P_iStock_000017533936Smallママの心と体のケアが、母乳育児をスムーズにします

人間の体は、機械のようにコントロールができません。またさらに、自分の意思だけではコントロールできないのがホルモンの分泌です。

このホルモン分泌に関わる大事な要素の一つがママの心の状態です。出産による疲れや、その後続く睡眠不足、慣れない育児の忙しさ、産後のさまざまな痛みなどによっても、ホルモン分泌は変化しますが、赤ちゃんが無事に育って行くのかという心配や、育てていけるのかという不安など、心のストレスが原因でも母乳は出づらくなります。

また、これまで社会の中で仕事をして働いていた女性から、一気に「家で一人で赤ちゃんだけと過ごす女性」になる生活の変化そのものが、ストレスになることも。せめて、赤ちゃんとママだけで孤立してしまうことがなければ、この環境変化にも順応できるのですが、今の核家族の中ではむずかしいことがしばしばあります。

心のストレスは、ホルモン分泌に影響するだけでなく、血行を妨げることにもつながります。母乳は血液からできているので、血行が悪い体では母乳はうまく分泌されないのです。

心のストレスのうち、原因がはっきりしているものは、家族でうまく解決していくことができるでしょう。でも、心の中から沸き起こる、原因が見当たらない不安感や緊張感を取り除くにはどうしたらいいでしょうか。体の疲れをとり、リラックスすることが大切です。

マリエン薬局の授乳・乳腺炎対策ブレンドに配合されているメディカルハーブのひとつ『カモミール』は、すぐれたリラックス効果を持っています。短時間でもぐっすり眠れて疲労を解消させます。また、授乳期のママの血行をよくして体を温めて、冷えも緩和していきます。こうして体を温めるメディカルハーブを、絶妙の配合バランスでブレンドすることによって、母乳育児をスムーズにする授乳ハーブティーに仕上げました。

授乳・乳腺炎対策ブレンドは「親子のリズム」のすり合わせを助けるから、母乳不足も母乳過多も両方解決するのです

4回にわたってお伝えしましたように、母乳分泌の不足も過多もなく「母乳育児がうまくいく」ということは、「ママと赤ちゃんのリズムが合うこと」です。リズムが合うようになるまでどのくらい時間がかかるのかは、個人差が大きいものです。最初から、まったくトラブルなくうまくいく親子もいるし、なかなか軌道に乗らない親子もいます。これは、もともとの体質も大きく影響しますし、さまざまな要因があります。だから、ママのやり方が悪いといったことでは決してありません。時間がかかることがある、ということを知っておきましょう。

その長くかかる時間を少しでも短くして、親子のリズムのすり合わせを助け、ママ自身をリラックスさせるのが、マリエン薬局の授乳・乳腺炎対策ブレンドです。授乳・乳腺炎対策ブレンドには、4種類のメディカルハーブが配合されています。母乳の分泌を促すためのホルモン分泌をコントロールするもの、そして心身のリラックスを促すもの。これらのメディカルハーブをお互いの作用を引き出す絶妙な割合でブレンドし、いい味と香りに調整することで、温かいお茶がママの心と体にしみこむように作用します。
だから、授乳・乳腺炎対策ブレンドは、「母乳不足」と「母乳過多」の両方を解決するメディカルハーブティーなのです。

←←←●授乳・乳腺炎対策ブレンドが母乳不足にも母乳過多にも対応できる理由 その3 ~ママと赤ちゃんのリズムが合うということ~ を読む

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!