DeoHerb04s-min赤ちゃんを産んでから、なんだかやたらと汗っかきになったと感じているママは少なくないようです。たしかに、新生児のお世話は体を動かすことばかり。おむつ替えも授乳も前かがみの姿勢が多く、慣れないことに奮闘して、額から汗がポタポタということも。でも、それだけじゃないみたい、なんだか汗のにおいも変わったような気がする、ということありませんか?

これ、産後のホルモンバランスの急変のせいでもあります。妊娠中にはおなかの赤ちゃんが育つように胎盤からたくさん出ていた女性ホルモンが急激に少なくなり、産後は母乳が出るように、また子宮が元に戻るように違う女性ホルモン分泌が急上昇します。

このホルモン分泌の急変が、さまざまなことに影響することは、よく知られるようになりました。メンタルバランスに影響して起こるマタニティブルーは有名です。体調にも変化を起こしますが、そのひとつが汗の変化なのです。

また、汗のにおいの変化については、ホルモンバランスの影響だけでなく、ママ自身が自分のボディケアまでなかなか手が回らないからということもありそうです。出産前のように、体も髪もゆっくり洗うこともできない、お風呂上りもバタバタ。顔を洗うことすら忘れたりする日もありますね。意外とほかの人は気にしていなかったりしますが、自分で「におうのでは」と思い始めると気になるものです。

健康な汗そのものには本来、においはありません。汗をかいたあとに雑菌が繁殖したり、あるいは腎機能や肝機能がうまく働かずデトックス力が落ちた時に、汗がにおうということが起こります。

汗のにおい対策は、まず清潔にすることと、一般的には消臭のためのデオドラントスプレーを使うことかもしれません。でも、産後、赤ちゃんとずっと一緒に過ごす時、添加物がいっぱいのスプレーを肌に直接吹き付けることは心配ですね。妊娠・出産を境に肌が敏感になる人も多く、妊娠前は平気だったスプレーでかぶれてしまうといったことも起きそう。

そんな場合でも、ナチュラルな成分だけを使用しているマリエン薬局のデオドラント・ハーブミストなら安心です。高品質のメディカルハーブの精油は、レモングラス、セージオイル、サルオガセ、ローズマリー、ベンゾイン樹脂を使用し、さわやかな香りとともに、精油成分が持つ力で汗のにおいを消していきます。主成分のみならず、肌を守る成分でもある植物由来のキサンタンガムや、フルムーンアクア、非加工のアルコールなどを使用し、肌に負担をかけません。

赤ちゃんを抱っこする時にも安心なデオドラント・ハーブミストで対策して、汗のにおいを気にしないで育児しませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!