ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】12/29~1/3・年末年始お休みのお知らせ 国際輸送が大変混雑する時期です。
年内にドイツ出荷をご希望の場合は、【12/26(月)23:59までに】カード決済完了・ご入金の完了をお願いします。

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.66 三ツ矢さん

アレルギー対策ブレンドで、母娘とも花粉症やアトピー性皮膚炎が改善。自然療法と医療をバランスよく取り入れて健康を保っています

マリエンとの出会いは授乳・乳腺炎対策ブレンドから。
母乳が出るようになり、夜泣きで寝られないつらい日々から脱却

– お嬢さんのしえなちゃんといっしょにマリエンをご愛用いただいているとか。どのようなきっかけでマリエンと出会われたのでしょうか。

私がマリエンのハーブティーを知ったのは、もう10年も前のことなんです。教えてくれたのは、しえなが生後2~3か月のころに通い始めたベビーマッサージ教室のインストラクターの方でした。当時はマリエンのサイトがまだないころで、その方が個人輸入されたものを分けていただく形でした。種類も今ほどない中、最初に選んだのが授乳・乳腺炎対策ブレンドでした。

– 初めて試したときに思ったことや感想など教えて下さい。

その当時、日本ではハーブティーを飲む習慣が、まだそれほどなかったと思うんです。ただ、私は独身のころ、声楽の勉強をするために、ドイツとイタリアに合わせて3年半ほど留学していました。ですから、ドイツでは気になる症状の改善を目的として処方されるメディカルハーブティーが存在することを知っていたんです。実際に試したこともあり、それなりのお値段はしますが、普通に市販されているハーブティーにはない効果が得られました。だからまず、”ドイツのハーブなら信用できるな。高いけど試してみるか”と思い、購入を決めましたね。

飲み始めてからは、とにかくおっぱいがたくさん出るようになったことを覚えています。実はしえなは生後1か月ごろからひどいアトピー性皮膚炎だったんです。検査で卵、牛乳、大豆、小麦、米という五大アレルゲンに食物アレルギーがあることがわかりました。母乳オンリーの時期のことですから、結局、それらの食材を私が食べちゃいけない、ってことになったんです。でも、そうなると食べられるものが限られてきますから、私自身がやせ細り、母乳も十分に出なくなって……。その状況から脱するきっかけとなったひとつが授乳・乳腺炎対策ブレンド! 本当にお世話になったな、って思います。

– 生後1カ月といえば、まだ子育てそのものに慣れない時期ですよね。そんなときに精神的にも肉体的にもおつらかったでしょうね。

ベビーマッサージに通い始めたのも、とにかくこの状況をなんとかしたい、と思ってのことでした。しえなは皮膚炎で真っ赤な顔をして、かゆいからかしょっちゅうグズっていて、夜泣きもひどかったんです。ですから、私自身も食べられないだけでなく、寝られない、とストレスフルな状況で……。でも、ベビーマッサージ教室では、マリエンのハーブティーだけでなく、アロマによるマッサージや芳香浴など母子ともにリラックスするためのいろいろな方法も教えてもらえました。授乳・乳腺炎対策ブレンドでおっぱいが出るようになり、アロマの助けもあって、しえなも夜寝てくれるようになって……。ようやく辛い状況を抜け出すことができましたね。

アレルギー対策ブレンドで、徐々に体質改善
アトピー性皮膚炎が落ち着き、食物アレルギーが軽減

– アレルギー対策ブレンドもご愛用いただいているんですよね。

私自身、子どものころからアトピー性皮膚炎や花粉症があって、アレルギー体質なんです。それに加えて、しえなにもいいのでは、と思い、授乳・乳腺炎対策ブレンドとアレルギー対策ブレンドを併用して飲むようになりました。でも、やっぱり乳成分を少量とっただけで、しえなの湿疹がひどくなってしまって……。私自身が食事制限することに限界を感じ、「もう十分頑張った」という思いもあり、しえなが1歳半のときに卒乳を決意しました。

その際に授乳・乳腺炎対策ブレンドをストップして、しえな本人にアレルギー対策ブレンドを飲ませるようになったんです。しえなは現在10才ですが、以来ずっとアレルギー対策ブレンドを飲んでいます。ありがたいことに、しえなのアトピー性皮膚炎は3才ごろまでがピークという感じで落ち着いていきました。アレルギー対策ブレンドのおかげで、徐々に体質を改善することができたのかもしれませんね。

– それはよかったですね! 食物アレルギーのほうも改善されたんですか?

食物アレルギーは、検査をすると、アレルギーを示す数値は出るんです。ですが、実際、食べても症状は出ない状態です。しえなは今、小学生なので平日は学校給食を食べているんですけど、小学3年生のときには牛乳と卵のみが除去であとは食べてもOKになり、4年生になったときには、牛乳と卵も食べられるようになりました。

もちろんアレルギー対策ブレンドだけで治ったわけではなく、ずっとアレルギー専門の病院にも通い、症状のひどいときにはステロイドの塗り薬を使ってきました。アトピーなどのアレルギー疾患は体調が悪いと症状が出やすくなりますから、必要なときには医療の助けも借りつつ、マリエンのハーブティーで時間をかけて体質改善をしてきた感じです。マリエンのサイトが誕生してからは、薬用カレンデュラクリームにもずいぶんお世話になりました。炎症がひどくなったときはステロイドの塗り薬、それ以外は薬用カレンデュラクリームをぬることで皮膚をいい状態に保つことができました。

クリスマススペシャルブレンドは甘酸っぱいジュースのようでおいしい
メディカルハーブを飲み続けることで丈夫な体に

– ハーブティーって好みが分かれますよね。特にお子さんの場合は、飲み慣れない味かと思うのですが。

それが、しえなは赤ちゃんのころから飲んでいるせいか、マリエンのハーブティーが大好きで、ごくごく飲みほします。水筒に入れて学校にも持って行っているんですよ。しえなが特に気に入ってるのは、クリスマス スペシャルブレンドです。クリスマスシーズンの期間限定品ですから、いつもまとめ買いして、1年中飲んでいます。夏は冷やして飲んでも、おいしいですよね。期間限定ではなく通年買えるようにしてもらいたいくらいです(笑)。

– ここで、しえなちゃんに伺ってみたいんですが、クリスマス スペシャルブレンドやアレルギー対策ブレンドって、しえなちゃんにとってはどのような味に感じられますか?

しえなちゃん「クリスマス スペシャルブレンドは甘酸っぱくて、私からすると、薄いジュースみたいに感じます。スーパーとかで売っているジュースや炭酸飲料は私にとっては甘すぎて、クリスマス スペシャルブレンドのほうがずっと飲みやすくておいしい! アレルギー対策ブレンドはハーブって感じが強いんですが、やっぱり大好きです。それだけでもゴクゴク飲めるし、ごはんといっしょにも飲んでいます。」

 

– しえなちゃんは、ハーブティーの効果みたいなものを感じますか?

しえなちゃん「私は春に軽く花粉症がでるので、毎年、12月末くらいから5月ごろまではクリスマス スペシャルブレンドではなく、アレルギー対策ブレンドを飲んでいます。毎朝1杯飲んでから、学校に行くようにしているんですが、花粉症シーズンにうっかり飲み忘れると、くしゃみが止まらなくなります。反対にちゃんと飲んでいれば、それで乗り切れる、というか1日症状が出ません。」

– しえなちゃんご本人もちゃんと効果を実感されているんですね。ありがとうございました。母である淳子さんも効果に関しては同じご感想ですか?

私もアレルギー対策ブレンドは花粉症にすごく効くと感じています。花粉症の季節は毎朝、濃い目にアレルギー対策ブレンドを抽出して、朝には必ず一杯飲みますし、日中も機会があればガブガブと飲んでいます。外出するときも水筒に入れて、必ず持っていきます。そうすることで、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった花粉症の症状がほぼ出ずにすんでいるんですよね。

現代医療と自然療法。
その都度、必要なものを取り入れていくことで症状をすみやかに改善!

– 声楽を教えるなど声を使うお仕事をされているんですよね。花粉症の季節ものどのコンディションを保つことが必須ですね。

そうなんです。私は、アトピーもあるので、花粉症シーズンは、鼻づまりとともに、皮膚のかゆみも出るんです。頭皮までかゆくガサガサになってしまうんです。そして、鼻腔の空洞を響かせて歌うクラッシックには、鼻づまりは大敵。最近は眠くならない薬もあり、だいぶ歌にも支障がないようになってはきていますが、やはり処方薬を飲むと声帯の調子がいつもと違う感じがします。とてもデリケートな器官なので。でもマリエンのアイテムのおかげで、のどの状態もうまく保てていると思います。

特に咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップが出たときには「やった!」と思いましたね。私は声が仕事なので1日5粒はなめています。手軽にとれてすぐに喉がスッキリしますし、風邪ぎみのときでもなめると声の状態がよくなります。あまりに便利なアイテムなので、歌仲間にいつも「これ食べてみない? すごくいいよ」って勧めています。

 

歌の仕事に関しては、アレルギーのことだけでなく、メンタル面でもマリエンのアイテム、活用しています。メディカルアロマオイルも手放せないアイテムですね。私が特に重宝しているのは不安・緊張用アロマオイル。リサイタルなどで歌う際には、ひどく緊張してしまうんですが、このオイルを顔の周囲につけると不思議と落ち着いて、堂々と本番に臨めます。持っていくのを忘れて手元にないと、「どうしよう」とパニックになるくらいに頼りにしています。

– 先ほどからお話を伺っていると、そのときどきに合わせて、ハーブティーやアロマオイルなどの自然療法と医療をバランスよく取り入れていらっしゃいますよね。

そうかもしれません。私自身がアレルギー体質だったこともあり、長年手さぐりで改善法を模索してきましたから。アトピー性皮膚炎に関しては、ステロイドなどを排除すると治療がかえって長引くと経験上わかっていました。だからしえなも、症状が重いときは無理せず薬に頼り、状態が落ち着いてから自然療法で体質改善、というスタンスを心掛けました

昔というか、まだマリエンを知らなかった大学生のころは、アトピー対策として漢方薬を煎じて飲んでいたこともあったんです。自然の植物などのままで処方される本格的な漢方薬でしたから、自分でぐつぐつと煮出して有効成分を抽出していました。それで家族から「お前は魔女か!」とからかわれたり(笑)。その漢方薬はよく効いたのですが、今の忙しい生活のなかでなかなかそこまでできませんよね。マリエンなら同じように効果のあるものが、手軽に飲めるお茶として届くから素晴らしいと思います。私自身、以前に比べて、今はずいぶんと症状が楽。日々を快適に過ごせるようになりました。

 

<編集後記>
カルチャーセンターや大学、さらにはご自宅でも生徒さんに声楽を教えていらっしゃる淳子さん。お部屋には楽譜や淳子さんのリサイタルのポスターがあり、声楽家の方らしいお住まいという印象を受けました。今回は取材の途中で、しえなちゃんが小学校からご帰宅。しえなちゃんご本人にもマリエンのハーブティーについての感想を聞くことができました。聞けば、学校のお友達にも「これおいしいよ」とクリスマス スペシャルブレンドを勧めてくれているそう。そのうち、お友達のなかにマリエン仲間ができるかもしれませんね。

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら