ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.89 保坂さん

『忙しすぎて、いろいろなショップを調べる時間がとれない日々。マリエンで購入しておけば間違いはない。働く私のサポーターです』

授乳・乳腺炎対策ブレンドに大満足!
他のアイテムにも効果を感じ、マリエンへの信頼感が高まっていきました

– マリエンのアイテムをたくさん愛用してくださっているそうですね。出会ったきっかけから教えてください。

マリエンを知ったのは、今5歳の長男・隼輝(はやき)がまだ赤ちゃんだったころです。当時、私は母乳のことでとても悩んでいました。母乳が出ている感じがしないし、隼輝の体重も増えていかない。初めての子育てで何もわからなくて、これで大丈夫? と不安でいっぱいになっていました。

そんなときに母乳育児の相談室の助産師さんが、マリエン薬局の授乳・乳腺炎対策ブレンドのことを教えてくれたんです。助産師さんが勧めてくれるなら信頼できるものだろう、と思い、母乳が出るようになるなら何でも試してみたいな、と。そこで、わらにもすがる思いで注文しました。

– 飲んでみていかがでしたか?

おいしいし、飲んだら気分がよくなるので、すごく気に入ってしまいました。母乳の出も良くなったように感じました。ただ、母乳の出具合に関しては、3歳差で産んだ2人目の優葵(ゆうき)のときのほうが、効果を感じましたね。2人目はちゃんと出産前に授乳・乳腺炎対策ブレンドを用意しておいたんです。準備万端だったのがよかったのかもしれません。

– 母乳育児への不安が軽減できたようでよかったです。次に試されたアイテムは?

隼輝のために鼻用アロマオイルとレスキューアロマオイルを購入したかと思います。あと、ほぼ同時期に自分のためにウーマンブレンドとライフサポートブレンドも。授乳・乳腺炎対策ブレンドがとてもよかったので、「他のアイテムも試してみよう」と思ったんですね。そして、使ってみて、どのアイテムにも満足して。「じゃあ、こちらもいいのでは」となり、使うアイテムがどんどん増えていきました。

気がついたら定期的に必ず購入しているアイテムもいくつかあったので、そういうものはお値段がお得な定期購入に切り替えて、今に至っています。

 

症状を悪化させたくないときに使える
アロマオイルは働くママのサポーターのような存在

– マリエンと出会う前に他のハーブティーやアロマオイルを試したことはありましたか?

隼輝のお産のときに、柑橘系のアロマオイルなら使ったことがあります。陣痛時にタオルに落として香りをかぐと痛みの緩和に役立つ、とのことだったのですが、香りがいいという以上の効果は感じられなくて。さほど感動することもなく、「アロマってこんなものなんだ」と思いましたね。この経験があったので、効果がちゃんと実感できるマリエンのアロマオイルは次元が違う、と感じます。

– マリエンのアロマオイルの効果を感じていただけてよかったです。どのように使っていらっしゃるんですか?

子どもたちが体調をくずしたときに、その症状によって使い分けています。鼻水が出たり鼻がつまったりしたら、鼻用アロマオイルを鼻の下や胸にぬっています。一方、風邪をひいたときや熱があるときはレスキューアロマオイルを胸にぬることが多いですね。アロマオイルを使うと使わないでは、治る速度が違う、と感じます。

また私はフルタイムで働いているので、病院に連れて行くのもなかなか難しくて。もちろん本格的に体調が悪いなら仕事を調整して病院に行きますが、鼻水などの軽い症状なら、これ以上は悪化させないように、この段階で食い止められたら、って思います。そんなときに症状を和らげてくれるマリエンのアイテムには、ほんとうに助けられています。働く私にとってサポーターのような存在ですね。

– アロマオイルをご自分に使うことは?

私自身にも同じように使っています。ただ、なんとなくもったいなくて、つい子ども優先になってしまいますね。あと、私が個人的に重宝しているのは不眠用アロマオイル。実は2人目の優葵の出産後、不眠がちになった時期があって。でもこれをぬってから布団に入ると、よく眠れたので助かりました。今も疲れすぎるとやはり眠れなくなるので、手放せないアイテムとなっています。

セルフケアに使える自然療法アイテム、日々活用しています!

– 先ほどウーマンブレンドとライフサポートブレンドを購入したとおっしゃっていましたが、メディカルハーブティーも愛用してくださっているんですか?

はい。今では1日につき、カップ5杯以上は飲んでいると思います。家で飲むのはもちろん会社にも持って行くので、1日を通してとる水分のほとんどがマリエンのハーブティーになっています。

たくさん飲むこともあり、いれ方は手間をかけず大ざっぱにすませています。マグカップにリーフを直接入れて、すりこぎ棒でグリグリしてリーフを軽くつぶしてから、そのままお湯を注いで。その後に茶こしでこすこともありますが、こさないで飲むときもあるくらい。その場合は、リーフをよけながら飲んでいます。

– リーフを軽くつぶすのは、最も効果を引き出せる飲み方です。愛用されているだけあって、よくご存じですね。目的に合わせて、飲むハーブティーは替えているんですか?

そうですね。なにかおかしい、と感じたときはその症状に適したものを飲むようにしています。子どもたちを病院へ連れて行くのも大変ですが、自分自身となるともっと行く時間がとれないので、セルフケアに使えるメディカルハーブティーはありがたい存在ですね。

ユーザーサポートの方に商品のことを聞くことがあるのですが、いつもすごく丁寧に返答してくださるし、教えていただいたアイテムにもたいてい満足できるので、とても信頼しています。

ウーマンブレンドとライフサポートブレンドも、ユーザーサポートで紹介していただきました。隼輝が1才になり仕事復帰してすぐ生理がきたんですが、PMS(月経前症候群)がつらくて。生理の1週間ほど前くらいになると、おなかが重く痛くなるんです。そのことと、仕事と育児の両立で疲れてしまうことを相談したら、この2つを紹介されました。

– どちらにも効果は感じられたのですね。

はい。ウーマンブレンドはPMSの痛みが軽くなりました。手放せないので定期購入しているアイテムの1つとなっています。

ライフサポートブレンドも帰宅後飲むと、心が穏やかになります。そのおかげで、「さっ、これから家事やろう」と気持ちをうまく切り替えることができる感じですね。味もおいしくて、グビグビ飲める点も気に入っています。

この2つだけでなく、マリエンのアイテムにはどれも何らかの効果を感じています。もしかしたら他のショップでもっと合うアイテムがあるのかもしれませんが、あまりに忙しくてそれを探している時間もとれなくて。探している時間がもったいないから、じゃあマリエンで選ぼう、となるんですよね。そして、マリエンのアイテムなら絶対にその期待に応えてくれます。頼りすぎかな、と思うくらい、今ではマリエンを信頼しきっていて、アイテムが日々欠かせないものになっていますね。

 

<編集後記>
今回の取材は隼輝くんと優葵くんの保育園降園後に行わせていただきました。5歳の隼輝くんは「遊ぼうよ」「抱っこして」とスタッフに気さくに話しかけてくれる明るい男の子。一方、おやつをねだったりダダをこねたり、2歳児らしいかわいいわがままぶりを発揮していたのが優葵くん。元気な男の子2人を相手にする保坂さんは大変そうでしたが、隼輝くん優葵くんとも思う存分ママに甘えていて、いい子育てをなさっているなあ、と感じました。

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら