ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.75 高橋さん

アイテムの確実な効果とスタッフの誠実さ。10年の間に、マリエンの信頼感はどんどん高まりました

授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲み始めたら
ドロドロだったおっぱいがサラサラに!

– 10年間マリエン薬局を愛用してくださっているとのこと、ほんとうにありがとうございます。最初に使われたアイテムは何ですか?

授乳・乳腺炎対策ブレンドが最初に購入したマリエンのアイテムでした。2人目の子のときでしたが、乳腺炎になってしまい、おっぱいがパンパンに張ってつらくて・・・。助産師さんに相談したり、乳腺炎にいいといわれることを試したりもしたけど、なかなかよくならなかったんです。上の子の幼稚園のママ友にそのことを話したら、「マリエンの授乳・乳腺炎対策ブレンドがいいよ」って。それがマリエンのことを知ったきっかけでした。

ただ、私はもともとハーブティーを飲む習慣がなかったんですね。サイトを見てそれなりのお値段もすることがわかり、最初は迷いました。でも、その友人が「マリエンのハーブティーおいしいよ!私、メディカルハーブティーがこんなにおいしいものだなんて知らなかった」と味についても絶賛していて。それなら試してみようかな、という気になりました。

– 授乳・乳腺炎対策ブレンドの効果は感じられましたか?

はい。飲むと飲まないで、全然違いました。とても飲みやすかったので、1日に何杯も、たくさん飲んだのがよかったのかもしれません。1週間も経たないうちに、ドロドロしている感じのおっぱいだったのがサラサラになり、出がよくなりました。うわぁ!って感じでうれしい驚きでしたね(笑)。すごく楽になったし、たぶんおっぱいの味もよくなったんじゃないかな。つまってドロドロしたおっぱいって、赤ちゃんにとってもあまりおいしくなさそうですよね。

長年の悩みだった胃腸の弱さ
でも、胃腸用レメディウムがあれば大丈夫と思えるように

– 授乳・乳腺炎ブレンドの効果が感じられてよかったです。他に気に入っているアイテムはありますか?

これまでいろいろなアイテムを使ってきましたが、1つ代表を、と言えば胃腸用レメディウムですね。私は30歳前後から、胃がもたれやすくなり、すぐに気持ち悪くなったりと、体調を崩しがちになってしまって…。一時期は会社に行くことも難しくなったほどで、そのころは精神的にも落ち込んでいました。病院に行きましたが、これといった異常はなく自律神経失調症と診断されたこともありました。

最もひどいころは医師の処方薬なしではやっていけないような状態でした。夫がそんな私を見かねて、私の実家近くに転居することになり、そのころから、だんだん健康状態はよくはなってきましたが、体調が完全によくなることはなくて。その後も体調をよくするために、サプリメントをとったり整体に通ったり、いろいろ試行錯誤してきました。その一環で、胃腸用レメディウムも試してみたら、これがすごく私に合っていたんです。

– 症状に改善がみられた、ということですか?

はい。私は食べることが好きなんですが、つい食べ過ぎて胸焼けしたり、翌日胃がもたれたりを繰り返していました。よくやってしまうのが、子どもたちが寝たあとにごほうびとして甘いものを口にして、胃がもたれて眠れなくなってしまうパターン。自分で食欲をコントロールできないのが悪い、とわかってはいるのですが、ストレスも関係しているのかどうしても我慢ができないのです。

以前なら、そうやって調子を崩すと、症状が長引いていました。でも、胃腸用レメディウムをとると、その気持ち悪さがスーッと引いて楽になるんです。といってもすぐ効くわけではなく、しばらくするといつの間にか、というおだやかな効き具合もいいですね。今では、不調を引きずることがなくなり、翌日になると普通に食事がとれるようになっています。

実は、私は他社の単品レメディも使用していますが、単品レメディは症状にヒットさせるのが難しくて、合わないとなかなか効きません。でも胃腸用レメディウムはいろいろなレメディが配合されているからか、確実に効果がわかるので助かりますね。胃腸用レメディウムが効くとわかってからは、これがあれば大丈夫、と精神的にも安心できるようになりました。うちは夫も胃腸が弱いので夫婦で頼りにしています。我が家にとっては、常備薬のような存在。“胃腸が弱い、でも市販や処方薬には頼りたくない”という方には、すごくいいと思います。

『マリエンスタイル』とスタッフとのやり取りで
培われたマリエン薬局への信頼感

– 10年間、愛用していただいているのは、やはりアイテムの効果あってこそでしょうか?

それはもちろんですけど、やっぱり体が弱いから、マリエン薬局が頼りになったのではと思っています。体質が強い人なら、体調を崩したときも市販の薬などで乗り切れると思うんです。でも私は弱いから、いろいろ試してきて、たどり着いたのがマリエン薬局でした。日本の昔ながらのセルフケア、自然療法やツボ押し、呼吸法などと合わせてずっと続けています。今後も更年期を控えているので、マリエン薬局のアイテムにはずっとお世話になるんだろうなあ、と思っています。

あと、子どもたちには私のように体調で悩んでほしくないので、化学薬品を使っていない安心安全なアイテムを、と思います。その点でも、マリエンなら体に悪い添加物などは一切入ってないと信頼しています。そういえば、私は購入を考えるときは原材料を必ずチェックするんですが、マリエンに関してはその確認すらしなくなっていますね。

 
ほかにも、アロマオイルやIRISシリーズなど、たくさんのアイテムを愛用中です。

– そこまで信頼していただけてほんとうにうれしいです。いつごろからそんなふうに思っていただけるようになったんでしょうか?

最初の頃は今ほどマリエン薬局を身近に感じてなかったんですが……。5年前くらいだと思うんですが、ユーザーに送ってくださる会報誌『マリエンスタイル』に自然療法師のモニカさんが登場されたあたりから、じっくりと『マリエンスタイル』を読むようになり、どんどん親近感がわいてきたように思います。ドイツのスタッフの方々の商品開発への真摯な取り組み、梱包や発送時の気遣いを知るにつれて、マリエン薬局への信頼感も高まっていきました。本物を目指す姿勢やご自分の仕事への誇りなどは、私自身学ぶべき点と感じています。

また、ユーザーサポートのスタッフの方々の対応が素晴らしいと感じます。以前、肩こり・腰痛用ローションを購入した際に、「すごく肩が痛くて何をしてもつらいので、発送を急いでもらうことできませんか」と問い合わせたことがあるんですね。そのときの返信がなんともいえず温かくて。ただ単に、発送の状況を知らせてくださるだけでなく、「肩の痛みのつらさ、お察しします」とか「肩こり・腰痛用ローションがお役に立つといいのですが」など、私の体調を気づかう思いやりにあふれたメールでした。

他にも別件で問い合わせしたことが2~3回ありますが、いつも丁寧でこちらが恐縮してしまうくらい。スタッフの方はその都度、違う方だと思いますが、どの方も感じがいいんですね。毎回、そのスタッフの方個人とやりとりしているような感覚に陥ります。ただの顧客と販売スタッフという感じではなく、知り合いみたいな…。だからといってなれなれしいわけでもなく、礼儀もきちんとわきまえていらっしゃるから、気持ちよくやりとりさせていただいています。

– そう言っていただけてスタッフの励みになります。そういったこともあわせて、マリエン薬局への信頼感につながっているのですね。

そうです。単なるお金と商品のやりとりではなく、このような関わりをもてると、やはりうれしくなります。マリエンとの関係はこれからも大切にしていきたいな、と思うし、こんな企業が増えていくとうれしいですね。

<編集後記>
岩手県にお住いの高橋さん。取材をお願いしたのは初夏のころでしたが、日中は暑くとも朝晩はひどく冷え込むため、まだ寒さ対策が欠かせないとのことでした。岩手では、もうすぐチャグチャグ馬子という伝統的なお祭りがあるそう。鈴や色とりどりの衣装をつけた馬が練り歩くその光景は、とてもかわいくて今からお祭り見物を楽しみにしているとおっしゃっていました。

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら