ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.81 白鳥さん

マリエンがきっかけで知った自然療法。小さな疑問にもスタッフの方が真摯に答えてくれるので安心していろいろなアイテムを活用できました

授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲めば、母乳が増えるはず。
そのイメージが現実となり、子どもの体重も順調に増加

– 白鳥さんは長年マリエンを愛用してくださっているそうですね。最初に購入されたアイテムを教えてください。

授乳・乳腺炎対策ブレンドです。今は8歳になった長女の有那(ありな)が、生後1か月くらいのときに初めて購入しました。有那はとにかくおっぱいをよく飲む子で、母乳を何回あげても足りず、1日1~2回はミルクを足していたんです。でも、私には、赤ちゃんは母乳で育てるものだ、という思いがあり、ミルクを足すたびに抵抗を感じてしまって。おっぱいの量を増やせないかな、といつも悩んでいました。

そんなときに姉が授乳・乳腺炎対策ブレンドのことを教えてくれたんです。姉はすでに飲んだことがあったみたいで、「おっぱいが出るようになるから、もしよかったら飲んでみたら」って。効果は人によっていろいろだから、とひかえめな勧めかたでしたが、それを聞いてすぐに購入しました。

– 飲んでみてどうでしたか?

まず、「メディカルハーブティー」と銘打ってあるので、なんとなく薬草っぽい味を想像していたんですね。でも、実際飲んでみると、気になるほどのくせはなくて、飲みやすい味でした。これなら普通のお茶みたいにたくさん飲めるなと感じたので、それからは朝昼晩の1日3回、授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲むようになりました。

そして、飲み始めた翌日には、完全母乳にトライしました。もともとミルクをやめたい気持ちが強かったし、授乳・乳腺炎対策ブレンドをたくさん飲むことで母乳の量が増えるはず、という確固としたイメージが私のなかにあったんですよね。実際、有那の様子を見ていても大丈夫そうだったので、そのままミルクを足さずに頑張りました。

それからしばらくして自治体の助産師さん訪問があったので、「ミルクを足していないけど、大丈夫でしょうか」と相談したんです。そしたら、体重を測ったうえで「順調に増えているから、母乳のみで大丈夫」と。助産師さんのお墨付きをもらえて、とても安心したことを覚えています。その後は母乳のことで悩む人に会うたび、「授乳・乳腺炎対策ブレンドがいいよ」と勧めていましたね。

最初は「何これ?」と思ったレメディウム
効果を実感できたことで、自然療法への興味が深まりました

– お友だちにも勧めてくださって、ありがとうございます。白鳥さんご自身は、その後に別のアイテムも購入してくださっていますよね。

はい。授乳・乳腺炎対策ブレンドの効果を実感して、他のアイテムも試してみたい、と思うようになったんです。次に購入したアイテムは皮膚疾患用レメディウムでした。実はレメディというものの存在自体、マリエンのサイトで初めて知ったんです。当然、最初は「何だろう? これ」でしたが、皮膚疾患用レメディウムのユーザーレビューを読んだり、マリエン以外のサイトでも調べたりするうちに、試してみようか、という気になって。

当時はまだ有那の授乳中でしたから、安易に薬に頼るわけにはいかなかったんですよね。そこで、レメディやメディカルハーブティーの力を借りればいいのかも、と思いついたんです。私の場合、マリエンが自然療法や自然育児に興味をもつようになったきっかけの1つとなりました。

– 皮膚疾患用レメディウムということは、肌に何らかのトラブルがあったんですか?

産後、主婦湿疹のような症状に悩まされていて。手の皮が薄く向けて、ところどころ赤くなっていたので、料理する時など、しみてつらい状態でした。でも、それも皮膚疾患用レメディウムを朝昼晩と1日3回とっていたら、徐々によくなりました。即効性というほどではありませんが、レメディウムをとると赤く向けたところの痛々しさがなんとなく和らぐ感じがあって、いいなと思いましたね。

治るまでどれくらいかかったかはよく覚えていないのですが、当時の皮膚疾患用レメディウムは今より小さいサイズで、それを一瓶飲み終えるころにはよくなっていたと思います。「本当に効くのかな?」と半信半疑でしたが、レメディウムの効果も実感できたことで、マリエンや自然療法への信頼がより強くなっていきました。

わからないことがあればスタッフに聞くことができ、真摯に答えてもらえる
それがマリエンへの信頼感につながっています

– レメディウムの購入前にいろいろ調べた、とのことですが、ネット上の情報だけで不安になることはなかったですか?

不安というのはなかったと思います。レメディがよくわからないものであったのは確かですが、サイトの情報はきちんとそこをフォローしてくれていたと思います。使用方法はもちろん、アイテムのレビューで他のユーザーの方はこういう使い方をしているんだ、とわかりましたから。また、アイテムについてくる説明の紙や冊子も、とてもいいと感じています。ユーザーが興味をもちそうなこと、疑問に感じることを取り上げてくれているので、安心して使うことができました。

唯一、不安に感じた点を挙げるとすれば、ドイツからの発送、というところですね。遠いのでちゃんと届かなかったらどうしようって。でも、追跡もできるし、発送が遅くなりそうなときは事前にアナウンスもありますよね。ですから、すぐにこの点での不安は解消しました。

– 説明を読んで、正しくアイテムを活用していただけるのは、私たちとしてもありがたいことです。説明でわかりにくい点があれば、どんどん伝えてくださいね。

はい。サイトなどを読んでわからないことがあれば、ユーザーサポートのスタッフの方々に聞けるので、その点も安心しています。例えば、授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んでいるころ、他のメディカルハーブティーも飲んでいいのか、飲むとしたら時間を空けたほうがいいのかなど、わからないことが出てきたんですね。それで、こと細かに飲み方を聞いたら、とてもていねいに指南していただいて。質問する際に、うまく文章にできないこともあるのですが、そういうときも「この人はわかってないな」ではなく、真摯に説明してくださいます。

サイトや冊子で情報が得られる、そのうえできちんとした回答もほしければスタッフの方に聞くことができる、質問したらていねいに答えてもらえる、この3つの安心感は大きいです。それもあって、インターネットゆえの不安というのはまったく感じないし、友人にも勧めやすいですね。

自然療法にも医療にも頼り過ぎないことを心がけつつ、マリエンを家族で愛用中

– そういった信頼感がもとにあったからこそ、いろいろなアイテムを試そう、という気持ちになられたんですね。

そうですね。今では家族全員でマリエンのアイテムを愛用しています。夫が特によく使うのは、免疫力対策レメディウムのど用レメディウムですね。「この2つは命綱だから、絶対に切らさないで」と言っているくらい。免疫力対策レメディウムは体調が悪くなったときに飲むと悪化しませんし、夫によると、飲み会の前に飲んでおくと悪酔いしないそうです。また、夫は喘息が持病なのですが、「喘息になりそう、というときにのど用レメディウムを飲むと、たんが切れて喘息まで至らずにすむ」と話していました。

レメディウムは子どもたちも大好きですね。子どもには、レメディウムのことを「飲むと自分のなかで眠っている力が出る薬だよ」と教えているんですが、下の子の福那(さきな)はまだ5歳なので、完全には理解できないみたい。有那だけ具合が悪くてレメディをあげているようなときに、「いいなぁ」と自分も飲みたがるので困りますね(笑)。といっても、そんな問題は些細なこと。病気でぐったりしているときでも、レメディならすすんでとってくれるので助かっています。

 

– お子さんの学校や園でさまざまな病気がはやるかと思うのですが、主に自然療法で対処されているのでしょうか?

その点は夫とも話し合いました。そして、自分たちの勝手な判断で、何でもかんでも自然療法だけにかたよって、その結果悪化させてしまうのはよくない、という結論に達していて。だから、体調を崩したかなと思ったときにはまずはレメディウムやメディカルハーブティーで様子をみて、それでも改善しない場合は病院に行って診てもらって、インフルエンザなど重症化することがある病気だったら薬で対処しよう、と考えています。また、予防や、医療では対処しにくい症状には自然療法が向いていますよね。本来、体に備わっているはずの免疫力を高めることも大切ですし、医療にも自然療法にも頼り過ぎることなく、うまく使い分けていけたら、と思っています。

 

<編集後記>
自然療法に興味をもつようになり、食べるものにもこだわるようになった、という白鳥さん。主食は玄米で、子どもたちのおやつも手作り。体を温める食材をとることなども心がけているそうです。今年の夏は庭にある畑で、子どもたちといっしょにトマトやきゅうりを育てて食べた、とのこと。豊かな自然と、パパとママの愛情に囲まれて、イキイキと育つお子さんたちの姿が目に浮かびました。

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら