P_iStock_000016698903XSmall
太陽を浴びるデメリットとメリット

オゾン層の破壊により、紫外線が以前より強く私たちに降り注いでいます。地球規模で対策が叫ばれているのはご承知の通りです。日本のケースでいえば、1998年には母子手帳からも「日光浴」の項が削除されました。紫外線が肌に与えるダメージは2つ。肌を老化させることと、皮膚がんのリスクを高めるということです。

白人に比べ肌が強いといわれる黄色人種。今のところ白人と比べると皮膚がんの発症率は低いのですが、これからの将来、この水準が保てるかどうか分かりません。紫外線が強い時間帯や皮膚の薄い赤ちゃんが、太陽の光に無防備にさらされることは避けておくべきです。

では太陽の光を浴びることは絶対ダメなことなのでしょうか?太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされます。また体内にてビタミンDが形成され、骨を丈夫にします。体だけではありません。安眠効果や気持ちをリラックスさせる、免疫力をあげるなど、さまざまな効果をもたらします。リスクを上手に避け、太陽の光とうまく付き合っていきましょう。

気になる赤ちゃんへの紫外線 いつから浴びていいの?

生まれてしばらくは睡眠時間も長くお部屋で過ごすことが多い赤ちゃん。生後1ヶ月くらいから徐々に屋外の環境に慣れていきましょう。とはいっても、いきなり外に連れ出すことではありません。窓を開けて部屋に外気を入れる、だっこして窓際に連れていき外の空気を吸わせるところからでよいのです。少しずつ慣れていったら、気候の良い日に5分程度抱っこして外に出てみましょう。

十分慣れてきたら、お天気の良い日に近所にお散歩に連れ出しましょう。夏は汗を吸いやすい服装で、冬はしっかり防寒してあげてください。紫外線が最も増えるのが正午。その前後2時間は特に紫外線量が多いため、真夏の時間帯はできれば外出を控えたいもの。紫外線が気になる季節には帽子をかぶせたり、日焼け止めアイテムで肌を守ってあげることも必要です。

赤ちゃんの紫外線対策には、天然成分の日焼け止めを選ぶ

市販されている日焼け止めは生後半年からでないと使えないものも多くあります。それはなぜなのでしょうか?

多くの日焼け止めアイテムに使用されている化学合成の紫 外線吸収剤は、紫外線を肌の上で熱に変える作用があり、それが肌に負担をかけるのです。とくに皮膚がとても薄い赤ちゃんの肌には、日焼け止めを塗ることで、かえってトラブルを起こしかねないのです。赤ちゃんには天然成分にこだわったサンケアのものを選んであげたいですね。

マリエン薬局のUVケア商品は、正真正銘の天然成分100%で安心!蚊よけとかゆみ止めとサンケアが1本になっている「新・蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ」がとても人気です。

外の世界の刺激も、赤ちゃんの成長にはとても大切なもの。赤ちゃんの体調や天候を見ながら
上手にお外に連れて行ってあげてください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!