Site view of a young woman feeling sick in the bathroom.妊娠がわかって、しばらくするとやってくる「つわり」。ドラマに出てくるように突然「うっ」と吐き気がして妊娠がわかる、ということは少ないようですが、かなりの数の妊婦さんが「つわり」を経験します。

つわりにはさまざまなタイプがあって、吐き気がするだけではありません。そのタイプをまずは見てみましょう。

吐き気がする吐きづわり
空腹だと吐き気がする食べづわり
特定の物だけが食べたい・特定の物が食べられない
においに過敏になる
よだれが止まらない
眠い(眠りづわり)・だるい
口の中の不快感
頭痛

こんなにバラエティ豊かなつわりの症状ですが、すべて妊娠初期に強く症状が出ることだけは共通です。中には、臨月まで続くこともありますが、強い症状は妊娠4~5カ月ごろ、胎盤が完成するあたりから楽になります。

つわりの原因は解明されていません。ホルモンバランスの変化、おなかの赤ちゃんへのアレルギー反応、体が妊娠によって酸性に傾くため、などと言われていますが、どれも決め手となる説にはなっていません。つわりがおなかの赤ちゃんに影響することがなく、またつわりが原因で流産することもないので、研究が進まないということもあるようです。

とはいっても、つわりはとてもつらいもの。ただ寝て過ごすことができればまだいいのですが、吐き気が強くてトイレから出られないような状況でも、仕事をしなければなない、仕事は休めても、家族の食事を用意しなくてはならない。また、異様な食欲にとりつかれて、夜中に目が覚めて、いてもたってもいられなくなったり、体調の悪さからイライラして家族に八つ当たりしたり。さまざまなつらいことが起こります。

そんなつわりを解決するにはどうしたらいいでしょう。

基本的ルールは「食べられるものを食べられる時に食べる」。何がなんでも無理に食べようとしなくても大丈夫ということを覚えておきましょう。この時期の赤ちゃんは、まだほんとうに小さく、また赤ちゃん優先に栄養が届くようになっていますから、多少食事がとれなくても、ちゃんと育つので大丈夫です。食べられるものがママになる体にとって必要なものということもあります。

「休める時にはできるだけ横になって休む」
横になることで、血行が楽になります。立っている時よりも重力に逆らって上下に血液を循環させなくてよくなる分、心臓も全身も体力をキープできます。体力消耗が少ない方が、つわりも楽になります。

「ストレスをためない」
体だけでなくメンタルストレスも、つわりを助長します。働いている人の場合、仕事中は緊張感からつわりを忘れているのに、帰りの通勤電車でどっときてしまう、ということもよくあるほど、気持ちの張りが影響します。好きじゃない人とむりに一緒にいる時だけ気持ち悪い、という現象も。この時期だけは、自分の気持ちにより素直に過ごしましょう。

「水分だけはしっかりとる」
妊娠初期のうちはこれまでの「蓄積」から優先的にエネルギーにまわっていくから大丈夫です。でも、水分だけは蓄積できません。水分は1日2リットル前後を目標にとりたいところです。

この水分を、ただの水分補給だけではなく、おなかの赤ちゃんと、ママになる体にいいものを補給する飲み物に変えることが、つわりを克服するカギにもなります。人間の体は不思議なことに、必要なものは美味しいと感じるようになっています。妊娠して、味の好みが変わることはよくあることで、特につわり中は「これしか食べられない」「これだけはダメ」がとてもはっきりする時期でもあります。

そんな時に、試してほしいのがマリエン薬局のメディカルハーブティー「マタニティブレンド」です。マタニティブレンドは妊婦さんの体にいいメディカルハーブをしっかりブレンドして、口当たりもさっぱりとしています。つわりがひどいときは、薄めて飲むのもおすすめです。

◎新陳代謝を促進するネトル
◎不安なメンタルを落ち着けるセントジョーンズワート
◎子宮の働きをサポートするレディースマントル
◎胃腸の働きを助けるメリッサ

こうしたメディカルハーブの相互的な働きにより、妊娠中のつわりも鎮静します。特に胃腸の働きを助けてくれるので、つわりがつらくても胃薬を飲みたくないという時の味方になります。妊娠中期以降も貧血やむくみの対策、妊娠高血圧症候群の予防などにも一役買います。

毎日、少しずつでもいいから、つわり対策にマタニティブレンド、始めてみませんか?

今飲んでいる水分を、マタニティブレンドに変えるだけでいのです。薬に頼らない健康なマタニティライフ、スタートしましょう。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!