実感しています。

お医者様からは、緊張からどうしても肩に力がはいっているから頭痛になるといわれました。すこしリラックスできるよう工夫をしたり、軽い運動を取り入れるなど指導されますが、なかなか特別な時間がとれなくてどうしたものかと思っています。確か、この夏にリラックス用レメディウムが発売になっていたので是非試したいと思っています。

– サマースペシャルブレンドやレスキューアロマオイル、不眠用アロマオイルがお役に立てている様子。良かったですね。お医者様に、肩に力が入っているといわれていましたが、それはなぜですか?

仕事柄、人前に出ることが多いのですが、私は人前にでるのが苦手でして・・・・どうしても、肩に力が入ってしまうようなのです。それで、必要以上の緊張をして疲れてしまうことも多いようです。

また、一番下の子はまだ4歳ですので、まだまだ母親が恋しい年頃です。私の仕事が忙しい時は夜泣きをします。そんな時は、「これで良く眠れるよ~」とレメディを見せると、「あっ飲む!」と喜んで飲んでくれますし、良く眠れているようです。

仕事をしながら、家庭と育児を両立するのは、それなりに子どもたちにも寂しい思いをさせてしまっていると思います。そんななか、私自身は弱音は言わないようにしていますので、知らず知らずのうちに肩に力が入っているのでしょうね。

ただ性格として、人前にでるのが苦手でではありますが、負けず嫌いなのでしょうね、自分でこの家に嫁ぐと決めたのに、出来ないとか、辛いということは言いたくないです。この状況にしっかり向きあい、前に進んでいきたいです。

歯ブラシを忘れても、マリエンのアイテムは忘れません。
お出かけや、旅行には必須のアイテムです。

– いつでもマリエン薬局のアイテムがそばにある生活なのですね。

救急箱といったらこのようなカゴにそれぞれ必要なアイテムを入れたセットです。家中いろいろな所に置いています。子どもの寝室にレメディを少し置いておき、夜、具合が悪い時に使います。リビングにも同じようなセットを置いてあります。レスキューアロマオイルと不眠用アロマオイルは私の寝室に置いています。

 
佐藤家の救急箱代わりのマリエン薬局の愛用アイテム

お出かけや、旅行の時もいつも持ち歩いています。幼稚園に行く時や、塾に行く時など、どこにいくにも持ち歩かないと不安なのです。今回のグアム旅行に行った時はほとんどのアイテムを持って行きましたね。化粧品より多かったほどです。主人には本当にいろいろなアイテムを持っているよねと言われます。旅行に歯ブラシは忘れても、マリエンのアイテムは忘れられないですね。歯ブラシは現地でも買えますが、マリエンのアイテムは買うことができないですからね。(笑)

風邪の季節は、薬用カレンデュラチンキと携帯用コップのセットが加わります。子どもとおけいこ事などで出かけると、一日出っぱなしになるので、どこでもすぐにうがいができて便利です。

– グアム旅行で日焼けをされたとのこと、マリエン薬局サンケアクリームはお持ちですか?本日持参していますのでお試しください。

日焼け止めも、マリエン薬局さんの品物が気になっていたのですが、「香りがどうかな~」と思っていました。今日試すことができて良かったです。

 

~手に取りだしてお試し中~
テクスチャーが固めで、伸びにくいと聞くと、逆に変なものが入っていないなと安心します。クリームや石鹸など自分でつくるんですね。ですので、すぐ成分を見てしまうのですが、すごいですよね、これだけの材料は自分では揃えられないです。香りも気にならない程度に香るんですね。

– ご自身で手作りコスメなどされているのでお詳しいのですね。他にもなにか手作りされていたものなどありますか?

ホホバオイルにエッセンシャルオイルを垂らしてアロマオイルを自作していましたが、劣化が早かったり、ボトルから漏れだしたことがありました。マリエン薬局アロマオイルは香りもいいですし、ボトルもしっかりして、効果を実感できる高品質な物をつくってくれるので安心です。自作は劣化しやすいですので、購入したもののほうが安定しているなと感じます。

 
いつもお出かけの際に持ち歩くアイテム。
黄色の縁のパックは、風邪の季節に加わるという、
カレンデュラチンキとうがい用の携帯コップ。

マリエン薬局にありがとうを伝えたくて。

– 今回、インタビューに応募されたきっかけなどありますか?

ユーザーとしてはかれこれ9年ほどになるのですが、今までインタビューの応募フォームになかなか気がつかなく、今回見つけて気軽に応募したんです。そうしたら、マリエン薬局のスタッフさんが家にいらっしゃるということになり、びっくりして主人にも「どうしましょう、どうしましょう」と言っていたんですよ。(笑)

マリエン薬局さんは、ドイツにある薬局ですし、日本へはインターネットショップのみですので、直接お話しをうかがえる機会がないですよね。会ってお話ししてみたいと思ったのと、マリエン薬局に出会えたことに「ありがとう」という気持ちをお伝えしたかったのです。

日本の民間療法は準備が大変ですし、気軽に自宅でセルフケアできるものが欲しい、そんな思いを後押ししてくれる商品がなかなか見つかりませんでした。そんななか、人間の治癒力に働きかける商品で、しかも手軽にセルフケアが実践できる商品を日本に紹介しているマリエン薬局自然療法ショップに出会えたことにとても感謝しています。

そして、マリエン薬局のサイトをみていると同じように自然療法を取り入れている方のお話を、お客様の声やユーザーインタビューで知ることができ、とても安心して利用できます。

 
お出迎えしてくれた、
お嬢様の作品のうさぎちゃん

<編集後記>
駅から、タクシーで15分。温泉街をぬけて少し山奥にはいったあたりにご自宅があります。到着した私たちスタッフのタクシーのうしろから、愛犬のカノンちゃんと出迎えてくださった佐藤様。雄大な山々に囲まれた土地、突然草むらからでてきたトカゲを追いかけながら遊ぶカノンちゃん。そしてご自宅の玄関をはいると、お嬢様がつくった“うさぎちゃん”がお出迎えしてくれました。伺ったスタッフ二人すっかり気持ちが和んでのインタビューとなりました。

お隣には、ホテルのような大きな旅館がありました。こちらに嫁ぎ家業を継ぐ嫁として、強い意志で向き合い、前に進もうとしている素敵な方でいらっしゃいました。

これから、木枯らしが吹く季節。携帯用カップとカレンデュラチンキのお出かけセットは、私たちスタッフも是非真似したいアイデアでした。(^^)

これからもマリエンのアイテムが、佐藤様のお役にたてますよう願っています。お忙しい中、貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。(井上・黒飛)

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら