Female hand applying the cream on baby's faceまだ角質層が薄く、肌のバリア機能が弱い赤ちゃんの肌は、とてもデリケートです。そのため、昨日まですべすべだった肌に、急にブツブツやカサカサといった湿疹ができていることに気づき、ドキッとすることがあるかもしれません。新生児~乳児期にみられる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼びます。原因や種類もさまざまで、ほとんどの赤ちゃんが何らかの「乳児湿疹」を経験します。今回は主な乳児湿疹と、その原因・対策をご紹介します。

「新生児ニキビ」
生後3ヶ月頃までは、ママのお腹にいた頃の女性ホルモンの影響が残っており、皮脂の分泌量がとても多くなっています。一方で赤ちゃんは皮脂の出口である毛穴がまだまだ未発達なため、大量の皮脂や汗が毛穴に詰まることが原因となり、「新生児ニキビ」を引き起こします。化膿したり真ん中に白い芯がある、大人のニキビと同じような形状です。生後1週間から1か月頃に多く見られます。

「乳児脂漏性湿疹」
新生児ニキビと同じ原因で「乳児脂漏性湿疹」があります。髪の生えぎわやまゆ毛、頭皮など皮脂線の多いところにできやすく、クリーム色のかさぶたやカサカサしたフケのようなものができます。雑菌が入りやすいので、無理してかさぶたをはがさないようにしてください。気になる時は、ベビーオイルをつけてふやかしておくと取れやすくなります。多くは1歳前後までには自然治癒します。

「乾燥性皮膚炎」
過剰な皮脂の分泌が落ち着く生後4か月ぐらいになると、今度は肌が乾燥しがちになります。お腹や背中などの面積が広い部分、頬や手首・足首などの露出している部分に多く見られ、ブツブツやざらざらした肌触りになり、場所によっては表面の角質がはがれてひび割れなどが起きることもあります。

「汗疹」「おむつかぶれ」
赤ちゃんは体の表面積が大人に比べて小さいのに、汗腺は同じ数だけあるので、とても汗っかきです。汗やおしっこ・うんちが肌に触れている時間が長ければ長い分だけ、刺激となり肌トラブルとなります。

「食物アレルギーによる湿疹」
赤ちゃんが卵アレルギーの場合、ママが卵を食べると、母乳を通じて赤ちゃんにも作用し、湿疹が出ることがあります。気になる場合は、1週間ほどママが卵を控えてみるとよいでしょう。湿疹の状態が良くなるようであれば、赤ちゃんが卵アレルギーの可能性があります。その他アレルギーになりやすい食べ物は、乳製品、小麦などもあります。ただ、疑わしいからといって、長期にわたり自己判断でその食べ物を除去してしまうと、赤ちゃんやママの栄養に偏りが出てしまうこともあるので、食物アレルギーの疑いがある時は、まずかかりつけ医に相談することをお勧めします。

「アトピー性皮膚炎」
体質により、食べ物に限らず、アレルギー物質や環境に過敏に反応して現れる炎症がアトピー性皮膚炎です。主な症状は、頭部や顔のほかに、耳やひじ、ひざの裏の関節部分など、肌の柔らかいところに湿疹ができ、強いかゆみを伴い、ときには皮膚が切れることもあります。慢性的な湿疹で、よくなったり悪くなったりを繰り返す特徴があります。

食物アレルギーであれば、医師と相談の上、アレルギー源となる食べ物を避けることで改善されますが、他の乳児湿疹は、なかなか区別しづらく、例えば乾燥性皮膚炎なのかアトピー性皮膚炎なのか、月齢が低ければ低いほど判断が難しいです。

乳児湿疹のケアのポイントは「清潔」と「保湿」
いろいろな乳児湿疹があるので、どうケアするのか悩みますよね。でもアトピー性皮膚炎も含め、乳児湿疹のほとんどに共通している原因は、「赤ちゃんの肌のバリア機能が低い」ということなのです。では、バリア機能を補うためにはどうすればよいのでしょうか。それは「清潔にし、しっかり保湿をする」ことです。
肌に直接触れる肌着やシーツなどは、通気性のよい素材を選び、常に清潔を心がけてください。痒みがある場合、搔き壊したりしないよう、赤ちゃんの爪もこまめに切っておきましょう。
皮脂過剰や汗などが原因で起こる湿疹の場合、つい洗いすぎて、肌を守っているはずの皮脂まで必要以上に落としてしまいがちです。毛穴に詰まる皮脂を洗い流すことは大事ですが、赤ちゃんの肌は、薄くてとてもデリケートなので、ごしごし洗いや洗いすぎは禁物です。赤ちゃん用のせっけんやシャンプーをたっぷりと泡立て、くるくるとマッサージするように優しく洗ってあげてください。洗った後は、乾燥が原因の湿疹だけでなく、どの肌トラブルにも必ず「保湿」をお忘れなく。クリームなどをぬって保湿することで、まだ弱い肌のバリア機能を補うことができます。

乳児湿疹をケアする保湿クリームを選ぶポイントは?
赤ちゃんにとって刺激になりやすい成分の乳化剤や変質防止剤、香料、着色料といった添加物が入っているものは避けることが賢明です。ワセリンのような石油系の油分では、肌をべったり覆ってしまうので、肌呼吸ができなくなってしまいます。また、キャリーオーバーという言葉をご存知ですか?エキス抽出などの製造過程において、アルコール・安定剤・酸化防止剤・防腐剤などが用いられたり、原料を安定する目的で配合されたりする場合は、成分表記しなくてもよいことになっています。そのため、たとえベビー用アイテムで、成分表示上記載がなくても、キャリーオーバー成分が含まれているものもあるのです。

マリエン薬局の肌トラブルレスキュークリームは、ごく微量な添加物も一切使用していません。そのため、製造には絶妙な配合率と技術も要求され、工程はすべて手作業で行われています。純度の高い天然原料を厳選しており、新生児から安心して使えて、万が一赤ちゃんの口に入っても心配ありません。
アルコールを使わない無酸素低温抽出方法を用いているため、肌にしみません。使い続けることで肌の基礎体力が上がり、よりトラブルに負けない肌に育てていくことができます。
また容器は完全密封方式(エアレス容器)なので、酸化防止剤、合成防腐剤なしでも腐敗を防ぎ、最後までフレッシュな状態を保ちながら衛生的にお使いいただけます。

乳児湿疹もいろいろ。必要な時は医師の診察を受ける
しっかり洗浄・保湿をしていても、改善が見られず、むしろ悪化するようであれば、小児科や皮膚科で診てもらうことをおすすめします。皮膚のトラブルは、長引かせないことがポイントです。そのためには必要に応じてステロイド剤を使用することもあります。ステロイド剤は、使い方を守ればこわい薬ではありません。赤ちゃんにも安全な弱いステロイド剤を処方してもらえるので、医師にご相談ください。

マリエン薬局では、ステロイド剤と肌トラブルレスキュークリームを併用する方法を、ご提案しています。ステロイド剤と肌トラブルレスキュークリームを1:1で混ぜ、少量の水を加えローション状にして、優しく肌に塗布します。その後状態を見ながら、徐々にステロイド剤を減らしていき、最終的には自然療法のみでケアしていきます。ただし、症状が落ち着いているからといって、自己判断でステロイド剤を急にやめてしまうことは、かえって体に負担をかけてしまうので、必ず医師の指示に従ってください。

アトピーなどの肌トラブルに対応している皮膚疾患用レメディウムとご一緒にお使いいただくことも可能です。

実際、上手に併用されているユーザーのお声を紹介します。

「娘の乳児湿疹が酷く、湿潤液が出るほどになってしまい、ステロイド剤の使用で抑えることを選択しました。出来る限りステロイド剤等の薬は使用したくない気持ちとの葛藤がありましたが、 併用する方法を知り、どちらも使いながら4か月後、当初医師から案内されたよりも随分早いタイミングで ステロイド剤の常用を終えることができました。肌トラブルレスキュークリームのおかげか、思ったよりも肌が早く強くなってくれたようです。まだ完全にステロイド剤を手放す事は出来ないのですが、これからも両方使いながら気長につきあっていこうと考えております。(東京都  M.I様) 」

赤ちゃんのデリケートな肌、優しくそして確実な方法で乳児湿疹をケアしてあげてくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!