ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.73 kaoriさん

眠れない時、おなかが痛い時、・・・あらゆる『具合が悪い時』に、家族みんなで頼りにしているレメディウムです

薬はなるべく使いたくない妊娠中の体調不良
いろいろな自然療法のなかでヒットしたのが胃腸用レメディウム

– マリエン薬局を7年以上ご愛用いただいているとか。どのようなきっかけで出会われたのでしょうか?

マリエンのことを知ったのは、2人目の心(しん)の妊娠中でした。私はもともと胃が弱いせいか、妊娠中、気分がすぐれない日が続き便秘にも悩まされていました。そういった不調を少しでも軽減できるように、と助産師さんがアロマテラピーなどいろいろな方法を勧めてくれるなか、ヒットしたのがマリエンの胃腸用レメディウムだったんです。少量いただいたものを試したら、これまでになく気分が楽になって、これはぜひ続けて使いたいな、と。そこでマリエンのサイトを調べて、それ以降、自分で購入するようになりました。

– 最初に購入されたアイテムはレメディウムだったんですね。それ以前から自然療法に興味はおありでしたか?

はい。あまり医療に頼らないようにしたい、とは思っていて、ヨガに取り組んだり、食生活に気をつけたりしていました。あと、自然療法に興味をもつようになった大きなきっかけが、1人目の子である凜(りん)のお産でした。凜は病院で出産しましたが、それがいろいろと疑問の残るお産になってしまって……。何の説明もなくいきなり会陰切開されて、それがまたものすごく痛くて! また、子宮収縮剤か何かだと思うんですが、産後に「これなめといてね」と薬を口に放り込まれたのもショックでした。その当時、仕事が忙しく私自身お産のことを詳しく知らなかったので、「今、何されたの?」と不安と疑問でいっぱいになってしまって。あのときは、もうお産はこりごり、という気分でしたね。

それから、お産について改めて勉強し、できるだけ医療に頼らずに、自分の力で自由な姿勢で産むアクティブバースという出産法があることなどを知りました。妊娠中は安易に薬に頼りたくないので、不調があれば可能な限り自然療法で対処したいという思いもあり、その方針を尊重してくれそうな助産院も見つけたんです。もし2人目ができたらここで産みたい、と思っていたら、凜と5才差で2人目の子を妊娠。希望通りその助産院で2人目を出産して、今度は満足のいくお産になりました。そこがマリエンの胃腸用レメディウムのことを教えてくれた助産院なんです。

レメディなら子どもから進んで食べてくれる!
なめるだけで気持ちが楽になるおまじないのような効果も

– 自然療法を活用するようになったのは、2回の出産がきっかけだったんですね。レメディウムは産後も引き続き使われたのでしょうか?

はい、レメディウムも使っていましたし、シングルレメディも使っていました。当時のマリエンでは救急用のシングルレメディがセットになったものが販売されていました。それを購入して、付属の説明書を見ながら、ケガをしたらアーニカ、熱が出たらベラドンナ、という感じでその症状や場面に合うレメディを選んで使っていました。子どもって成長する過程で、必ずといっていいほどかかる病気がいくつかありますよね。そんな病気のときもやっぱりレメディ。レメディは副作用がないし、小さなショ糖玉で甘くておいしいから子どもから進んで食べてくれるのが便利でした。使い切ったら単品でどんどん買い足して。だから、我が家はシングルレメディのヘビーユーザーなんです。

レメディは、子どもにとってはおまじないみたいな効果もある、と感じます。うちは男の子2人ですから、転んですりむいたり高いところから落ちて唇を切ったりといったケガが多いんです。でもケガでパニック状態のときも「とりあえずレメディね」となめさせると、なんとなく気持ちまで落ち着くみたいで。我が家は玄関や寝室、キッチンなどに、よく使うレメディやスキンケアアイテムを置いていて、今では子どもが自分で使うようになっています。先日、私がいないときに夫がナイフで指を切ったんですが、そのときも凜があわててレメディを探して夫に持っていったそうです。

– しっかりしていてやさしいお子さんですね。レメディをなめると、気持ちのうえだけでなく、実際に症状がやわらぐのも感じますか?

はい。私の妊娠中の体調不良もそうでしたが、症状が楽になったり、回復がスムーズになったり、といった効果を感じています。夫なんて最初はレメディを見て「何これ?」と言っていたのに(笑)、今では自分からほしがるようになりました。

 

興奮している子どもに与えると、すぐにコテン!
高ぶった気を静める効果がある不眠用レメディウム

– シングルレメディを上手に使いこなしていらっしゃいますよね。症状に作用する可能性の高いシングルレメディを調合したレメディウムもありますが、そちらも活用されていますか?

もちろん使っています。あらかじめ症状別に調合されているので、手軽に使えるところが、やっぱり便利です。我が家で一番よく使うのが胃腸用レメディウムです。うちは家族全員、胃腸が丈夫ではなく、すぐにおなかが痛くなるので、しょっちゅう助けられていますね。夫は二日酔いや乗り物酔いなど、とにかく酔って気分が悪いときにも使っています。今、夫は単身赴任中で、同僚の運転する車に同乗して帰ってくることが多いんです。それで車酔いしちゃって、帰宅したとたん「気持ち悪い」と言いながら、胃腸用レメディウムに手を伸ばす姿をよく見かけます。なめると、かなり気分がよくなるみたいです。

– 心くんの妊娠中から引き続き、胃腸用レメディウムを愛用してくださっているんですね。他に利用されているレメディウムはありますか?

不眠用レメディウムもよく使います。これもすごく効果を実感していて、とるとスーッと寝つきがよくなります。子どもって翌日に楽しみな予定がある時とか、興奮してなかなか寝ないじゃないですか。そんなときにも不眠用レメディウムをあげると、コロンって寝てくれるんです(笑)。それ以外に病気などでなるべく睡眠をとってほしいときにも使いますし、旅行やキャンプなど枕が変わるときは必ず持っていきます。夫も不眠用レメディウムのことは頼りにしていて、明日の予定のために早く寝たい、というときは自分から「不眠(用レメディウム)をくれ」って言ってきます。うまく言えないんですけど、不眠用レメディウムは高ぶっている気をスーッと静めて落ち着かせる作用がある気がします。

必要なときは医療の手も借りて、自然療法を活用
病院へ行く回数がグッと減りました

– ここまでシングルレメディとレメディウムの話が続きましたが、メディカルハーブティーを試されたことは?

あります。私はおそらくマリエンのほとんどのメディカルハーブティーを飲んでいると思います。
最初は授乳・乳腺炎対策ブレンドで、心を出産後、まとめ買いして、がぶがぶ飲んでいました。実は、1人目の凜は出産でいろいろあったうえに、母乳トラブルもひどかったんです。母乳育児の相談施設を3軒ほどたらい回しにされても改善が見られず、最後は京都在住のマッサージが上手な先生を紹介されたほどでした。でも2人目の心の時は、授乳・乳腺炎対策ブレンドのおかげもあって何の母乳トラブルもなく、卒乳を迎えることができました。

マリエンのハーブティーはどれもおいしくて効果も感じられるので、その後もいろいろなものを試しました。私にとって、レメディはそのときの症状を改善してくれるもの、メディカルハーブティーはすぐに変化をもたらすわけではないけど体質を根本から改善してくれるもの、という認識ですね。

– 花田さんのお家では、自然療法を生活の一部としてうまく取り入れていますよね。

今までいろいろな自然療法を学んできたので、自然とそうなっているかもしれません。病気かも、というときには、レメディやメディカルハーブティーだけでなく、ヨガや整体、日本古来の自然療法なども駆使して、総合的に対策を考えるように努めています。例えば熱の場合、初期的な症状の段階ではレメディウムやこんにゃく湿布などで対処して様子を見て、それでも治らなかったら次は病院で診てもらい、病名がはっきりすればそれに合うレメディをあげてみる、といった流れが定番ですね。

ついこの間も、凜に痛みを伴う湿疹が出て、「帯状疱疹? もしかしてチャドクガ?」と迷いました。とりあえず湿疹用のレメディをあげたら、少し楽になったらしくそのまま寝てしまったので、翌日になって病院に行ったんです。その結果、帯状疱疹であることがわかったので、それに合うレメディをあげて、治癒にいたりました。考えが偏らないように必要なときは医療の力も借りて、そのうえでレメディなどの自然療法を取り入れるように、と心がけています。自然療法を学んで活用するようになってから、病院へ行く回数はぐっと減りました。何かあったときに家庭ですぐに対処できるレメディは、いわばお守りのようなもの。これからもうまく活用していきたいですね。

 
出がけに気づいた時になめられるように、
というわけで、玄関にも置かれているレメディウム。

<編集後記>
玄関やキッチン、いろいろな場所にマリエンのアイテムが置かれている花田さんのお家。アイテムがカゴにまとめておしゃれに収納されていて、インテリアの一部としてしっくり溶け込んでいました。取材時には小学1年生の心くんが、「お母さんがいないときに、お父さんがケガをして、お兄ちゃんがレメディを探した」というエピソードをスタッフに教えてくれました。兄の凜くん、弟の心くんとも思いやりのあるしっかりした男の子。将来が楽しみです!

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら