mamababyjyunyuいよいよ4月。育児休暇が明けて、職場復帰するワーキングママも多いですね。
育児がメインだった時間から、いよいよ仕事と育児を両立させていく時間へのシフト。
特に授乳については、大きな変化の時ですね。

「育休明けるから、断乳しなくちゃ」。働くママからよく聞こえてくる声です。

でも、ほんとうに卒乳が必要なのでしょうか。
中には、産後2~3ヶ月で復職しなくてはならないママもいますが、産後半年~赤ちゃんの1歳のお誕生日ごろに復職というママがほとんどでしょう。そのころには授乳ペースもだんだん確立され、「吸われたら母乳が出る」というサイクルに入っているはず。
だとしたら、無理に断乳しなくても、夜から朝だけ母乳育児を続けるというリズムにシフトできます。

赤ちゃんにとっては、ママと離れる時間がだんだん長くなってしまう時、大好きだったおっぱいとも突然サヨナラするのは、とてもつらいことかもしれません。

赤ちゃんも、保育園で小さいなりに気を張って過ごします。
だからこそ、おうちに帰ったらママにぞんぶんに甘えたい、ママだって疲れた気持ちを赤ちゃんと過ごして癒したい。
そんな時に、スキンシップの時間でもある授乳の時間は、ワーキングママと赤ちゃんにとって大事なきずな時間となることでしょう。

日中、おっぱいが張ってきてしまう時には手早く搾乳するというワーキングママも少なくありませんが、夜だけの授乳を続けていくときに気をつけたいのは、しっかりとは搾乳をしないようにすること。
搾乳の刺激でより母乳を分泌させてしまうので、張った乳房がやわらかくなる程度に、少し絞るくらいにしておくくらいがいいでしょう。

また、胸が張ると乳腺がつまって乳腺炎になりやすいママにとっては、コントロールが少し必要な場合も。
そんな時に役立つのが、マリエン薬局の授乳・乳腺炎対策ブレンドです。
職場復帰後の新しい母乳育児リズムづくりを助けてくれます。

張りが強い場合、日中のつまり防止のために飲む場合は、少し薄めに淹れた授乳・乳腺炎対策ブレンドを出勤前や仕事中に1~2杯飲み、帰宅してから夜は濃いめに淹れた授乳・乳腺炎対策ブレンドを数杯飲むようにするとよいサポートになります。

母乳を作る力と、乳腺をスッキリ通す力をバランスよく持つメディカルハーブをブレンドした授乳・乳腺炎対策ブレンドは、乳腺炎になりにくいように代謝のコントロールをしてくれます。

詳しくは授乳・乳腺炎対策ブレンドのページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!